CROとSEOはどちらを優先すべきか?両者の特徴や違いについても紹介

CROとSEOはどちらを優先すべきか?それぞれの特徴や違いについても紹介

Eコマースでは、実店舗での販売とは異なる視点でマーケティングを考えていく必要があります。
潜在的な顧客にサイトを訪問・購入してもらうためには、CROという視点を持ち合わせているとよいでしょう。

今回は、Eコマース担当者が押さえておきたいCROの概要や、メリットについて紹介していきます。

クロとは

CROは、マーケティング用語でコンバージョン率の最適化の略です。同様に、入力フォームを顧客が入力しやすいものにしたり、購入までのページ移行がストレスなくできるように改善するなどの対応があります。

CROの妥協を実施することでコンバージョン率を高めるとともに広告費を最大限に活かすことができるでしょう。そのため、ROI(Return On Investment::投資利益率)も高くなっていきます。

SEOとは

対してSEOは、検索エンジン最適化の略です。 日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれています。 主にGoogleの検索エンジンで検索した際に、上位に自社サイトを掲載されるようにする手法のことを考えます。検索結果で上位表示されれば、サイトへの訪問者が増加する可能性も高まるため、結果としてECサイトの収益が向上する可能性があるでしょう。

ただし、SEOは一部検索結果で上位掲載されるために行われます。サイトの構成をGoogle等の検索エンジンに最適なものに整え、キーワードに沿った記事を掲載していることになります。

このような対策として上位表示されたこともありますが、時間が経てば順位が下がる可能性もあります。エンジンがアップデートされる可能性もあるでしょう。

CROとSEOの違い

では、CROとSEOの違いはどのようなところにもあるのでしょうか。

結論から言うと、「最適化の対象の違い」です。CROはメインサイト内での顧客の動きに着目するのに対して、SEOはGoogle等の検索エンジンを対象としています。SEOも結果的には顧客の獲得につながりますが、どちらかといえば顧客よりも検索エンジンを重視した対策です。

優先すべきはCRO

ここまでを読んで、「CROとSEOのどちらを優先したら良いのか。両方はどうしてもできない」という考えをお持ちの方もいるでしょう。事情で一方の対策しかできない場合もあると思います。

その場合には、CRO側を優​​先するのがおすすめです。SEOは対策してから結果が出るまで時間がかかります。 。

一方、CROはコンバージョン最適化のためにサイトを改善していくので、皆様の顧客のコンバージョン率を高めていける可能性があります。そのため、CROとSEOのどちらを選ぶならCROがおすすめです。

まとめ

今回は、CROとSEOについてご紹介させていただきました。
どちらを紹介するのであればCROを優先するのが良いですが、ほとんどは両方の対策を行っています。SEOによりECサイトが上位表示され、CROの間接により変換が最適化されますそうすれば、収益を改善して行くことができるでしょう。

著者:ダイスケ・S

Eコマースソリューション営業
トランスコスモスにおける定額事業運用のバックグラウンドを持ち、現在は日系企業を対象にECによる米国普及を営業の立場から支援。

ブログに戻る