Card image cap
ECで利用できるおすすめのアメリカマーケットプレイスをご紹介

ECを行う時に必要となるのが、アマゾンのような「マーケットプレイス」です。アメリカには多くのマーケットプレイスがあり、その種類は多種多様で、どのサイトを使うべきか悩む人も多いことでしょう。そこで今回は、2019年におすすめのマーケットプレイスをご紹介していきます。   アマゾン以外のECサイト市場シェアは約半分!他サイトを狙う重要性 ECサイトでビジネスを行うとすれば、やはり「アマゾン」が真っ先に思い浮かぶでしょう。しかし、アメリカのEC市場シェアの中でアマゾンが持っているのは56.1%で、残りの半分は他サイトとなっています。 つまり、競争率の高いアマゾンで競い合うよりも、競争率の低い他サイトで確実に自社のマーケットを広げる、という戦略も可能となります。もちろん、製品などの状況にもよりますが、短絡的に「ECサイトで販売を行うならアマゾン!」という考えはしない方が良いと言えるでしょう。   アマゾン以外のおすすめECサイトをご紹介! 今回は、アマゾン以外のECサイトで、おすすめのサイトをピックアップしました。ぜひ、サイト選びの参考にしていただければと思います。   ・eBay marketplace(イーベイ) eBayはオンラインショッピングの先駆け的な存在で、新品も中古品も売買できるインターネットオークションサイトです。日本で言えば、“ヤフオク!”のような存在で、世界中1億6千万人を超える買い物客と取引ができるのが大きな特徴です。また、多くの支払い方法と配送オプションがあるのも、eBayを利用するメリットと言えるでしょう。eBayの市場シェアは19.7%で、アマゾンに次ぐ第2位となっています。アマゾン以外で、まず狙うべきECサイトはこのeBayです。 関連記事>>>マーケットプレイス比較 Amazon vs ebay...

View Post
Card image cap
ハンドメイド販売をビジネスに Eコマースサイト Etsy

趣味を活かして作成したハンドメイド作品を、出品し販売するEコマースサイトが増えています。 Etsyもその1つですが、Etsyが他の多くのプラットフォームと異なるのは、ハンドメイド作品の販売を「ビジネスとして展開する」という視点で構築されている点です。 ここではEtsyとは何か、どのような人がEtsyに向いているのか、Etsyを利用することのメリット、デメリットなどについて紹介していきます。   Etsyとは何か? どのようなサービスなのか? Etsyは、ジュエリーやアクセサリー、服や靴、日用品や家具、陶器、工芸品や美術品など、ありとあらゆるハンドメイドの作品を販売するEコマースプラットフォームです。世界200か国で運営され、アクティブショップは100万以上、ユニークビジターは毎月6.000万人以上という数字だけでもすばらしいものですが、中でも注目すべきは、ビジターの平均滞在時間が約8.5分と長く、1回の訪問で平均16ページが閲覧されていることです。Etsyのビジターは、サイトに長くとどまり、多くのページを見て回るのです。 これは偶然ではなく、Etsyではマーケティングの側面が重視されており、ユーザーの興味をひきつけ、誰がこの作品を作っているか、なぜこんな作品を作るようになったのかを伝えることで、単なる「商品」ではなく、作品を介した作者とユーザーを結びつけるようなサイト作りになっているからです。 さらにEtsyの特色を具体的に見ていきましょう。   Etsyの特色 1. 洗練されたサイトデザインと美しい写真 Etsyではそれぞれの作品について、5枚まで写真がアップロード可能になっています。見込み客は作品の品質を、写真を通じて評価することしかできません。そのため、出品者は自分の作品を、ブランドイメージに合わせて、工夫を凝らして撮影しています。 各作品のメインの写真は、カテゴリーのトップにグリッド状にレイアウトされており、ユーザーは楽しみながら閲覧することができます。ウィンドウショッピングの楽しさとオンライン購入のしやすさを組み合わせたサイトデザインになっています。 2....

View Post
en_USEnglish