Amazonベストセラーのすべて

transcosmos America / Amazon  / Amazonベストセラーのすべて

Amazonベストセラーのすべて

Amazonでは数億点もの商品が販売されており、競合他社の商品が数多く存在します。例えば、最近人気の“Pineapple peeler”をAmazonで検索してみると、 検索結果は 649件でした。(1月24日時点)こんなに多い商品の中、似たような商品の中で、自社の商品を見つけやすいように目立たせるにはどうしたらいいのでしょうか。

その答えの1つに、Amazon ChoiceとBest Sellerが上げられます。Amazon Choice はAmazonからのおすすめということで、プライムシッピングを行っているセラーの中から、レビューや価格のデーターをもとに毎日選ばれます。Best Sellerは同じカテゴリーとサブカテゴリの中で、セールスデーターを基に選ばれます。私もそうですが、どの商品を買ったらいいのか迷ったとき、Amazon ChoiceとBest Sellerのどちらかを選択して買う人は多いのではないでしょうか?

そうなると

“Amazon Choice や Best Sellerはどうやったらできるんだろう。”

と気になりませんか?それならこの後の内容に注目!AmazonのSEOについて少し知識を深めましょう。

 

Amazon SEOってなんですか?

SEOと聞いてまず思い浮かぶのが、GoogleやYahooなどの検索エンジンだと思います。自社のECサイトを検索結果上位に表示させるために、Webページを最適化する「SEO対策」をしている企業様は多いと思います。Google検索エンジンは、Googleのアルゴリズムにのっとって検索結果の順位を判断しているので、SEO対策もこのアルゴリズムを意識して行いますよね。Amazon SEOは、Amazon内の商品検索に対するSEOで、Amazonのアルゴリズムが”A9”です。Amazonで商品を追加してそれを検索結果の上位にするためにはA9がどう働くのかを理解する必要があります。

A9は様々なデータから情報を収集していますが、その中でも以下の6つのデータを特に重視しています。

  1. BSR(ベストセラーランク)
  2. 商品コンバージョン率
  3. 商品とキーワード、詳細の関連性
  4. 価格
  5. Amazonレビュー
  6. セラーフィードバック

 

1. BSR(ベストセラーランク)

詳細ページのProduct informationから商品のランキングをチェックできます。

普通ベストセラーランクは売り上げに応じてアップします。売り上げ以外にも多少アップできる方法がありますので、それはまたの機会に紹介します。

 

2. 商品コンバージョン率

購入率と商品ページのクリック率から商品のコンバージョン率が算出されます。これは商品タイトルと非常に関連があります。お客様が興味を持ってクリックし、購入まで繋がるようなタイトルを工夫して作成する必要があります。

 

3. 商品とキーワード、詳細の関連性

普通SEOはキーワードのことですので、どんなキーワードを入力したのかは非常に重要です。キーワードツールなどを利用してみんなに愛用されるキーワードを選びます。そしてそのキーワードをタイトル、ブレットポイントや詳細などに入れて作成します。キーワードツールはGoogle Keyword Plannerやsonarなどから検索できます。

 

4. 価格

競争力ある価格で販売しないとベストセラーランクやコンバージョン率は上がらないでしょう。他の商品と比べて適切な価格をお客様に提示します。

 

5. Amazonレビュー

レビューの管理はとても大切です。そして沢山の良いレビューがたまるには時間がかかります。必要であれば、レビュー会社や専門レビュアーを使って初期段階のレビュー管理をすることも可能です。

 

6. セラーフィードバック

セラーフィードバックはお客とのやりとり、不良率、リターン率、再オーダー率などに深く関連してますのでこれらに気を付けた対応が必要です。

メルマガ登録はこちら

 

最後に検索結果1位と下位の商品を比較してみましょう。

検索結果1位の商品のレビュー数は2239、★4.5です。一方、検索結果最下位の商品はレビュー数1、★2です。

1位の商品は広告せずに1ページ目に表示されていますが、検索結果最下位の商品は2845位にあり“Pineapple peeler ”で検索したら(基本選択のSort by Relevance)24ページ目に表示され、お客様から選ばれることが難しくなります。それがレビュー数にも反映していますね。

このように、通常のSEOは「Webサイト」で評価されますが、Amazon SEOは「セラー」として評価されるため、商品ページはもちろん、セラーとしての対応も重要になってきます。A9のアルゴリズムは以上の6点のデーターを組み合わせて結果を出していますが、そのデータは連携されている様々なデータを参照します。このアルゴリズムの目的は消費者に迷わせないベストな選択を提案することにあると思います。Amazonと同じような気持ちでお客様に良い商品やサービスを提供することに注力し、それらを分析・研究することでAmazonベストセラーに近づくことができます。

「何をしたらいいの?」「どうやったらいいの?」とお悩みの方は、一度トランスコスモスアメリカにご相談ください!

 


著者: JH

日本・韓国・アメリカでPMとデジタルマーケターとして10年以上経験を積む。現在はトランスコスモスアメリカでEコマースPMを担当。アメリカでEコマースを立ち上げる企業を支援。


 

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.