新時代の消費者・Z世代の特徴を掴んだマーケティングとは?

新時代の消費者・Z世代の特徴を掴んだマーケティングとは?

新しい消費者として注目されているZ世代(Gen Z)。これまでの世代とは異なる購入行動が必要Z世代には、他世代とは異なるマーケティング戦略が必要です。のか、どんなマーケティング手法が有効なのかをまとめました。

Z世代とは?

Z世代とは、1996年から2010年代の前半までに生まれた人たちです。1400億ドルの購買力を持ち、アメリカの人口の27%を占めるには、将来的に非常に重要な顧客層となり得ますしょう。

Z世代はほぼ生まれた頃からITに触れながらデジタル育った・ネイティブで、TikTokやインスタグラムなどのソーシャルメディアを使いこなします。1時間ごとに自分のアカウントをチェックするほどSNSが生活に浸透しているそのため、皆さんにメッセージを伝えるにはソーシャルメディアの活用が肝心です。

Z世代の大きな特徴は、これまでの世代に比べてソーシャルグッドを重視すること。自分の力で世の中をよくしたいというだけでなく、企業にも世の中をよくする責任があると考える人が多く、物を買うときにも「サポートできるブランドかどうか」を判断基準にします。

Z世代マーケティングの5つのポイント

Z世代に商品やサービスを購入してもらうには、「物を売る」というアプローチだけでは慎重です。Z世代に届くマーケティングのために、以下の5つのポイントを参考にしてください。

ブランドの価値観と使命を打ち出す

Z世代にとって、物を買うことは投票行動のようなもの。考え方や姿勢に共感でき、信頼できる企業をサポートする傾向があります。ダイバーシティやインクルージョン(多様性を認める、受容すること)を重視するなど、ブランドの価値観と使命を獲得し、明確なメッセージとして伝えましょう。

対外的に打ち出す価値観が、企業文化として社内でしっかりと根付いていることも重視します。うわべだけではZ世代をゆっくりできないのです。 、社内の状況を情報開示する透明性、不祥事があった場合や丁寧に説明するアカウンタビリティが重要です。

ブランドの個性を確立する

Z世代の好みはミレニアル世代の好みとは大きく異なります。 ミレニアル世代にはミニマルでスマートなデザインが好まれましたが、Z世代に好評なのは、奇抜なセンスで個性的な、大胆なデザインです。コンテンツでも、イメージでお気軽に出ちゃらけた表現が人気を集めています。無難なクールさよりも、人が目を引く個性的なブランドを目指したいところです。

従来のマーケティングよりも「リアル」を重視

Z世代には伝統的なマーケティング手法が通用しません。ことで訴求力が上がります。アーティスト、思想家、社会活動家など、ブランドの価値を体する現人を採用しましょう。顧客が共感できる価値観や悩みを持っていることがポイントです。

コンテンツは短く、楽しい

大量の情報にさらされることに慣れ、情報の取捨選択能力が高いZ世代。注意力のスパンはなんと8秒だと考えて、この短い時間で注意をひく必要があります。 、Z世代にとってみんなの深いプラットフォームにアップすることが大切です。インスタグラムやフェイスブックなどの「ストーリー」機能は、短い動画を24時間限定でプロフィールに表示することができるので、Z世代への訴えにぴったりです。

また、プラットフォームによってコンテンツのコンテンツを変更する必要があります。インスタグラムでは意欲的に取り組むコンテンツ、フェイスブックでは有益なコンテンツ、そういった利用をすることで、メッセージが必ず届きやすくなります。

コミュニティを育む

Z世代はアメリカで最も「孤独な世代」であり、価値観を共有できるコミュニティを求める傾向があります。 企業は、商品やブランドのファンのコミュニティを形成することで、Z世代の顧客を囲い込むことができます。

コミュニティを作るにはいくつかの方法があります。独自のプラットフォームやネットワークを持つ「リアル」な人物をアンバサダーとして広告に活用し、その人のファンに語り掛ける方法が一つ。感謝を込めて、お客様にメッセージを送ってお祝いしたり、Z世代のフィードバックを商品開発に活用するものは有効です。

まとめ

まだZ世代マーケティングの手法が広く知られていない今は、マーケティング戦略を練り始めるのにぴったりの時期です。Z世代へのマーケティングには難しい面もありますが、彼らの行動原則をよく考えて取り組んでくださいもしあれば、大きな反応を得ることができます。

著者:hitomi.N

IT企業で4年間のプログラマーとしての経験を積み、その後6年間のプロジェクトマネージャー業務を行ってきました。渡米後はEコマースマネージャーとして、日本企業のアメリカ進出を支援しています。収集を行い、最新のデータと洞察をもとに、戦略の最適化や新しいアイデアを考案し、クライアント企業に競争力のあるソリューションを提供しています。

ブログに戻る