アメリカ Eコマース クーポンコードによる販売促進の仕組み

アメリカEコマースクーポンコードによる販売促進の仕組み

アメリカでは、セールを行う際に、クーポンコードを提供のが主流です。ディスカウントコード、プロモーションコードとも呼ばれています。クーポンコードが効果的に利用されると、販売する数、販売頻度を増やすことがございます可能になります。

アメリカはクーポンコートの使用が消費者に根付いているので、お店のサイトの目立つ場所に記載されていることが多いです。また、様々なクーポンコードが掲載されているクーポンサイトもあるため、ぜひ、検索してみてください。

ご利用方法はとても簡単で、通常は、注文手続きの際にクーポンコードを入力する箇所にコードを入力して「クーポンの適用」をクリックすると割引が適用されます。

買い物客の65%は、クーポンコードによって、購入を決めている。また割引コードを検索している96%の消費者は、アメリカにある各企業外部のクーポンコードサイトを利用しているデータもあります。

では、実際にどのようなクーポンコードを活用すべきか考えてみます。

クーポンコードの種類

様々な割引や、特典がありますが、一般的なものを4つご紹介しましょう。

【パーセンテージベース割引】

【ドル価格割引】

【送料無料】

【無料ギフト】

人気がある割引の一つとしてパーセンテージベースの割引があります。5%、10%の小さい割引や、売上をより増やすための25%割引、また、古い商品や在庫が動いていない商品に対しては、50%以上の割引を利用する場合もあります。

上記に上げた、ドル価格割引とパーセンテージベース割引のどちらを適用するのか決める際には、100の原則があります。これは商品が$100以下なら、パーセンテージベース割引を適用し、それより高い場合は、価格値引きするというものです。心理的にお客様にとって高い割引価値をもたらします。

配送料は、ショッピングカート放棄の大きな検討の一つです。 送料無料を提供することにより、この放棄率を減らし販売数を増やします。

無料ギフトは、お客様へ付加価値を提供するのに最適です。 場合によっては、在庫処理にも利用します。

今回は4種類のクーポンコードをご紹介しましたが、オンラインストアで、クーポンコートを提供することは、販売促進のみでなく、お客様のロイヤルティー向上の武器になります。コードの種類と特徴を知ることは非常に重要です。

販売促進、新規及びリピーター顧客獲得のクーポン活用方法

Eコマースで販売促進、新規顧客の獲得、再購入者の販売促進のためにプロモーションコードの可能性を最大限に伸ばす活用方法について、たくさんある手法の中から、4つご紹介します。

毎週、毎月の定期的な割引

毎週、毎月の割引は昔から使われている手法で、多くの場合、月末や当面の販売目標を長く使われます。

プロモーションコードの場所を明確にする】

誰もが、割引の情報を知りたいと思っています。シンプルにすることで、ポテンシャル顧客にクーポンコードを見つけやすくしてあげられるキーポイントです。

【メールニュースレター登録者への割引】

Eコマースでのメール登録リストは非常に重要です。お客様のメールアドレス登録を除いて、割引を提供します。またメール登録リストは、登録者に特典、割引を定期的に提供します、お客様との良い関係、ロイヤルティーの構築を考えていきます。

【あと一押しの顧客へのアプローチ】

カートに商品を入れたまま、購入をしなかった消費者に、後ほどEメールでクーポンコードを提示すると63%は再購入を検討するというデーターがあります。は次のようなパフォーマンスがいます。 通常の電子メールマーケティングよりも全体的に良いパフォーマンスです。

・メール開封率: 44

・メールクリック率: 11

・コンバージョン率: 30

・購入した消費者の14 が通常より高い購入額

いかがでしょうか。 今回、ご紹介したのは、一部のクーポンコード活用方法です。上記以外にも、様々な方法があります。ぜひ、クーポンコードを上手に活用し、販売数、販売頻度を増やしてくださいて、収益を伸ばす手段としたいものです。

ゆかりさん。 T

トランスコスモスではカスタマーサポートマネージャーとして、顧客のニーズにあったサービスのご提案、カスタマーサービスの質の向上に取り組んでいます。

ブログに戻る