How to Enter the Retail Market in Korea as a Brand

ブランドとして韓国の小売市場に参入する方法

韓国の小売業界は常に変化しており、魅力的です。成功している韓国の小売業者は、消費者の嗜好の変化に迅速に対応し、到来した機会を捉えます。ビジネスを行うには素晴らしい国であり、挑戦する価値はあります。

予測期間中(2023年から2028年)、韓国の小売市場は4,953億ドルの初期評価額から6,196億ドルの最終評価額まで発展し、年間複合成長率(CAGR)は4.60%になると予想されています。

韓国市場の何が特別なのかを知ることは、韓国市場への参入を目指すアメリカ企業にとって極めて重要です。現地の市場で成功するには、強力な小売業界ネットワークを持つ韓国の輸入業者や販売業者とパートナーシップを築く必要があります。これは、ほとんどの韓国の小売業者が同じ企業から商品を入手しているためです。

韓国の顧客は、こだわりがあり、洗練された味を持っているという評判があります。世界の他の地域で好まれている製品を韓国の消費者が好むという保証はありません。

これらすべてを念頭に置いて、この記事は、当社の戦略と直面する可能性のある課題に従って韓国の小売市場に参入するのに役立つように構成されています。また、すでに韓国でビジネスを行っている専門家からいくつかのヒントやアドバイスを学ぶこともできます。

まずは基本的なことから見ていきましょう!

韓国の小売市場に参入する理由?

韓国の人口 5,100 万人の約半数がソウル首都圏を本拠地としています。この事実は、そこでビジネスを構築することに興味がある人にとって特に重要です。北朝鮮の行為により、韓国は他のアジア大陸から孤立し、事実上島となった。

文化遺産を共有するこの国は、中国と日本からインスピレーションを頻繁に求めてきました。南部出身の韓国人も米国、カナダ、欧州の大学に進学した人が多い。

その結果、国民が韓国の伝統を誇りに思いながらも、新しいアイデアや影響を受け入れられる国に入るのです。彼らがどのようなビジネスを賞賛し、彼らのやり方でどのように運営すべきかを学ぶなら、彼らは大歓迎です。

韓国小売市場への参入戦略

新しい市場に参入するときは、下調べをし、場合によってはブランディング キャンペーンを開始することが重要です。

さらに、選択した販売チャネルは、現地市場への参入戦略に影響を与えます。したがって、韓国では、目的と熱意のレベルに基づいて使用できる市場参入テクニックがいくつかあります。

さまざまな戦略を見て、韓国の小売市場に参入する際のユニークな点を見てみましょう。

1. 小売業者の調達慣行を理解する

リスクを嫌う結果として、韓国の小売業者のほとんどは輸入業者や流通業者と協力することを好みます。これは、少量の製品調達を直接管理しているためです。したがって、ベンダーはより大きなリスクを負うことになり、起こり得る損失を補うために製品のマークアップが頻繁に増加します。

2. 代替手段として電子商取引プラットフォームを使用する

Coupang、 Auction、 Gmarket、 11stなどのプラットフォーム上のグローバルセラープログラムを使用することで、韓国市場に参入するための 1 つの代替方法はプラットフォームを使用することです。外国の販売者、特に米国の販売者は、これらのプラットフォームを使用して韓国の消費者と直接コミュニケーションをとる機会があります。

3. 輸出価格と市場動向を理解する

輸出価格を交渉する際には、販売手数料や流通層の追加など、韓国でのより大きなビジネスコストを考慮する必要があります。市場の動向も考慮すべき重要な要素です。それにもかかわらず、米国市場と比較して韓国の小売価格を競争力のあるものに保つことは重要なステップです。

韓国の顧客は他の国の電子商取引ウェブサイトをよく利用しますが、韓国での価格が他の国に比べてはるかに高いという事実が、人々がそれらのウェブサイトで買い物をするよう促す可能性があります。

4. 広告キャンペーンを開始してみる

初期のマーケティング戦略は、地元市場でより知名度を高める必要がある海外ブランドの注目を集めます。これらのキャンペーンはさまざまな方法で監視できます。上位のものには、オンライン、オフライン、そして場合によっては主要なオピニオン リーダー (KOL) の支援を得たものも含まれます。

通常、ブランドは現地の電子商取引市場に商品を出品する前に、韓国でのブランドの信頼と認知度を高めるための最初のマーケティング活動を実施します。

5. 販売およびカスタマーサービスからのサポートを受ける

韓国でビジネスを行う場合、多くの海外サプライヤーは製品と価格を考慮することを優先して、アフターサービスの重要性を無視しています。韓国に本拠を置くサムスンや LG などの企業は、小規模な多国籍企業と比較して、優れたアフターサービスと顧客サポートを提供しています。

サービス品質に関して、韓国の顧客は高い期待を持っています。この業界では他国の競合企業も存在するため、顧客サービス全般、特にアフターサービスを厳密に管理する必要があります。 「販売」に不可欠な部分はサービスであり、BPO を検討できます。

