返品大国アメリカ Eコマース 商品返品事情について

返品大国アメリカ Eコマース商品返品事情について

アメリカの返品条件(返品ポリシー)の違い

オンラインで購入した商品が届いた後、異なるサイズ、または色を注文して忘れたことや、写真のイメージと違った商品だったなどの経験はありませんか?日本では、商品を返品する場合、お客様都合の良い返品は受け付けていない、または受け付けていても送料はお客様負担が一般的です。 ただしアメリカでは、無料返品・交換(Free Return & Exchange)のキャッチフレーズをよく目にします。で返品・交換のみ万が一、返品送料会社負担を提供し、お客様のご負担なく、返品できるサービスもございます。 また、返品・交換期間内であれば、開封後の商品でも返品できる場合もあります。

通常、アメリカでは、返品ポリシー (返品ポリシー) の修正に、返品・交換の条件、期間の詳細があります。

今回は、オンライン消費者が返品する際に重要視する要素、併せてオンラインでの返品・交換ポリシー(リターンポリシー)アメリカの記載のヒントをご紹介します。

消費者に嬉しい返品方法

商品購入後、商品が恐ろしくなく、返品することになった場合、実際の消費者はどのような点を恐れているのでよろしくお願いします。UPSによると、オンライン消費者の3割は、返品の際の送料が大きな問題だと言っています。

実際には、消費者が経験して満足した返品方法をご紹介させていただきます。

【返品の際の送料が無料】

【面倒な返品ポリシー】

【簡単に返品ラベルが印刷可能】

【返済処理が迅速に行われる】

【返品ラベルが同梱されている】

上記から分かるように、アメリカでは返品送料が無料だけでなく、お届けされる商品と一緒に返品用のラベルが同梱されている、返品用のラベルがサイト上で簡単に印刷できるサービスも好あります。

返品・交換条件(返品ポリシー)記載が重要なわけ

次に、返品ポリシーの重要性と記載方法のヒントを紹介します。

アンケート調査によると、アメリカ人オンライン消費者の63%は購入前に、リターンポリシーを確認しており、また48%の消費者は面倒なリターンポリシーの店で購入するとあります。際の返品ポリシーの記載内容は、非常に重要な要素だと言えます。を失ってしまうのです。

では、Eコマースセールスに役立つリターンポリシー作成のヒントを見てみましょう。

【無料返品対応】

【十分な返品・交換期間を設けております】

【すぐに目を向ける箇所にリターンポリシーを配置】

【やす言葉で説明】

【競合の真似をしない】

【質の良いカスタマーサービスの提供】

リターンポリシーをウェブサイトの見つけやすい箇所に構成すること、内容を踏まえて、明確に説明するという方針は、自社の商品とサービスの提供に自信があることでもあります。

直感、消費者が求めている価値と商品が一致せず、商品に満足して得られなかった場合でも、良い返品・交換サービスの提供により、スムーズに受け取ることもできるのです。

また、1パターンの返品ポリシーがすべての商品、サービスにフィットすることはありません。 競合の返品ポリシーをコピーして記載するのではなく、自社の目標層や、ビジネスに適した個性的であり、楽しく書き込めますリターンポリシーページの作成もポイントです。

リターンポリシーはマーケティングツールである

アメリカでは、返品・交換が簡単にできる、負担がかからないことは、購入者にとって商品を購入する際に重要な点であると伝えましたが、60%のオンライン消費者が、年間に最低でも1回以上は返品・交換を利用し、その内、ポジティブな返品や変更の経験をした95%は、再購入をしているというデータもあります。

この数字を見て、返品ポリシーは、マーケティング手段というより過言ではないでしょう。アメリカでEコマースを開始する場合は、返品・交換のルールを決めるのは今後の販売のキーポイントになるでしょう。

参照元: OnlineShopper の UPS Pulse

eコマース返品ポリシーテンプレート


ゆかりさん。 T

トランスコスモスではカスタマーサポートマネージャーとして、顧客のニーズにあったサービスのご提案、カスタマーサービスの質の向上に取り組んでいます。


ブログに戻る