Amazonにおける広告運用指標ACoSの数値を下げるための4つの方法

Amazonにおける広告運用指標ACoSの数値を下げるための4つの方法

Amazonのスポンサープロダクト広告の成績を把握するための数値指標にはACoSがあります。この記事ではACoSに関するものなのかといった内容から、その数値を下げるための4つの方法までを紹介します。

ACoSとは

ACoSとは「広告費売上比率(広告費売上比率)」の略語で、Amazonのスポンサープロダクト広告の成果を捉えるカギとなる数値指標です。その計算式は下記となります。

ACoS=広告支出額÷広告売上額×100

例、Amazonに63ドルのコストで広告を掲載し254ドルの収益をあげた場合にはACoSは次のように計算できます。

ACoS=63÷254×100=24.8(%)

つまり、この例の場合ACoSは24.8(%)です。広告支出額に対して広告売上額が大いに驚くべき広告の運用成績は良いということで、ACoSの数値が小さいほど小さい、広告運用成績が良いと言えます。

このACoSの数値を記録していくことで、広告運用にかかったコストを検討することができ、今後の広告による売上額の収益見通しを立てることができます。はACoSの数値は非常に重要な数値と言えます。

Amazonのスポンサープロダクト広告で目指すべきACoSの数値とは

ACoSの数値が小さいほど小さい、広告運用成績が良いと前述しましたが、これは具体的にどういった数値を目指して広告運用をしていけば良いのではないでしょうか。 、全てのビジネスに共通する目指すべきACoSの数値はありません。目指すべき最適なACoSの数値はビジネス戦略やそのゴールによって異なってきます。ビジネスによっては広告売上額を最大にすることが目標かもしれません一般的なビジネスのAmazonスポンサープロダクト広告におけるACoSの平均的数値は30%程と言われていますが、商品のカテゴリによって平均の数値は大きく異なります。カテゴリごとの平均数値をまとめた表が下記になります。

【カテゴリごとの平均ACOS数値】

表からわかることはACoSの数値の多様性ですが、重要なのは自分自身の運営ビジネスのACoSを把握し、その数値を下げる努力をすることです。出品・広告出稿している商品のACoSの数値が30%であれば、目指すべきACoSの数値はおよそ15~20%になるでしょう。次項から、実際どのようにACoSの数値を下げていけばよいか、その方法論を紹介していきます。

ACoSを下げるための4つの方法

ここからは、ACoSの数値を下げるための4つの方法について一つずつ紹介します。

  1. 効果のあるキーワードに注目する

リスティング広告に掲載するキーワードを最適なものにできれば、より多くの検索ユーザーを引き出すことができ、広告費を削減するきっかけが掴めるでしょう。広告用のキーワードリサーチツールがあります。そういうツールを使うことで効率的にアプローチできる最適なキーワードを見つけることができるでしょう。また、今後ツールを使う以外にも、商品の仕様や特徴をキーワード盛り込むことも有効な対応となります。効果のあるキーワードに注目することで検索ユーザーに興味を持って考えられる可能性が考慮され、今後の増加が見込まれます。

  1. 商品ページを最適化する

顧客が欲しいと思っている情報や商品選択に関して考える情報、その商品ならではの特徴などを商品紹介ページにしっかりと掲載することで、コンバージョン率をアップさせることが可能です。あった場合には、その素材やサイズ、柄模様などの詳細情報やその靴下にしかない特徴を紹介できるとよいでしょう。に納得したお客様はきっと商品を購入させていただきます。

  1. タイトルを最適化する

広告の商品タイトルは商品検索ユーザーが最初に目にするものです。そのため、商品タイトルを工夫することも、その商品に興味を持って伝えようユーザーを引き付けるのに重要な主張となります。例:靴下の商品広告を出していた場合には、その素材やサイズ、柄模様などの情報をしっかりとタイトルへ盛り込むことで、より慎重客が広告をクリックしてくれるようになるでしょう。

  1. 入札額を最適化する

入札額を最適化することもACoSの数値を下げるためには重要です。最適な入札額を考えるには次の計算式が役に立ちます。

見積入札額=(平均注文額×CVR(コンバージョン率))÷(1÷目標のACoS数値)

この計算式から出る見積もり入札額を広告運用指標の一つとして継続利用することで、より良い広告運用結果を出すことができます。

まとめ

この記事で紹介した数値指標ACoSおよび、その数値を下げる方法を使うことでAmazonスポンサー広告の運用成績をアップさせることも可能です。試してみてください。

著者: ゆかり.T

トランスコスモスではカスタマーサポートマネージャーとして、顧客のニーズにあったサービスのご提案、カスタマーサービスの質の向上に取り組んでいます。

ブログに戻る