Card image cap
ECビジネスでポップアップショップを出店するメリットとは

ECサイトを運営する中で、期間限定のポップアップショップを検討したことはありますか?ポップアップショップを利用すると、ブランド認知を高めたり潜在的な顧客を獲得することができます。今回は、そんなポップアップショップについて紹介したいと思います。

View Post
Card image cap
AmazonのTransparencyプログラムとは

Amazonではさまざまな商品が販売されていますが、メーカーから直接仕入れた商品に加えて、サードパーティー販売業者が販売している商品があります。そのため、偽造品などのトラブルが起きてしまう可能性もゼロとはいえません。今回は、Amazonで自社ブランドを守るための取り組みである「Amazon Transparencyプログラム」について紹介します。

View Post
Card image cap
2020年のAmazon Prime Dayはどう望む?マーケティング戦略を紹介

Amazon Prime Day is the biggest sale on Amazon. I think many of you are...

View Post
Card image cap
CROとSEOはどちらを優先すべきか?両者の特徴や違いについても紹介

Eコマースでは、実店舗での販売とは異なる視点でマーケティングを考えていく必要があります。 潜在的な顧客にサイトを訪問・購入してもらうためには、CROという視点を持ち合わせているとよいでしょう。 今回は、Eコマース担当者が押さえておきたいCROの概要や、メリットについて紹介していきます。   CROとは CROは、マーケティング用語でConversion Rate Optimizationの略です。日本語訳としては「コンバーション率の最適化」がよく用いられており、サイトを訪れた顧客のコンバーション率を高めていくための施策のことを指します。たとえば、入力フォームを顧客が入力しやすいものにしたり、購入までのページ遷移がストレスなくできるように改善するなどの施策があります。 CROの施策を実施することでコンバーション率を高めていくと広告費を最大限に活かすことができるでしょう。そのため、ROI(Return On Investment::投資利益率)も高くなっていきます。   SEOとは 対してSEOは、Search Engine...

View Post
Card image cap
CROとは?ECマーケティングに欠かせない考え方を紹介

In e-commerce, it is necessary to think about marketing from a different perspective from sales...

View Post
Card image cap
インフルエンサー活用時に必読!FTCのガイドラインとは

SNSを活用したマーケティングが盛んに行われるようになっています。特にインフルエンサーを活用した販促や集客活動は、フォロワーという明確なターゲットに対して効果を発揮します。そのため、活用したいと考えている方も多いでしょう。しかし、インフルエンサーの拡散力の強さには注意が必要です。発信する内容によっては、ブランドの価値を大きく下げてしまうことになりかねません。 今回は、アメリカ連邦取引委員会(FTC)からリリースされた、インフルエンサー向けのガイドラインを紹介します。インフルエンサーに情報拡散を依頼する前に、内容を押さえておくと安心です。   ガイドラインの内容とは ここでは、ガイドラインの概要を紹介していきます。インフルエンサーとしてPR活動を行う際の重要なポイントがわかるので、ご参考にしてください。   投稿に「提供を受けている」ことを明確に示す まず重要なのが、広告主とインフルエンサーの関係を必ず明確に示す必要があります。企業から販促の依頼を受けた場合、該当する投稿に必ず「提供を受けた」と明記しましょう。また、企業提携に関しても、投稿の目立つ部分に示し、フォロワーに誤解を与えないようにします。そして、関係性を示すのは投稿だけでは不十分であることにも留意しましょう。必要に応じて、プロフィールページなどの目立つところに広告主との関係性を示すことが推奨されています。 次に、具体的なポイントをいくつか紹介します。提供を受けていることは他のハッシュタグやリンクと分けて開示します。また先ほども紹介したように、投稿以外のプロフィール欄に「提供」と表示するのもよいでしょう。投稿内容がビデオの場合には、ビデオの最後にも提供を受けていることを記載しましょう。 SnapchatやInstagramのストーリーの場合には、フォロワーに提供を受けていることがわかるよう表示時間も考慮に入れる必要があります。動画の場合には、動画内はもちろん、概要欄や音声などさまざまな方法で提供を受けていることを示します。動画の音声を聞いていない場合でも、提供されていることがわかるようにするのがポイントです。ライブ配信を行う場合には、提供を受けていることを繰り返し伝えましょう。   インフルエンサー自身が実際に使用・体験したことのみ発信する そして、依頼を受けた企業のサービスや商品を、実際に使用・体験するようにしましょう。使用した感想を投稿し拡散させていくことが必要です。情報を発信することについては、発信者であるインフルエンサー自身に責任があります。ここで注意すべき点は、投稿の内容です。仮にインフルエンサーであるあなた自身が、商品についてネガティブな感想を持ったとしましょう。その場合には、率直な感想を発信しましょう。PRを投稿する報酬は、「商品やサービスの感想を発信すること」に対して発生しているため、良い内容だけを盛り込んだ投稿に変更してしまうことは避けましょう。    ...

