コンテンツ戦略とコンテンツマーケティングの違いを解説!

コンテンツ戦略とコンテンツマーケティングの違いを解説!

調査によれば、「コンテンツ戦略」と「コンテンツマーケティング」を正確に使いこなせている企業は10%も満たしていないそうです。今回はその意味が混同されてしまうことも多い「コンテンツ戦略」と「コンテンツマーケティング」その二つの内容や特徴・違いについて解説します。

コンテンツ戦略とは

コンテンツ戦略とはその文字通り、ブログや動画、メルマガなどのコンテンツを使ったマーケティングを行う際に求められるマーケティングの戦略です。
具体的な内容は後述しますが、コンテンツ戦略を練ることで自社が行うべきコンテンツマーケティングを策定できたり、そのコンテンツマーケティングの成果を正しく評価できたりします。

集中野球に有利であれば、コンテンツ戦略なしコンテンツマーケティングを行うことは、何の作戦も無しに試合によくあるものです。勝ってそう考えます。そうして練られた作戦を試合で実行するはずです。

野球にじっくり考えてみましたが、今後はコンテンツマーケティング(試合)の前に戦略(戦略)を練る、これがコンテンツ戦略です。

コンテンツ戦略の具体例

ここではコンテンツ戦略の具体的な内容について解説します。戦略コンテンツを構想するような場合には、具体的に下記のような内容を一つ考えて実施しているとなります。

・目標オーディエンスの決定

・キーワードの選定

・資源調査

・カスタマージャーニー

・作成するコンテンツのタイプを決定する

・コンテンツのライフサイクルを考える

今後各要素を考えて決定した後にコンテンツを作成・実行することで、その効果を何倍にも高めることが可能です。

コンテンツマーケティングとは

ここまではコンテンツ戦略について解説してきましたが、ここからはマーケティングコンテンツについて、その概要や具体的な内容を解説していきます。

コンテンツ戦略を計画するのであれば、コンテンツマーケティングはその計画の実行部分に該当します。
そのため、コンテンツ戦略を練るだけではビジネスが実際に動くことはなく、コンテンツマーケティングがあって初めてビジネスが動き出すのです。
次の項でコンテンツマーケティングの具体的な内容について解説したいと思います。

コンテンツマーケティングの具体例

コンテンツマーケティングの具体的な内容以降と下記のような活動が例として挙げられます。

・自社商品を紹介するブログや動画を作ること

・作成したコンテンツをSNS経由で宣伝すること

・作成したコンテンツのパフォーマンスをレビューすること

・コンテンツの更新や新規の作成を行う

コンテンツ戦略とコンテンツマーケティングの違い

「コンテンツ作成」に関してもコンテンツ戦略とコンテンツマーケティングによって領域が異なります。例えば、誰に向けて(20代など)どのような女性コンテンツ(動画、ブログなど)を作成するか決めるのはコンテンツ戦略の領域ですが、具体的にコンテンツのコンテンツ(ブログ記事のタイトルや内容)を決めるのはコンテンツマーケティングの領域です。

「コンテンツ戦略はコンテンツマーケティングをうまく推進させるための燃料であり、方向性を示す地図。そして、コンテンツマーケティングはその決められた方向に対して進んでいく活動である。」

このイメージを持つことができれば、その二つの違いを見分けられるようになるはずです。

まとめ

コンテンツ戦略とコンテンツマーケティングは言葉が非常に似ており、そのコンテンツが混同されることが多いですが、どちらというならと実行する異なる要素が計画です。コンテンツ戦略を計画・作成し、その作成したコンテンツ戦略にコンテンツマーケティングを実行することで、より効率的に運用できるようになるでしょう。

また当ブログでは、この記事以外にもコンテンツマーケティングに関する記事をまとめていますので、より知識を大切にしたい方はぜひの記事もぜひ参考にしてみてください。

著者: ゆかり.T

トランスコスモスではカスタマーサポートマネージャーとして、顧客のニーズにあったサービスのご提案、カスタマーサービスの質の向上に取り組んでいます。

ブログに戻る