アメリカで注目すべきプロモーション方法

アメリカで注目すべきプロモーション方法

オンラインストアをオープンして、アメリカ向けの商品をオンラインで陳列した後、注目すべきは効果的なプロモーション方法です。モバイルユーザーが急激に増加した現在、検索エンジン以上にSNSや画像共有サービスからのアクセスが増えている傾向も無視できません。 今回は手軽に試して効果が期待できる、アメリカ市場に適しプロモーション方法をご紹介します。

ミレニアル世代には外せないInstagram

顧客ターゲットにミレニアル世代などの若い年齢層が含まれている場合、Instagramはブランド戦略とプロモーションに欠かせない存在となっています。ブランドの認知度を高め、フォロワーを獲得するために、Instagramに広告広告を配信するには、Facebookページを用意して、Instagramで無料のビジネスプロフィールを設定することが必要です。

広告の種類には、写真広告、動画広告、スワイプして複数の写真や動画を表示できる「カルーセル広告」のほか、24時間で消滅するInstagram Storiesに広告を表示する「ストーリーズ広告」があり、企業の「ストーリーズ広告」は、スマートフォンでのフルスクリーンの縦長表示による入力感のある広告表現が特徴です。 9:16の縦長素材以外も利用できるように改善され、出稿のすべての広告はスマートフォンのアプリ内で作成可能で、Facebookの強力な広告ツールを利用できるので、戦略的なアプローチや効果測定にも優れています。

SNSや画像共有サービスをECサイト化する

Facebookでは、Facebookページにショップセクションを追加することでECサイト化することができます。アメリカでは、日本には無い決済機能やカテゴリー分け、注文管理、インサイトなど、Facebookページ上で放映するEコマース機能が確実に提供されています。

FacebookのInstagramでも、ECサイトのゲートウェイとして機能する「Shop Now」が、今年2018年6月から日本で利用可能となり話題になりました。 、InstagramをEコマースの動線とするアプローチは今後大きく注目されそうです。

Instagramと同様の画像共有サービスに、女性に人気のPinterestがあります。コルクボードにお気に入りの写真をピンで留められるように、おしゃれな写真や動画、商品などをコレクションできるビジュアルなサイトです。 、商品や気になるアイテムのショッピングリストとして利用するユーザーも多く、2017年9月には月間アクティブユーザー数が2億人を突破しています。

企業側は販売促進したい製品を、価格・在庫状況・購入先などの情報とともに消費者に紹介することができます。アメリカでは、「Buyable Pins」というショッピング機能が提供されており、Pinterestを自社のEコマースと完全に連動させることも可能。 特に、女性を対象とした販売促進に効果が期待できます。

Facebook広告の高さナターゲティング

Facebookでは、自社のECサイトの顧客や訪問者を対象にした広告展開が可能です。電話番号やメールアドレスが含まれた顧客リストをアップロードすることで、自動的にFacebookを利用している顧客を見つけ出します。既存の顧客やページのファンと類似利用者を対象にすることもできます。自社の顧客情報は暗号化されるので、Facebook と第三者が知る全面処理されるので安心です。

Facebookのターゲティング機能を使えば、ECサイトの顧客への継続的なアプローチから潜在顧客の発掘まで、目的に応じたプロモーションが実現します。Instagramとの連動もスムーズで、効果を測定しながら費用を柔軟に調整できる点も大きなメリットと言えます。

EコマースのSNSチャネルに注目

InstagramやFacebookといったSNSを、Eコマースの動線化してショップ化できる時代になりました。 ブランドの認知度、顧客フォローやロイヤルティ獲得に非常に加えて、SNSに直接的な普及チャネルが注目されているのが魅力です従来のリスティングやディスプレイ広告ではリーチが難しかったですが、モバイルカスタマーへの効果的なプロモーション方法としても注目されています。

参照元: www.shopify.com


著者:マサコ。 S

米国の大学でマーケティングを専攻。現在はトランスコスモスアメリカにて、EC・事業開発/チャットボット担当。米国EC業界の動向調査・最新ツールの導入に、熱心に取り組んでいます。


ブログに戻る