アメリカECにおける配送キャリア・サービスの選び方

アメリカECにおける配送キャリア・サービスの選択

アメリカでのECでは商品をお客様にお届けするに当たり、いつかどんな配送キャリア、出荷サービスを選択すべきです。キャリアに寄っていろいろな出荷サービスがあるので、十分理解した上で自分のビジネスに合わせたモデルを選択して頂きたいと思います。

ホワイトペーパー

「UPS」「FedEx」「USPS(郵便局)」3社小包配送サービス比較表と国内配送料計算ツールの使い方を詳しくまとめています。

アメリカの配送キャリア3社

日本約25倍を広大なアメリカ大陸を駆け巡る配送キャリアサービス会社は、主に「UPS」「FedEx」「USPS(郵便局)」3社で、日本で言うところのヤマト運輸や佐川急便、日本郵便に当たる有名な配送業者です。この3社がアメリカの配達を全てカバーしているにもかかわらず過言ではありません。

さて、とりあえずは出荷サービスを選択する検討しながら考えていきたいと思います。

  1. UPSの価格と信頼性
  2. FedExの価格と信頼性
  3. USPSの価格と信頼性
  4. 配送サービスの選び方
  5. 保険の選び方
  6. 配送サービスの種類
  7. アメリカの配送キャリア比較表+国内配送料金計算ツール(ここからDLできます)

UPS小包配送サービス


●価格発送量が多い場合にはUPSは価格交渉に応じるものの、基本料金は競合よりもいくつかの高い設定にあるようです。 ● 信頼性UPSは信頼性が高いことでも信頼があり、荷物には全てトラッキング番号(追跡番号)が発行され、オンラインで常に確認が可能であり、ほぼ予定通りのスケジュールまた、UPSの歴史は古く、1907年に設立され、従業員数も40万人を超える大企業、日本では一時ヤマト運輸と合併し、世界200か国以上と地域で一日あたり1400万個以上の発送を行っており、長年業界トップに君臨しています。

FedEx小包配送サービス

●価格

FedExは翌日配達に長けていることで知られており、UPSやUSPSよりも一般的には低価格設定となっており、さらにアカウント開設時から割引をご用意してございます。

翌日配達だけでも4つの選択があり、予算とスケジュールに合わせて選択する事ができます。

●信頼性

FedExは1971年設立後、書類配達から陸路、航空便、パレットサイズの重量貨物の短期サービスに対応し、UPSと同様に信頼性が高く、またオンラインで追跡の情報も充実しています。

USPS小型宅配サービス

●価格

確かが2さき(約1キロ)以下の場合には、USPSが断然安い、低価格で覚悟したい場合にはUSPS以外に選択肢はないでしょう。 13オンス(約0.4キロ)以下はさらに安いになりますUPS や FedEx は最低重量が1軽い(約0.5キロ)と定められておりますので、1急激より軽くても1急激の料金がかかります。

●信頼性

安さが売りのサービスで、残念ながら信頼せ荷には欠けております。

軽くて縮小しても、お客様の大事で高価なお荷物を出荷する場合にはUSPSは避けましょう。またキャリア間での責任区別が難しいので、カスタマーサービスの対応がない等しく、追跡番号で数日集中している場合は気づかれない可能性が高いと考えて良いでしょう。

配送サービスの選択

安くても早くても、多少意味がありませんので、上記でもご案内したようにUSPSよりも信頼が置けるUPSやFedExをご利用いただくことをまずはお勧めします。

最もが安い商品については、USPSやご案内するSurePost、SmartPostなどのサービスをご利用いただくとコストを抑えられますが、万が一の可能性が高く、配達に何週間もかかることもありませんのでご注意ください。

また、UPSやFedExであっても、人の受取りを気にせずに玄関先や庭に放り込んで配達を完了させるドライバーもいますので、特に高価な荷物は必ず指名を受け取る項目を選択してください。また、集荷するドライバーはほぼ毎度同じですので、丁寧に荷物を読んでくれるドライバーかどうか確認しましょう。

恐れ入りますが、FedEx の規定オプションを下記にご案内いたします。

FedExの設定オプション

  • 間接署名が必要です: アパートの管理者、個人などを含んでいるかの肖像を必要とします。
  • 直接署名が必要です: 配達先の住所に自宅の方からの署名のみを必要とする。
  • 成人の署名が必要です: 21才以上の成人からの署名のみを必要とします。

