The Role of BPO in Driving Customer-Centric Digital Transformation

顧客中心のデジタル変革を推進するBPOの役割

「ビジネス プロセス アウトソーシング」(BPO) という用語は、企業が業務の一部またはすべてを他の当事者にアウトソーシングする方法を指します。知識とリソースの点では、これらのサービス プロバイダーが最善の選択です。

企業は、今日の国際経済情勢で競争する必要性から、経費を削減しながら成果を出すというプレッシャーに常にさらされています。ビジネス プロセス アウトソーシングは、企業がこの均衡を保つのに役立つ最新のオンデマンド サービスにアクセスできるようにするため、役立ちます。

ビジネス プロセスをアウトソーシングし、デジタル変革の取り組みを加速させることで、企業は従来の方法に比べて 2 倍の成果を達成できます。さらに、 モノのインターネット (IoT) 、AI 自動化、その他の最先端技術を最大限に活用して、生産性と創造性を高めることにも役立ちます。

本当の疑問は、BPO が顧客中心のデジタル変革の推進にどのように貢献できるかということです

確認してみましょう!

デジタルトランスフォーメーションとは?

企業が最先端のデジタル技術を活用して業務を強化する場合、デジタル変革( デジタル デクスタリティとも呼ばれます)に取り組みます。デジタル ビジネスの 3 つの柱は次のとおりです。

  • デジタル通信チャネル。
  • クラウドに保存される膨大な量のデータ。
  • 業務システムのスムーズな導入。

クラウドベースのシステム、人工知能、機械学習、自動化されたプロセス、その他のテクノロジーにより、これら 3 つの柱を強化できます。

デジタル変革を遂げた企業では、社内コミュニケーションが改善され、データサイロが減り、企業全体を俯瞰できるようになります。同時に、テクノロジーによって、問題を解決し、日常業務を簡素化し、効率を高めるための優れたツールが提供されます。

企業はこれらのテクノロジーの助けを借りて、注力して開発する領域を見つけることもできます。これにより、データを活用して成長を促進することができます。

新しいテクノロジーを導入することは、デジタル変革の一部にすぎません。人々の考え方が常に変化する世界で生き残るためには、企業は定期的に全体像を見直す必要があります。

その結果、ビジネス界で影響力のある多くの人々がこのことを心に留め、現代の世界で成功するために最新のデジタルツールについて自ら学ぶことを重視しています。

顧客中心主義が重要な理由は何ですか?

今日の飽和状態の市場では、企業は製品やサービスを提供するだけでは十分ではないことを理解するようになりました。ビジネスは、ブランドに対する顧客のあらゆるやり取りや感情など、ブランドとの顧客の体験の総合性によって定義されます。

この分野では、BPO が企業と顧客との最初の接点となることが多いため、この傾向は特に顕著です。

顧客の要望、要件、過去の経験を理解することは、BPO が採用する顧客中心の戦略の鍵となります。顧客は、特定のニーズに合わせてカスタマイズされたソリューションに非常に満足し、それが顧客の忠誠心の向上につながり、最終的には市場での競争上の優位性につながります。

BPO とデジタル変革の推進におけるその役割

企業の中核業務以外の業務を外部にアウトソーシングすることを BPO といいます。企業は BPO プロバイダーの専門知識、設備、テクノロジーを活用して、ビジネスを正しい方向に成長させることができます。そして、企業は最も得意とする業務に集中しながら、これらすべてを行うことができます。

もう 1 つの方法は、デジタル トランスフォーメーションです。これは、すべてのビジネス部門でデジタル テクノロジーを使用することを意味します。このプロセスにより、タスクが簡単になり、顧客にさらなる価値が提供されるため、会社全体の業務が改善および変化します。

ビジネス プロセス アウトソーシングは、デジタル変革を進めている企業に大いに役立ちます。これにより、企業は新しいテクノロジーをより簡単に利用し、業務を改善できます。現代のデジタル世界で成功し、あらゆる機会を活用するために、企業は BPO サービスに注目しています。

デジタル変革のための BPO - 接続するべきすべての理由

結果として、ベンダー管理の容易化、競争の激化、より効果的なコールセンター技術へのアクセスなどの利点がもたらされる可能性があります。デジタル変革を進める上でアウトソーシングは大きなメリットをもたらしますが、企業にとって必ずしも正しい選択とは限りません。

必須ではありませんが、アウトソーシングにより業務が大幅に効率化され、同時に出力品質も向上します。

デジタル変革戦略に BPO を組み込んで驚くべき成果を得ることの主なメリットは次のとおりです。

1. 顧客体験を向上させる

デジタル変革プロセスにおける BPO の最も優れた点の 1 つは、顧客体験が向上することです。今日の顧客は最高レベルのパーソナライズされた体験を期待しているため、企業は BPO サービスなしではやっていけません。

