知っておきたい! 2023年アメリカのマーケティングトレンド5

2023年アメリカのマーケティングトレンド5

新型コロナウイルスの影響が落ち着いている一方、景気は比較的低調となることが予測される2023年。費用対効果の高いマーケティングがこれまで以上に求められるでしょう。

この記事では、最近のアメリカで注目されているマーケティングトレンドをご紹介します。

1. インフルエンサーマーケティングがさらに浸透

2022年に勢いを増したインフルエンサーマーケティングは、今年もさらに発展します。インフルエンサーのファンベースからの注目を集め、ある程度の信頼を得ることができるためです。

ある調査によれば、インフルエンサーマーケティングをすでに実施しているマーケターの89%が、2023年に予算を増額または維持する予定です。 さらに、17%のマーケターがインフルエンサー広告に初めて投資するつもりです。

中でも、インフルエンサーマーケティングを実施しているマーケターのうち56%は、フォロワーが数千から数万人規模の「マイクロインフルエンサー」を利用しています。 、フォロワーとの関係が親密で高い説得力を持っているためです。

2.SNSの重要性が高まる

現代のマーケティング戦略で欠かせないオムニチャンネル。中でも、ソーシャルメディアはさらに重要性を増しています。FacebookやInstagramにはショッピング機能があり、TikTokにも新たにEコマース機能のテストを運用しています。ミレニアル世代とZ世代にとって、SNSは未知の商品を発見、購入するための主なツールとなりつつあります。

また、企業とコミュニケーションをとる方法として、SNSのコメントやダイレクトメッセージを好む顧客が増加しつつあります。そのため、企業のソーシャルメディアアカウントがカスタマーサービス機能を兼務するケースが増えています。

3.マーケティングコンテンツの主役は短い動画

TikTok、Instagram、YouTubeなど、潜在顧客への重要なアピール手段であるSNSと相性がよいためです。アテンション・スパンが短くなっており、情報量の豊富な長い動画と比べても、短い動画はマーケティング効果が高いです。

ある調査によると、2022年にショート動画を利用したマーケターの90%が、今後に予算を増額または維持する予定とのことです。B2CだけでなくB2Bのマーケターにとってもショート動画は重要なツールになります。

4. パーソナライズのためのAI利用が最低限に

2023年には、パーソナライズされたマーケティングの上で重要性がさらにあります。新型コロナウイルスの影響が弱まり、実店舗で買い物を楽しむ人も増える中、顧客は実店舗を含むすべてのチャンネルにおいて継続性のまた、メールマーケティングにおいても、それぞれの顧客のニーズに合ったお買い得情報などを届けることが鍵となります。

ビジョンパーソナライズにはAIを用いたデータ活用が必要です。マーケターのAI活用はさらに浸透する覚悟です。 。

5. 企業の「社会的責任」はさらに重要

特にミレニアル世代とZ世代の顧客にとって、「信頼できる企業か」ということが商品やサービスを選ぶ際の重要な指標となっています。方向性に関してはインクルーシブな企業なのか、透明性の高い企業なのかなどの点で、自分の価値観と合う企業から商品を購入したい傾向が強いです。

現在の傾向は、企業にとってピンチともチャンスになります。社会的責任、倫理観、透明性といった価値を重視し、マーケティングコンテンツとしても発信することがさらに重要になります。

まとめ

2023年は、昨年から引き続き、「顧客中心」がマーケティングトレンドの軸となります。顧客それぞれの好みやニーズを見据え、それに沿ったメッセージを届けることが非常に重要です。気を配るべきことは多いしかし、ポイントを押さえれば、限られた予算の中でも効果の高いマーケティングを賭けることができます。

これではないでのマーケティング知識を考慮し、企業様ごとに最適なマーケティングプランの検討から運用までご提供させていただきます

著者:hitomi.N

IT企業で4年間のプログラマーとしての経験を積み、その後6年間のプロジェクトマネージャー業務を行ってきました。渡米後はEコマースマネージャーとして、日本企業のアメリカ進出を支援しています。収集を行い、最新のデータと洞察をもとに、戦略の最適化や新しいアイデアを考案し、クライアント企業に競争力のあるソリューションを提供しています。

ブログに戻る