How to meet scalability needs without breaking the bank

大金を掛けずにスケーラビリティのニーズを満たす方法

会社が成長し、変化するにつれて、顧客の期待と問い合わせの量も同様に増加し、変化します。ビジネス モデルにおける事後対応​​型のサポート モードからプロアクティブで準備されたモードへの移行は、低コストで効率的に行うことができ、同時に主要な人材にアクセスして経済的利益を最大化することができます。

答えは、これらの新たな大規模な問題への取り組みを支援するために、専門の外部委託パートナーを雇うことです。

コスト削減のためのスケーリング

この文脈において、効率とは、社内のコンタクト センターと顧客サービス部門の構築に必要な技術ツールと物理的スペースのコストを節約することを指し、その維持やアップグレードは言うまでもありません。

専門的なアウトソーシングパートナーに投資することで、非生産的なタスクを削減するより合理化されたサービスエクスペリエンスにより、ブランドイメージと顧客満足度を向上させることができます。パートナーはすぐにでも始める準備ができているため、事実上、開発や試行錯誤のコストが回避されます。

さらに良いことに、製品の完成度の向上や宣伝など、他の投資に資本を解放できます。

効率性を高めるためのスケーリング

アウトソーシングの大きな利点の 1 つは、固定費が変わらないにもかかわらず生産量が増加することです。追加の実務的費用や金銭的費用を支払うことなく、生産性の向上という効果が得られます。
パートナーは、複数の異なるチャネルから通話データを収集、整理、保存するため、豊富な関係管理機能を提供します。これにより、顧客が誰であるか、顧客が何を望んでいるのか、顧客と会社とどのような関係があるのか​​をよりよく理解し、アクセスできるようになります。
対話や解決策に迅速かつ簡単にアクセスして、単一の参照点、つまりパートナーから重要でコストを節約できる意思決定や予測を行うことができるようになります。

専門知識に合わせた拡張

すべての企業が同じ種類のカスタマー サポートを求めているわけではないため、一般的なサポートと専門リソースのどちらを選択するかを適切に決定することが重要です。目標とトラフィック予測には、年間の一部には高度な訓練を受けたエージェントが必要ですが、それ以外の場合には共有コールセンター ソリューションで十分な場合があります。

アウトソーシングは確かに仕事のあふれを解消するのに役立ちますが、社内に指導するリソースがない場合にはスキルのギャップに対処する可能性もあります。ここで、プロのパートナーにアウトソーシングすることで、不足している専門知識を活用し、ブランドイメージの顧客側の側面を保護します。

コールセンター サポートの検索を始めたばかりの場合は、専用のパートナーシップで拡張することで社内チームに提供できるコスト、効率、人材密度の利点を考慮してください。

著者: グレッグB

コールセンター管理と事業部門の活性化において 25 年間の成功を収めてきた幹部。業務の非効率性を正確に指摘し、従業員の士気の活性化と企業文化の変革を促進することで、数百万ドルの利益を生み出した確かなキャリア実績。

ブログに戻る