※詳細はFedEx公式サイトでご確認ください。

アカウント担当者の知識が豊富であることも重要です。 特に海外への発送や危険品の発送などについては、なかなか難しい規定がありますので、しっかりアドバイスをしてくれるアカウントマネジャーがいると思います。

その他、発送ラベルの作成を行うオンラインツールのデメリットの良し悪しを試してみる事をおすすめします。

5.保険の選び方

FedEx、UPSでは、万が一や破損があった場合、発送商品の価値$100まで保証させていただきます。 破損については輸送中に破損が発生したことが確認できないと負担して受け取れませんので、FedExやUPSが確認しに来るまで普通、受け取ったままの状態で保管しておくか、写真を撮る事をお勧めします。尚、SurePostやSmartPostでは価格を極力考えるため、保証や保険はありませんご注意ください。

USPSでは、事故や損傷があった場合も保証はありません。$100の高額商品についてはFedExやUPSから保険を購入することができますが、$100以上の出荷を見る場合であれば別会社から安いで保険を購入することができ、出荷トラフィックが多いほどコストを抑えられます。ご検討に、私が使っているShipsurance社では、かなり良いレートを見積もってくれました。

また、USPSが関わるサービス(SurePost、SmartPost)は直接ミスされる可能性がありますので、私の経験上ですが、商品の原価が$50以上の場合はFedExまたはUPSのGround以上のサービスをご利用されまする事をお勧めします。

配送サービスの種類

広大なでもFedExやUPSには最短翌日朝8時までにお届けしてくれるサービスから、小さな小包向けの格安配送アメリカまで様々な配送サービスがあります。USPSのサービスにはFedExやUPSほどの選択肢はありません。にFedEx小型パケット配送サービスを下記にご案内いたします。

FedEx小型宅配サービス

最初の宿泊:翌営業日午前8時

優先宿泊:翌営業日 10:30am~12pm

標準宿泊:翌営業日 15:00~16:30

FedEx 2日目: 2営業日12:00pm~3:00pm

エクスプレスセーバー: 3営業日~16:30

FedEx Ground: 宛先までの距離に基づく配送

スマートポスト:約2~10営業日

※配送サービスにはそれぞれ・条件が設定されていますので、エリア、詳細はFedEx公式サイトWays to Shipのページでご確認ください。

※FedEx Groundの詳細はFedEx公式サイトFedEx Groundページをご覧ください。

Smart Postとは、郵便ポストに入るほどの小さな小包向けで、集荷はFedExが担当し、途中からUSPSに代わって配達するサービスです。UPSにも同等のサービスがあり、 SurePostとお呼びでございます。 。

Smart Post、SurePostでの配送は、USPSに委託した後もオンラインで追跡確認ができ、GroundServiceよりも格安のため人気をお伺いします。お問い合わせでも、両社で責任のないすり合わせになる事が多く、折角送料を抑えられても、破損を受けたり紛失される事を考えると、高価な商品の発送では考えられません。

UPS小型宅配サービスの詳細はこちら

FedEx小包配送サービスの詳細はこちら

USPS小型宅配サービスの詳細はこちら

アメリカの配送キャリア比較表+国内配送料金計算ツール

実際にECで配送キャリア、出荷サービスを選択する際に便利な「UPS」「FedEx」「USPS(アメリカ郵便局)」3社小型包サービス配送比較表と主流配送料計算ツールのご案内をホワイトペーパーにまとめました。ぜひご活用ください。
※下図をクリックするとダウンロードページが表示されます。


まとめ

米国での出荷をする際は、「箱は損傷を受ける、紛失する」の可能性を念頭に置いたキャリアやサービスを選択すると良いでしょう。 安かろう悪かろうがサービスに現れますので、大切な高価な商品は梱包をしっかりする、保険を掛けること、人の意思を必ず受け取ること。 これらを注意していただければ宜しいかと思います。ただし、繰り返しになりますが、コストを抑えた配送サービスでは見逃しの可能性が高く、配達日数が何週間もかかることもありませんのでご注意ください。


タケノリ.K

長年にわたり、米国に関してPCや周辺機器を中心に、雑貨や食品などのディストリビューションにトラフィックする。 、データの適正性を目標とし、消費者満足度の向上を目指す。 2010年にはIATA危険物資格の受講を終了し、危険物の取り扱いを含め、さらになる取り扱い商品の分野を広げる。


ブログに戻る