トライしたい! ペイドメディアの5つの利点とは?

トライしたい! ペイドメディアの5つの一時とは?

狙ったオーディエンスに最適なタイミングで広告を届けられるスマートさが魅力のペイドメディア。日々複雑化しているためにハードルが高いイメージもあるが、明確な猶予が多い。強みをご紹介します。

ペイドメディアとは?

ペイドメディアは、企業がメディアに料金を払って掲載してもらって広告です。ウェブマーケティングに関しては、Googleなど検索エンジンに広告を掲載するリスティング広告、FacebookやInstagramなどのソーシャルメディアに広告を掲載するSNS広告などがあります。

ペイドメディアの5つの強み

ここでは主にGoogle広告とSNS広告を例にしながらペイドメディアの一時をご紹介します。

 

1.たくさんの人の目にとまる

かつて、Googleのサーチエンジンでは一日に50億回の検索が行われています。また、先日20億人がソーシャルメディアを利用し、利用時間の平均は一日に135分と言われます。これらのメディアをマーケティングに利用しない手はありません。

しかし、これほど誰もが目を細めるメディア上には当然と言っていい情報があり、ブランドからのメッセージが埋もれないようには至難の業です。 SNSでファンを増やすためのブランドアカウントの運用は時間をかけて、十分な効果がない場合もありません。

その点、これらのメディアに広告を掲載すれば、広範囲層へアピールが可能になります。ブランド認知を向上させるにも効果的な方法と言えるでしょう。

2.狙ったオーディエンスに最適のタイミングで届く

ペイドメディアでは、ターゲティングを細かく管理し、ブランドに興味を持ちそうなオーディエンスを選んで広告を見せることができます。

Google広告の場合には、入札するキーワードの選択でオーディエンスやタイミングが変わってきます。 「フリーランスマーケターのための会計士」というキーワードなら、ソフトの数は少ないもの、挑戦するあなたの提供商品を求めている人に広告を見てもらえます。長く具体的な検索ワードを使う傾向があり、広告の効果が上がりやすいです。

SNS広告の場合は、通常のデモグラフィックの他に興味のある趣味や、個性などの要素をもとに広告対象を設定できます。一度自社HPを訪れた人をリターゲティングすることも可能です。

3.低予算でも始められる

ペイドメディアはコストパフォーマンスが優れています。掲載料は主にPPC(ペイ・パー・クリック)方式で計算され、広告効果の分だけ支払うことになります。これにより、ニッチ市場への広告を手頃な価格にします価格で掲載することができます。

Google広告の場合、入札するキーワードによっては高価なものもありますが、一般的には高くありません。また、予算の上限を設定することもできます。

Google広告でありますSNS広告であります、小さな予算でキャンペーンを始め、様子を見ながら予算を調整していくと効果的です。

4. 結果の分析が簡単にできる

ペイドメディアを掲載すると、各メディアの提供する自動分析ツールを使うことができます。クリック数やインプレッションなどの基本的な情報だけでなく、広告をクリックしてくれた人がブランドのHPにどれだけ長く留まり、次にどのページに移動したかなどが詳細にわかります。

キャンペーンの効果を分析して改善に一時したり、潜在顧客の行動パターンを眺めたり、分析ツールはさまざまな用途に役立ちます。

5.キャンペーンの管理が簡単にできる

従来のインバウンド広告では、広告キャンペーンを競うのは大仕事でした。 ただし、ペイドメディアであればスマートなソフトウェアが仕事の大半をこなしてくれます。あるいは中断したり、適正価格で正しいオーディエンスにリーチすることが可能になります。

まとめ

ペイドメディアの効果は、プライバシー法案の変更によって、今後制限される可能性があります。

著者:hitomi.N

IT企業で4年間のプログラマーとしての経験を積み、その後6年間のプロジェクトマネージャー業務を行ってきました。渡米後はEコマースマネージャーとして、日本企業のアメリカ進出を支援しています。収集を行い、最新のデータと洞察をもとに、戦略の最適化や新しいアイデアを考案し、クライアント企業に競争力のあるソリューションを提供しています。

ブログに戻る