View Post
Card image cap
<アメリカ市場EC>コールセンターの立上げ方

日本でもアメリカでも、ECを運用する際に必ず必要な機能のひとつとなるコンタクトセンター。『コンタクトセンターの立ち上げ手順』*1に関しては日本もアメリカも基本的な考えは同じですが、実際に運用を設計するにあたってカバーすべき運用時間、チャネル、言語などアメリカ市場向けの設計が必要になります。 *1 電話以外のチャネルでのサポートも一般化し「コール」センターでなくアメリカでもコンタクトセンターと呼ぶようになっているため、以後「コンタクトセンター」で用語を統一する事とします <参考>一般的なコンタクトセンター立上げ手順*1 全体方針と役割・目標の設定 運用体制・業務フローの設計 ファシリティ・システム構築 採用・研修 運用(品質管理) 今回はアメリカでのEC事業運用におけるコンタクトセンター設計の基本について整理していきます。   カバーすべき運用時間は? アメリカ本土だけでも複数のタイムゾーンが存在し、ハワイなども含めるとアメリカにおける「日中帯」は非常に長いです。こういった背景や、日本と違い深夜帯に勤務する労働者(コンタクトセンターオペレーター)の雇用が比較的容易であるという点もあり、アメリカでは24時間運用のカスタマーサポートを提供する企業も少なくありません。 基本、運用時間が長ければ必要になるオペレーターの人数も必然的に多くなりその分運用コストが上がるため、日本と比べれば多くの企業が24時間運用を実施しているものの、実際に24時間でのサービスを提供しているのはそれだけの売上や問い合わせがある大企業に限られています。 理想は週7日 9時~21時...

View Post
Card image cap
アメリカ現地EC専門家が進めるECプラットフォーム4選

前回の投稿では、アメリカのEC展開においては、やはり自社ECサイトが販売チャネルの軸になるという点、そして自社ECサイトでは、ECプラットフォーム選びが重要と言うお話をしました。その中でもアメリカEC業界で10年以上の経験から「とりあえずこの中から選んでおけば間違いない」というプラットフォームを4つご紹介します。前述の通り、事業規模などによって選択すべきプラットフォームの選択肢は変わってきます。その為今回は、以下の条件に絞ってご紹介します。   年間売上 $10万ドル~1,000万ドル 構築予算 $5万ドル~$50万ドル 物販(デジタル商品の販売でなく)       #1 Shopify/Shopify Plus     Shopify(読み方:ショピファイ)は30万以上のオンラインショップが使うクラウド系プラットフォームの最大手です。ソーシャルコマース、モバイルショッピングへのフォーカスも高く、市場のニーズに合わせたアップデート、機能拡張が継続的に行われています。その直感的な操作性や簡易性から個人事業主レベルのユーザーが多く、利用層の大半を占めますが近年では企業向けのプラットフォームとしてもそのシェアを伸ばしています。   ●...

View Post
Card image cap
アメリカ市場向けECプラットフォームの選び方

アメリカでのEC事業展開を検討する際に「何を売る」を決めた次に決めないといけないのは「(その商品を)どこで売るか」だと思います。例えば中国だとTmallなどのモール/マーケットプレースがECチャネル上の多くを占める為、「マーケットプレースで売る」がEC販売チャネル戦略の軸になったりすると思います。   アメリカの場合はどうでしょう?   基本的なイメージは日本と変わらないです。企業のEC販売においては販売チャネルの軸となるのはやはり『自社ECサイト』であり、モール/マーケットプレース系の販売チャネルを扱う商材や、ブランディング、販売戦略などに応じて二次的に選択していく事になると思います。   「どのマーケットプレースで売れば良いの?」かについては次回の記事で触れるとして、今回はアメリカ市場展開におけるEC販売チャネルの軸となる「自社ECサイト」について、具体的には、「どのシステムを使って自社ECサイトを構築するべきか」について案内をしていきたいと思います。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p { font-size:...

View Post
en_USEnglish