2020年のAmazon Prime Dayはどう望む?マーケティング戦略を紹介

2020年のAmazon Prime Dayはどう望む?マーケティングを戦略紹介

AmazonプライムデーはAmazon最大のセールです。このセールに向けて戦略を立てようと考えている方も多いと思います。今回は、2020年のAmazonプライムデーの予想とマーケティング戦略をご紹介します。

2020年のAmazonプライムデーは開催時期が遅れる可能性があります

今年のプライムデーがいつ開催されるのか考えてみましょう。 7月15日と16日にプライムデー2019が開催されました。例年であれば、2020年も2019年と同様に7月中旬に開催されると思われるが、今年は状況が異なることに注意が必要だ。それは、依然として社会を混乱させているコロナウイルスの影響だ。

現段階では、主に 2 つの理論があります。

  • 例年通り7月中旬に開催(Business Insiderリーク情報)
  • 早ければ8月中に開催(ロイター情報)

現在の社会情勢を見ると、ロイター通信が言うように8月以降に開催される可能性が高いと言えるだろう。 9月下旬に引っ越しする場合はブラックフライデーに近いためキャンセルとなります。今後の状況次第なので、Amazonのサイトなどを確認しながら正式発表を待つしかないと言えるでしょう。

Amazonプライムデーの5つの効果的な戦略

Amazonプライムデーがいつ開催されるかは不明だが、開催されれば大きな売上が見込めることは間違いない。 2015年の売上高は約9億円だったが、2018年には36億円を超えた。2020年も外出自粛で通販需要が増え続ければ、さらに売上が伸びる可能性がある。ここでは、私たちが効果的だと考える 5 つの戦略を紹介します。

・割引以外の付加価値による差別化

プライムデーでは、セールのために価格を下げて商品の購入を促進することが多いと思います。それが安くなって消費者に興味を持ってもらうことはできます。それと同時にブランドの価値を下げてしまう可能性があることも忘れないでください。など付加価値をつけることで差別化をすることができます。

・プライムデーに向けた積極的なプロモーションの実施

プライムデーに向けたプロモーションが重要です。メールや検索広告、ディスプレイ広告を含めてプロモーション活動を展開していきましょう。商品を発見・購入しやすいような準備を整えることが必要です。 FacebookやInstagramで、あなたの顧客や潜在的な顧客に対して広告を掲載します。プライムデーで商品をすぐに購入して受け取ろう広告で誘導すればよいでしょう。

・送料を無料にする・無料条件を緩くする

プライムデーでは送料無料を期待している消費者も多くいます。 実際には、消費者の79%が購入決定に価格無料が最も重要なオプションだという調査結果があります。出したり、送料無料の条件を常に低めに設定するのがおすすめです。

・Amazonが提供するツールの有効活用

Amazonでは、販売者に向けた様々なツールを提供しています。 それらを活用すると、商品やブランドを魅力的に見せることができるでしょう。そのほか、Amazon A+ コンテンツの機能も変換率を高めるのに有効です。商品より詳細な説明ができることや、商品の比較表を自社で作成できる特典があります。 なお、利用するにはAmazonブランド登録プロセスで承認されるなどの条件があるので注意しましょう。

・予算のダブルチェックをする

今回紹介した戦略を実行するためには、十分な予算の確保が必要になります。て、商品在庫のための資金がなくなったら収益を増やすことにもなりかねません。何度も確認し、プライムデーを最大限活用しましょう。

まとめ

今回は、Amazon Prime Dayの戦略について紹介しました。事前に戦略を立てて準備しておくと、Prime Dayでの収益増加につながります。また、ブランドの認知度が高まるきっかけになる可能性もありますでは細かいですが、「いますぐ購入」のボタンを設置するだけでも購入に接続できる可能性があります。 ぜひ消費者の購入につながる対策にじっくり考えてください。

著者:ダイスケ・S

Eコマースソリューション営業
トランスコスモスにおける定額事業運用のバックグラウンドを持ち、現在は日系企業を対象にECによる米国普及を営業の立場から支援。

ブログに戻る