Card image cap
2019年Amazonプライムデーと「7月のブラックフライデー」の動き

2019年7月15、16両日に開催されたAmazonプライムデーは、昨年を大きく上回る盛況を見せました。 一方でWalmart(ウォルマート)やeBay(イーベイ)など、Amazonの競合も、Amazonプライムデーの開催時期に焦点を合わせて、大規模なセールを行うようになり、プライムデーと並んで「7月のブラックフライデー」と呼ばれる現象が出現しています。 ここでは2019年のAmazonプライムデーと「7月のブラックフライデー」を構成するWalmartなどの小売店の動きをご紹介します。   空前の活況を呈したAmazonプライムデー2019 年ごとに規模を拡大するAmazonプライムデーは、2018年には推定40億ドルを売り上げ、ブラックフライデー・サイバーマンデー(※感謝祭翌日から始まる11月末の大規模セール)の合計を上回りました。今年から2日間の開催となったAmazonプライムデー2019は、2018年の実績をさらに上回り、60億ドル近い売上を達成したと推計されています。しかし、他の小売業者もAmazonの動きを傍観していたわけではありません。   7月のプライムデーはAmazonの枠を超えて広がる Amazonプライムデーは、Amazonに留まらず、アメリカの他の小売業者にも大きな影響を与えています。 デジタルマーケティング会社Adlucentの調査によると、アメリカの消費者の75%がAmazonプライムデーに買物をすると答えています。しかし、そのうちの68%は、Amazonだけでなく、アメリカの大手ディスカウントストアであるWalmartやTarget(ターゲット)、大型家電量販店のBestBuy(ベストバイ)など、他の小売業者のサイトも見て回る、と答えています。 事実、Walmartを始めとするさまざまな小売業者が、プライムデーと時期を合わせてセールを行う動きは、2015年のプライムデー開始当初より起こっており、そうした流れは「7月のブラックフライデー」と呼ばれるようになって、アメリカの消費者にも定着しつつあります。 2019年には、Targetはプライムデー当日にセールを開催し、Walmartはプライムデーの数日前から1週間に渡るセールを、Amazonの価格に対抗する形で行いました。   他を圧倒するAmazonプライムデー こうした7月のブラックフライデーの動きはありつつも、この期間のAmazonプライムデーは、他を圧倒するものとなっています。2018年には、消費者の50%がAmazonプライムデーで買い物をすると答えたのに対し、7月のブラックフライデーで買い物をすると答えたのは21%にとどまっています。プライムデー期間中のすべての商取引の86%をAmazonが占め、2019年にはAmazonはWalmartとeBayの売上を合計した10倍以上の額の売上を計上しました。...

View Post
en_USEnglish