成功と失敗事例から学ぶ アメリカEコマース

成功と失敗例から学ぶ アメリカEコマース

今回は、米国におけるECローンチから運用における成功の秘訣と失敗の原因を思い切って書いていただきます。 「どこまでの投資が可能か」によって大きく変わってきます。

当然のことですが、海外、特に日本と大きく文化が異なります米国では、皆様が想像されている以上重要になってきます。今回は、実際の成功例と失敗例を比較しながらご説明していきたいと思います。

事例Aは売上拡大路線に乗せられた事例(成功事例)、事例Bは1年で撤退した事例(失敗事例)です。大きな違いとなっております。

事例Aはマーケティングの立地を多く行い、その結果から最適化された勝ちパターンを言っています。

事例Bはマーケティング対抗は限定的でその結果からどの広告対抗が最適化されたものでもないパターンを見抜けなかった。

ローンチ後の実際のセッション時間を見てみましょう。

事例AとBを比較すると、まずローンチ後の露出高に差があります。 事例Aはローンチ後すぐに投資してユーザーを集めたことで、初期段階から十分なテスト結果が得られました。 、事例Bは十分なユーザーを集められず、サンプル数が少ない中でテストを始めなければなりませんでした。 さらに、事例Aではテストフェーズを1年と定めていたため、繁忙期が過ぎた後もテスト一方、事例Bではテストフェーズ3ヶ月が過ぎた後、繁忙期を迎えましたが、その後は勝ちパターンを見つけられましたないまま運用することになり、結果、1年で終わりとなってしまいました。

前述した2つの事例を含む数々の経験から、アメリカで成功するためのチェックポイントをまとめてみました。

海外でインターネットを通してその国の市場でモノやサービスを販売しているというのは知っての通り正義、文化や考え方も違う生活スタイルも違う視点層にどうやってアプローチしていくのか、今回記載した「ヒト」モノ」「カネ」の3つのキーとなる課題をまとめた事項に関しても、もっとブレークダウンすべきであると認識しています。

アメリカトランスコスモスに関しても米国、欧州、南米、中国、韓国、ASEAN諸国の皆様とご一緒になって悩み、大変でしたが、日本企業の皆様にお役に立てることがきっとあると信じております。の事業展開をお考えの企業様は、ぜひ一度お問い合わせください。

著者:ケイ・エム

若かりし頃、Jリーグが出来る前にイタリアに渡るサッカー選手を夢見ても落ち着いて商社に入り、貿易のノウハウを得る。その後トランスコスモスで営業となり、暫定、ヘルプデスク、通販業界、製造業界担当経てベトナム法人の立ち上げ、タイでワンストップ電子商取引のサービス運用の立ち上げを経験しその後米国に赴任。

現在、日系営業責任者として多くの日系企業様へサービスを提供しております。

ブログに戻る