新型コロナウイルスはEコマースにどのような影響を与えているか

新型コロナウイルスはEコマースにどのような影響を与えるかを判断

新型コロナウイルスの世界の流行は、人々の購買行動に大きな影響を与えています。もちろんEコマースも例外ではありません。状況の変化に伴い、オンラインでの購入の状況もまた大きく変化しています。状況を把握し、対応することが企業やブランドの継続の鍵を握っています。

新型コロナウイルスに対する購入者の反応

新型コロナウイルスの流行が世界的に広がり、都市封鎖などの政策を考える都市がさらに広がり、人々の購買行動は劇的に変化しています。マスクや食料品を買い込む「パニック買い」は、あまりにまた、将来の不安が不確かなことに対して、購入者の心理的な防衛策だと考えます。

新型コロナウイルスの影響による購入行動の変化には、世代やミレニアル世代と呼ばれる若い世代では、より上の世代に比べて消費を控えるなど購入行動の変化も大きくなったまた、男性と女性を比較すると、男性の方が新型コロナウイルスに対応して消費額を減らしており、実店舗での買い物を優先傾向も強いようです。

Eコマースの収益はどう変化しているか

新型コロナウイスル対策のための都市封鎖や外出禁止令によって、実店舗での売上は当然ながら大幅にダウンしています。では、オンラインでの売上は勝負か。での売上は10〜30%上昇しています。 ただし、すべてのジャンルで売上が伸びているわけではありません。

食料品のEコマースでの売上は、3月の第2週に急上昇しています。地元のスーパーマーケットや食料品店で手に入らない商品が急増しています。

その他のジャンルでは、食品に比べて変化は穏やかですが、業界によって売上の増加に大きな違いがあります。

また、各種のサブスクリプション・サービスも、収益、コンバージョン率ともに大幅に上昇しています。

影響を受けているカテゴリーは?

新型コロナウイルスの影響を特に大きく受けているEコマースのジャンルは以下のとおりです。

●健康関連商品マスクやハンドサニタイザー、医薬品など健康管理や安全のための商品は、売上が大幅に上昇しています。
●保存のきく食品長期の自宅隔離に備えて、長期保存向けの牛乳やオートミルク、乾燥豆、フルーツを使ったスナックなどの売上が大幅に上昇しています。
●その他の食品、飲料全般備蓄向けの食品に加え、食品や飲料全般の売上も上がっています。デリバリーやBOPIS(オンラインで注文して店舗で商品を受け取る)など、混み合った店舗での滞在を避けられる購入形態が人気です。
●ストリーミング・サービス自宅での滞在時間が大幅に増え、NetflixやHuluなどのストリーミングサービスの収益は増加しています。映画スタジオなどのストリーミングへの新規参入も見られます。
●ラグジュアリー商品 ラグジュアリー・ブランドの商品は、アジア市場への依存もあり、新型コロナウイルスの影響で売上が減少しているジャンルの代表格です。
● ファッション、アパレル アパレル業界は、都市封鎖などの影響で多くの店舗を閉鎖し、売上が減少しています。オンラインでの売上も20%ほどの減少です。

価格の変更について

2020年3月にアドビAdobe(アドビ)が発表した「DEI(デジタル・エコノミー・インデックス)」の​​データによると、アパレルなどのジャンルで商品価格は大幅に下落ししかし、比較的価格の安定している食品などの売上が大きいため、Eコマース全体での価格は安定しています。また、新型コロナウイルスの影響で航空券の価格が変動していることまた、オンラインでの商品価格のインフレーションを中心に一役買っています。

まとめ

新型コロナウイルスの影響で、社会全体の流動性が非常に注目されています。先の予測が困難な状況ですが、それに関して自身の顧客の反応を一番よく知ることができるのは、あなたです。今、この状況で自社のEコマースの動向に十分な注意を払って、不安を抱いた顧客のニーズを十分に満たすことができれば、今後もあなたのブランドの忠実な支持を増やすことができるでしょう。

著者:hitomi.N

IT企業で4年間のプログラマーとしての経験を積み、その後6年間のプロジェクトマネージャー業務を行ってきました。渡米後はEコマースマネージャーとして、日本企業のアメリカ進出を支援しています。収集を行い、最新のデータと洞察をもとに、戦略の最適化や新しいアイデアを考案し、クライアント企業に競争力のあるソリューションを提供しています。

ブログに戻る