Blog

transcosmos America / 最新アメリカEC動向  / コロナ禍で注目を集めるD2Cとは

コロナ禍で注目を集めるD2Cとは

コロナウイルスによって私たちの日常が大きく変化したことで、企業側も戦略について見直す必要性が生じました。その中で各社の注目を集めているのが「D2C」です。今回はそのD2Cとはいったい何なのかを解説し、メリットとともにD2Cの活用事例をいくつか紹介していきます。

 

コロナウイルスの感染拡大とD2C

はじめに、コロナウイルス感染拡大による顧客行動の変化について解説します。有識者の間では人々がコロナウイルス感染の脅威にさらされたことで、買い物様式を半ば強制的にオンラインショッピングへと転換せざるを得なくなったと分析されています。このような情勢において、大手企業の中でもD2Cを展開する企業が現れてきました。

 

D2Cとは

D2Cとはdirect-to-consumerのことであり、「企業が自社商品を小売店などの他社を仲介して販売するのではなく、自社サイトなど独自の販売チャネルを通じて消費者に販売すること」を表しています。

 

 

 

 

 

D2Cのメリット

D2Cを活用することのメリットは3つあります。

1.顧客情報の収集をより徹底して行うことができる

従来のようにたくさんの仲介業者を挟むチャネルとは異なり、企業が顧客と直接コンタクトを取れるD2Cだからこそ集めることができる情報は適切なターゲティングをはじめとした戦略の最適化に貢献します。

 

2.仲介業者を挟まないことで顧客との関係性をより親密なものにすることができる

顧客との親密な関係性は企業が企業活動を行う上で大切にしている価値観などを顧客に誤りなく伝えることを可能にし、ブランドロイヤリティを高めることに繋がります。

 

3.商品を顧客の求める状態にカスタマイズして提供できる

商品の量・組み合わせを顧客のニーズに合わせて調整する販売方法は従来の実店舗販売においてはコストがかかるものでしたが、D2Cであれば販売まで自社で管理するのでコストを抑えて実現することができます。

 

D2Cの活用事例/PepsiCo

PepsiCoは最近2つのD2Cウェブサイトを展開しました。(PantryShop.com、Snacks.com)

PantryShop.comではPepsiCoの販売する人気商品を様々なカテゴリの中から顧客が好みに合わせて組み合わせ、購入することができるようになっています。

Snacks.comでは100種以上のFrito-Layの商品の中から顧客が選択して購入できるようになっています。このサイトは顧客の好みに合わせてサイトがカスタマイズされるため、数か月間は新しいアイテムが追加され続けます。このようにPepsiCoはD2Cを活用することで、コロナウイルスによって実店舗販売が厳しい状況に追いやられる中でも既存顧客を維持するだけでなく着実に新規顧客を獲得しています。PepsiCoの他にもトマトケチャップで有名なHeinzやKitKat で有名なNestleもD2Cに注目し展開しています。

 

まとめ

今回はコロナ禍で様々な企業から注目されているD2Cを紹介しました。コロナウイルスの感染拡大で対面販売が避けられるようになったからこそ注目されるようになったD2Cですが、D2Cは接触機会を減らせるというコロナ禍でのメリットの他にも経営戦略としてたくさんのメリットを持っています。優れた経営戦略の1つであるD2Cは「Withコロナ」の世界でも皆さんの役に立つと思われるので、ぜひこの機会にD2Cを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

出所:FOOD COMPANIES PIVOTING TO DIRECT-TO-CONSUMERS MODELS
Food and Beverage Brands Adopt D2C To Compete and Thrive
Kroger Leads the Digital Grocery Revolution With Mirakl-powered Marketplace


著者: Shunji.O

大学を卒業後、アメリカでインターンシップをするため渡米。トランスコスモスアメリカでは、ECマネージャーのアシスタントとしてEコマースの勉強中。アメリカのECについての知識をブログで共有しています。