韓国のベンダーへの BPO を検討する場合、現地のベンダーは言語、コミュニケーション スキル、文化的価値観について十分な訓練を受けているため、すでにビジネス戦略が強化されています。これらすべての要素は、現地市場でビジネスの信頼性を築く上で非常に重要です。

韓国の現地市場に参入する際の障害

1. 情報提供のための文書

韓国の小売市場に参入する場合、書類作成や手続きは困難に思えるかもしれません。外国投資家は合計 15 の書類を提出する必要があり、そのうちの重要なものは次のとおりです。

  • 申し込みフォーム
  • 設立総会の議事録
  • 定款
  • 貯蓄証書の形での株式購入担保
  • 取締役会議事録
  • 登録税の領収書
  • その他

2. 製品のラベルと規格

韓国の現地認証およびラベル表示要件は、ISO 規格を含む他の国の要件と同等です。要約すると、輸入品が現地国に入りやすくするには、規格間の標準化が最善の方法です。

中国の至る所で使用されている CCC マークの代わりに韓国の KC マークが電子機器や安全装置などのさまざまな製品に使用されています。

KC マークを取得するための通常の手順は次のとおりですが、長くて複雑なプロセスのように見えるかもしれません。

  • 応用
  • 工場検査
  • 製品テスト
  • 登録証明書
  • 営業許可
  • 認証後の監視
  • EMC試験

3. 関税

適用される輸入税と関税評価に加えて、10% の付加価値税 (VAT) を考慮する必要があります。多くの高級で長持ちする消費者製品には、さらに 10% ~ 20% の国物品税が課せられます。

韓国は以下の国とFTA ( 自由貿易協定) を締結していることを知っておく必要があります。

  • オーストラリア
  • アセアン
  • カナダ
  • 中米(一部)
  • インド
  • ニュージーランド
  • ペルー
  • シンガポール
  • チリ
  • 中国
  • コロンビア
  • 欧州連合
  • アメリカ合衆国
  • 七面鳥
  • ベトナム

ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタイン、スイスはすべて韓国の欧州自由貿易協会の加盟国です。

韓国市場で成功するためのヒントとアドバイス

外国企業が韓国の小売市場に参入するためのヒントをいくつか紹介します。

  • コミュニケーションとコミットメント:韓国のビジネスパートナーや顧客に定期的に連絡します。韓国市場への長期的な取り組みを強調することで、信頼を築き、ビジネスを合理化することができます。
  • 関係の構築:長期的なパートナーシップを構築し、維持することが重要です。頻繁に韓国を訪れ、市場について学び、韓国の代表者を本社に招待します。これにより、全員に最新情報が提供され、現地国でのビジネス関係が強化されます。
  • ローカリゼーションは重要です:製品や戦略を韓国の好みや文化に適応させることは、大きな影響を与える可能性があります。市場の好みはさまざまです。したがって、文化的意識が顧客を引き付ける可能性があります。
  • 流通について:韓国全土の独占販売代理店を利用します。これにより、社内の価格競争や販売代理店の意見の相違が防止され、プロセスが合理化されます。
  • 現地での取り組み:韓国での製品デモ、セミナー、展示会により、ブランドの認知度が向上します。現地の担当者との販売フォローアップを調整し、技術資料や販促資料を配布します。
  • 広告戦略:韓国の広告は複雑かつ異なっています。オンライン広告、特にモバイル広告が増加している一方で、放送は減少しています。企業は、商用メガ LED スクリーンやさまざまなテレビやラジオのチャンネルも考慮する必要があります。
  • 価格設定と価値提案:海外の商品、特にヨーロッパの商品は高品質であると考えられていますが、物流の関係でより高価です。競争するには、品質と価格のバランスが取れていなければなりません。

まとめ

世界中の企業は、絶えず変化し繁栄する韓国の小売市場で大きなチャンスを見つけることができます。この競争の激しい市場をうまく乗り切るには、戦略的戦略と深い市場知識が必要です。韓国市場に参入するには、現地のパートナーシップを活用し、消費者の好みに適応し、規則や規制に従ってください。

韓国の小売市場に参入するには計画が不可欠です。これには、慎重な計画、長期的なパートナーシップ、韓国特有の流通およびマーケティング戦略が必要です。書類手続き、製品要件、関税を回避するには、現地の法律に従う必要があります。

この市場で競争力を発揮したい外国企業は、ローカリゼーションに注力し、強力な関係を構築し、販売後のサポートに資本を投入し、常に変化する市場トレンドに適応する準備を整える必要があります。

企業がこれらの戦略を活用し、韓国の消費者についてより深く学ぶことができれば、韓国のペースの速い小売業界で大きな成長と成功の機会を活用することができます。

著者: グレッグB

コールセンター管理と事業部門の活性化において 25 年間の成功を収めてきた幹部。業務の非効率性を正確に特定し、従業員の士気の活性化と企業文化の変革を促進することで、数百万ドルの利益を生み出した確かなキャリア実績。

ブログに戻る