BPO は顧客サービスの管理の専門家であるため、顧客サービスを容易にする戦略とツールを使用します。例:

  • AIを活用したチャットボット
  • オムニチャネルコミュニケーションソリューション
  • 顧客とのやり取りをよりパーソナルかつ効率的にする CRM システム。

BPO は 24 時間体制のサポートと迅速な対応を提供することで、顧客の要件が時間どおりに満たされることを保証します。

それ以外にも、BPO 企業はデータ分析と顧客インサイトを活用して、トレンドや好き嫌いを見つけ出します。企業はこの情報を活用して、製品、サービス、顧客とのコミュニケーション方法を顧客のニーズに合わせて調整し、より効果的なものにすることができます。

企業は、顧客の行動をより深く理解することで、顧客ロイヤルティを高め、次回のイベントでも顧客に自社を思い浮かべてもらうことができます。

デジタル変革の一環として BPO を活用する企業は、顧客と積極的につながり、問題を迅速に解決し、あらゆるタッチポイントで顧客に優れたエクスペリエンスを提供できます。

2. 次世代テクノロジーを活用してコミュニケーションを容易にする

BPO サービスを利用すると、最新のプラットフォーム、システム、ツールにアクセスでき、収益の増加、生産性の向上、仕事の質の向上に役立ちます。

特に、有名で信頼されているサービスプロバイダーは、オムニチャネルコミュニケーションを使用して、社内外の顧客とのコミュニケーション方法を改善しています。

BPO とデジタル変革を最大限に活用するには、すべての通信回線を最適化し、統合し、いつでもどこからでも利用できるようにする必要があります。

以下のオムニチャネル モードとその仕組みを見てみましょう。

  • Facebook、Instagram、TikTok などのソーシャル メディアは、人々が互いにつながるための手段です。
  • 電子メールは、大きなファイルを送信したり、緊急ではない事柄について連絡したりするために使用されます。
  • チャットボットを通じて、人々はスマートアプリ(テキストまたは音声経由)に接続できます。
  • ショート メッセージ サービス (SMS) を使用すると、重要な短いテキスト メッセージをすぐに送信できます。
  • ビジネス Web サイトの訪問者は、ライブ チャットを通じて顧客サービス担当者と直接話すことができます。
  • 標準の電話は問題なく機能し、固定電話と同じくらい簡単に使用できます。
  • セルフサービス プラットフォームは、FAQ やブログ サイトなど、自分で問題を解決できるオンライン ツールです。

3. 革新的な企業戦略を策定する

デジタル変革は、長期的には競争に勝つためのものです。新しいテクノロジーを採用することで、サービスを向上させ、より幅広い顧客を獲得できます。業務の一部をビジネス プロセス アウトソーシング (BPO) 会社に委託することで、さらに成長し、業界のトップ ワーカーとして知られるようになります。

ビジネスが成長した場合、BPO との関係を築くことで窮地を救うこともできます。コール センターには、顧客からのあらゆる質問に対応できる十分な人員が必要ですが、顧客からの電話をただ待っているだけの人員が多すぎるのは望ましくありません。

BPO はお客様と協力し、コール センターから大量の通話を取り除くセルフサービス自動化ツールを設定できます。また、受信した通話数が多すぎてスタッフが処理しきれない場合にのみ使用される追加サービスも提供できます。

4. パフォーマンスの向上、価格の引き下げ、競争力の向上を実現

デジタル変革の取り組みを支援するためにビジネス プロセス アウトソーシング プロバイダーと提携する企業には、いくつかの利点があります。主な利点は次のとおりです。

  • 効率性の向上
  • 経費削減
  • 競争相手に対する優位性。

BPO プロバイダーは、ジョブの自動化、ルーチンの合理化、プロセスの改善によって業務の効率化を図ります。これにより、企業はより効率的かつ正確に業務を遂行できるようになります。

ビジネス プロセス アウトソーシング企業は、低コスト ソリューションに関する専門知識を活用して、企業の賃貸料、建物投資、人事管理などの運営費の削減を支援します。このようにしてコストを節約することで、資金や投資を他の重要な分野に戦略的に活用できるようになります。

BPO プロバイダーと提携すると、組織は専門知識、最先端のツール、業界のベストプラクティスにアクセスできるようになるため、長期的には効率も向上します。

デジタル ツール、新興テクノロジー、業界動向はすべて、ビジネス プロセス アウトソーシング企業が得意とする分野です。信頼できる BPO パートナーから学んだ知識を活用することで、企業は商品やサービスを改善し、市場の変化に迅速に対応し、競争で優位に立つことができます。

