米国でEコマースの立ち上げを成功に導く5つの鍵

米国でEコマースの立ち上げを成功に導く5つのキー

※和訳(翻訳は日本語記事の下にあります。)

この記事を読んでいるという事は、おそらく米国でのブランド立ち上げの可能性を検討している最中ではないのでお願いします。試験的にも、あなたのブランドが日本(そしておそらく他の問題)で成功しましたしていることからも、米国市場における成功の覚悟は高くなければなりません。

そこで良いお知らせは、米国市場で有効な手法に基づくマーケティング戦略を構築すれば、米国での成功の可能性は向上させられるということです。

残念なお知らせは、米国に来る多くのブランドが、新しいマーケティング戦略を試してみることなく、ただ結果に失望しているということです。

そこでこの記事では、米国におけるEコマースの立ち上げを成功に導く5つの鍵について案内していきたいと思います。 – スプラッシュページの活用』についてご案内いたします。

成功の鍵 1.販売開始前にメールリストの作成をはじめる - Splash ページの活用

米国でEコマースの開始準備を整えるまでには、計画で6〜12ヶ月かかります。

あなたのブランドが米国でも認知されていて、米国での販売が確定しているのであれば、すぐにスプラッシュページを開設しましょう。 基本的には、ブランドコンテンツとメール登録フォームを備えたシンプルなWebページです。これは約1か月かそれ未満でも開設できるでしょう。

アメリカでブランドの認知がなくても、スプラッシュページを開設することを強くお勧めしますが、その場合は検索連動型広告やSNS広告を使ってページへ警戒を誘導する必要があります。は早速で良いので、クリック率データに関する収集を開始し、ユーザーの反応を測定するためにさまざまな広告コピーを試してみることがポイントです。

そして、販売および出荷の準備が整う頃、手元には製品に興味を持ったユーザーのメールアドレスリストとCPA(顧客獲得権)の削減に考えて検証済みの広告コピーがあります。

下記のKPIを参考にスプラッシュページを有効に活用し、早速米国でのEコマースの立ち上げを成功に向けてみましょう。

スプラッシュページのKPI

    1. セッション数に対するメールアドレス登録の割合
    2. 広告のCTR(クリック率)
    3. メールアドレスの獲得上限

次回は2つの目の成功の鍵、『デジタルマーケティングにかかる​​費用を怖れてはいけない – CPAは高いものだと知る』をお届けします。


著者: エリック・H
日本でテレビショッピング、デジタルマーケティング、ECオペレーションを18年間経験し、現在はトランスコスモスアメリカのロサンゼルスオフィスでオペレーションディレクターとして、バイリンガルECスペシャリストチームを管理しています。


<翻訳>

米国で e コマースのトライアルを成功させる 5 つの鍵

このブログ記事を読んでいるあなたは、おそらく米国でブランドを立ち上げる可能性を模索していることでしょう。試験的に、またはあなたのブランドが日本(そしておそらく他の国でも)で成功しているのだから、米国市場でも成功する可能性は高いに違いないと仮定して。良いニュースは、米国市場で成功していることに基づいてマーケティング戦略を構築する意欲があれば、米国での成功の可能性を管理し、高めることができるということです。あまり良いニュースではありませんが、米国に進出する多くのブランドは新しいマーケティング戦略を実験することに消極的であり、その結果に失望しているということです。米国で e コマースを成功させるための鍵のいくつかについて簡単に説明します。

販売を開始する前にメール リストを作成する – Splash Page

米国で e コマースのトライアルを開始する準備が整うまでに、計画を立てるのに 6 ~ 12 か月かかる場合がありますが、見込み客の獲得を開始するまで待つ必要はありません。あなたのブランドが米国である程度の自然な認知度を持っており、最終目標が米国での販売を開始することである場合は、すぐにスプラッシュ ページを立ち上げてください。これは基本的に、いくつかのブランド コンテンツとメール サインアップ ボックスを備えたシンプルな Web ページです。導入までにかかる時間はわずか 1 か月以内です。オーガニックなブランド認知度がない場合でも、スプラッシュ ページを立ち上げることを強くお勧めしますが、基本的な有料検索や有料ソーシャルを使用してページへのトラフィックを誘導し始める必要があります。予算は最小限で構いませんが、ここでのポイントは、クリック率に関するデータの収集を開始し、さまざまな広告コピーを試してユーザーの反応を測定することです。その後、製品の販売と発送を開始する準備が整うと、製品に興味を持つ登録電子メール ユーザーのリストと、CPA を削減するテスト済みの広告コピーが作成されます。

スプラッシュ ページの KPI。

    1. 電子メールのサインアップとセッションの割合。
    2. 広告コピーのクリックスルー率。
    3. 電子メール取得あたりのコスト。

次のUP。
デジタル マーケティングにお金をかけることを恐れない – 最初から CPA を高く設定しましょう


著者について: Eric.H
エリックは、トランスコスモス ロサンゼルス オフィスのオペレーション ディレクターで、バイリンガルの EC スペシャリストのチームを管理しています。エリックは日本で 18 年間、テレビ ショッピング、デジタル マーケティング、EC 運営の分野で働いていました。


ブログに戻る