Card image cap
【アメリカEC】BtoBの市場動向 

BtoBのEC利用者が激変!?新世代に合わせたマーケティングを展開しよう BtoB(ビジネスtoビジネス)とは、企業から企業へのマーケティングや販売、そして流通のことを指しています。BtoB ecommerceはすなわちBtoBビジネスをデジタル的、もしくはオンラインで行うことです。 そんなBtoBビジネスのEC市場はアメリカ国内でどんどんと広がっており、2017年に行われたフォレンスターリサーチ社のレポートによると、2021年のBtoBビジネスのEC取引総額は1兆2000億ドル、日本円で約132兆円にまでのぼると予想されています。これは米国内すべてのBtoBビジネス売上の13%以上を占める割合です。 そんなアメリカのBtoBビジネスの市場動向のトレンドを探っていきましょう。   BtoBビジネス利用者に大きな変化が BtoBビジネスでは他のBtoCなどに比べてECの導入が遅れたにもかかわらず、AMAZONの成功や利用者の人口変化に伴って、販売促進の手段を模索しています。 この利用者の人口変化は顕著です。2015年にグーグルが調査した結果によると、BtoB購入者の約半分近くがミレニアル世代(1980~2000年代前半の)となっています。この数字は2012年と比べるとほぼ2倍となっており、その数字はすさまじい勢いで増えています。 このようにBtoB利用者が変わることによって販売プロセスの変化も起きており、より「個人に向けた販売アプローチ」が好まれているようです。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button”...

View Post
en_USEnglish