5. フロントオフィスとバックオフィスの業務を同期させる

デジタル化は成功のために重要ですが、失敗するのは簡単です。多くの場合、企業は基本を忘れています。これは、企業が重点を置きすぎて、重要なフロントオフィスのタスクに多くのエネルギーを費やしているためです。バックオフィスのタスクを BPO サービスに任せることで、デジタル変革をサポートし、将来の成長のための強力な基盤を構築できます。

ビジネスをさらに最適化したい場合は、財務、人事、購買などの基本的な業務をアウトソーシングできます。企業がバックオフィス業務に注意を払わないと、すぐに減速点に達し、基本的な業務が十分に変更されないために成長が止まってしまいます。

これらを処理するために BPO を採用すれば、ビジネスとともに成長できる、はるかに成功し、長続きするデジタル変革を実現できます。

6. 会社の技術ベンダーを管理する

デジタル変革の一環として、新しいテクノロジーを導入するのは、しばらくすると少しストレスになることがあります。ソフトウェア会社は常にアップデートや改善を発表して互いに競い合っていますが、それらは役に立つこともありますが、理解するのが難しく、多額の費用がかかります。

一度にあまりに多くのテクノロジーとベンダーとの関係を管理しようとすると、実際にはデジタル変革が遅くなります。

ビジネス プロセス アウトソーシングを利用すると、通常業務をこなしながら、すべてのパートナー関係を管理できます。顧客関係管理タスクの一部またはすべてをアウトソーシングすると、社内スタッフの業務が楽になり、職場の満足度が向上します。

デジタル化を進める場合、計画どおりに、時間どおりに、集中して作業を進めるために第三者の支援を受けると非常に役立ちます。

7. 分析によるプロセスとワークフローの最適化

将来のリスク、パターン、傾向を予測するために、予測分析では、組織化されたソースと非構造化ソースの両方からの過去のデータを調べます。

たとえば、小売業者は、各タッチポイント(人が購入サイクルを開始する時点)を認識した後、予測分析を使用して顧客の行動を把握することで、プロセス全体の効率を向上させることができます。

ビジネス プロセス アウトソーシングに関しては、ワークフローとプロセスの積極的な自動化がこれまで以上に重要になっています。自社のデータをしっかりと把握し、競合他社よりも効果的に分析できる企業が、予測分析の最前線に立つことになるでしょう。

企業はこの新しい方法でプロセスを合理化することでコストを削減でき、顧客は積極的なアイデアや先制的な行動により、より良い体験を楽しむことができます。

結論

今後数年間で、デジタル トランスフォーメーションとビジネス プロセス アウトソーシングを融合する企業の数が増加するでしょう。どちらの手順も、生産性を最大化しながら経費を削減し、企業に競争上の優位性をもたらすことを目的としています。BPO は、デジタル テクノロジーと組み合わせることで、企業がこの目標を達成するのに大いに役立ちます。

ビジネス プロセス アウトソーシングは、ビジネスにさまざまな形で役立つため、デジタル変革には不可欠です。BPO プロバイダーの支援により、組織はプロセスを簡素化し、進化し続けるデジタル環境に適応することができます。

企業は、ビジネス プロセス アウトソーシングの助けを借りて、プロセスを改善、合理化し、より迅速に拡張する方法を見つけることもできます。クライアント エクスペリエンスの向上、コストの削減、競争力の最大化は、BPO が提供するデジタル変革のメリットの一部です。

最後に、BPO における顧客中心の方法は単なるトレンドではなく、市場で成功するために必須の戦略です。今日の絶えず変化し、困難なビジネス環境で競争に勝ち続けるには、組織は顧客中心の戦略を採用する必要があります。

重要なよくある質問

信頼できるビジネスプロセスアウトソーシング会社を選ぶにはどうすればよいでしょうか?

ビジネス プロセス アウトソーシング ベンダーを選択するときは、価格体系、顧客サービスの評判、価格履歴、独自のニーズを満たす能力、同様のサービスを提供した実績などを確認するのが賢明です。

アウトソーシングした方が良いでしょうか?

何百万もの企業が BPO で成功を収めています。専門的なサービスへのアクセスを容易にするだけでなく、運用コストも削減できます。企業はサードパーティ プロバイダーの知識を活用することで、サービスの効率と品質を向上させることができます。

BPO はどのようなビジネスに最適ですか?

BPO を使用する企業では、適切なスキルを備えたサードパーティのサービス プロバイダーが処理できる、反復的で大量のジョブを抱えていることがよくあります。これには、データ入力から顧客ケアまで、あらゆるものが含まれます。

著者: Greg.B

コール センター管理とビジネス ユニットの活性化で 25 年間の実績を持つエグゼクティブ。業務の非効率性を正確に特定し、従業員の士気の活性化と企業文化の変化を促進することで、数百万ドルの利益を生み出した実績があります。

ブログに戻る