Why Call Center Outsourcing is the Best Strategy for Your Business

コールセンターのアウトソーシングがあなたのビジネスにとって最適な戦略である理由

社内コールセンターの人件費と管理コストは会社の成否を左右するため、多くの企業がビジネスの成長とサポートを行うために、適格なアウトソーシング パートナーに頼っています。彼らはコンピテンシーを重視し、コスト効率が高く、すべてのコミュニケーション チャネルを処理する最高の顧客エクスペリエンスを提供することに専念しています。

アウトソーシングがあなたのビジネスにとって正しい選択であるかどうかを判断するために、アウトソーシングの利点を見てみましょう。

仕事量を減らす

ほとんどの企業ではスタッフにマルチタスクを要求しているため、顧客の電子メールや電話への対応は、中核となるビジネス目標の邪魔になる可能性があります。

アウトソーシングは、経営陣がコストのかかる採用や研修ではなく、ビジネス推進に集中できるようにすることで価値を高めることができます。 1 人あたりの連絡先を通常の 2 倍または 3 倍に増やす必要がある繁忙期を経験した場合、社内コールセンターに代わる優れた代替手段としてアウトソーシングがあります。資格のあるパートナーが、オーバーフローおよび時間外サポートのために追加の座席と通信周辺機器を維持します。

コストを削減する

コンタクト センターのアウトソーシングは、社内管理のセンターよりも注文ごとおよび通話ごとのコストが低くなります。その理由は簡単に理解できます。上で述べたように、座席と光熱費は貴重な面積を占めますが、コストには追加の人件費、福利厚生、人材、トレーニングも含まれます。

社内コールセンターのトランザクションあたりのコストはすぐに収益を上回る可能性があります。そのため、準備が整った適格なアウトソーシング パートナーに頼ってみてはいかがでしょうか?彼らはすでに、強化された顧客エクスペリエンスを提供し、初日から放棄された通話を減らすためのリソースを備えています。

データ収集

アウトソーシングされたパートナーは、顧客サービスのやり取りをキャプチャして分析する場合に威力を発揮します。使用されるプラットフォームには、多くのクライアントからのキャンペーンのデータを分析するための強力なツールが備わっています。これにより、パートナーはこのテクノロジーを複数のクライアントに分散してコスト負担を負担することが可能になります。

生データに関する新しい洞察にアクセスして、企業が独自の戦略に適用できる戦略から利益を得ることができます。さらに良いことに、戦略が変更された場合は、パートナーと協力して、必要に応じてデータ収集を再調整できます。

自分のコアコンピテンシーに再度焦点を当てる

コールセンター機能をアウトソーシングすると、チームは製品の開発と改良、マーケティング、顧客見込み客の追跡、その他の成長機会に再び集中する時間を得ることができます。投資収益率には、より効率的にホーム オフィスを運営できることと、資格のあるパートナーの目標がチームの目標であるという安心感が含まれることを期待してください。

彼らは、あなたが成功すれば自分たちも成功するということを理解しています。

アウトソーシングはすべての企業に適しているわけではありませんが、現代の企業の大多数は、顧客サービスのニーズを管理するためにこれらのオムニチャネル コールセンター プロバイダーを利用することで大きな利益を得ています。

資格のある専門的なアウトソーシング パートナーによってチームを支援できると思われる場合は、アウトソーシングが最適な選択肢となる可能性があります。

著者: グレッグB

コールセンター管理と事業部門の活性化において 25 年間の成功を収めてきた幹部。業務の非効率性を正確に特定し、従業員の士気の活性化と企業文化の変革を促進することで、数百万ドルの利益を生み出した確かなキャリア実績。


ブログに戻る