AmazonのTransparencyプログラムとは

Amazonの透明性プログラムとは

<div class="ブログ">
<p>Amazonではさまざまな商品が販売されていますが、メーカーから直接仕入れた商品に加えて、サードパーティー販売業者が販売している商品があります。そのため、セキュリティ品などのトラブルが起きてしまう可能性があります性もゼロとはいえません。 今回は、Amazon で自社ブランドを守るための取り組みである「Amazon Transparency Program」について紹介します。</p>
<p><span id="more-8295"></span></p>
<h2><strong>透明性プログラム</strong><strong>とは</strong></h2>
<p> まず、透明性プログラムについて簡単に説明していきます。Amazon の透明性プログラムは、商品をシリアライゼーションするサービスで、その商品がブランドの本物の商品だと識別するために使用されます。には、商品をサービスに登録すると「透明性コード」という独自のコードが付与され、このコードを段ボールに貼り付けておくことで、本物の商品だということが証明されることになります。 p>
<p>さらに、Amazonから発送するときにこのコードが付かないものは発送されないように、懸案品が消費者のもとに届くのを防ぐことができます。また、消費者もコードを読み込むことで商品が本物かどうかを気にすることもできるのです。</p>
<p>このような仕組みは、Amazonで販路を開拓しつつも自社ブランドを守りたい場合には非常に有利と考えます。</p>
<h3><strong>透明性プログラムがなぜ必要なのか</strong></h3>
<p>ではなぜ透明性プログラムが必要なのでお願いします。それは、Amazon の販売の仕組みに関係があります。</p>
<p>それでも説明したように、Amazonにはサードパーティー販売業者が販売した商品とメーカーから直接仕入れた商品がたくさんあります。この販売方法は、ファーストセール・ドクトリン(初売り主義)のおかげでうまく機能していることがほとんどです。ファーストセール・ドクトリンは、第三者が購入したもののうち、商標や著作権のあるものを罰則なしで販売できることを認めるものです。</p>
<p>Amazonのような販売方法は、他のeコマースでも活用されていますが、この方法は高額品が販売されてしまうような問題が発生します。特にAmazonはSKU(Stock Keeping Unit)が多いですそのため、品目を監視することが難しくなっておりますので、一部のメーカーが純正品の安価なコピーを製造・販売している現状があります。この問題を解決すべくAmazonは、透明性プログラムをはじめますた。</p>
<div align="center"></div>
<h2><strong>透明性プログラム</strong><strong>に登録するための条件</strong></h2>
<p>では、透明性プログラムに参加したい場合にはどのような条件を満たしても良いのでお願いします。必ず満たさなければならないのは以下の 3 点です。</p>
<ul>
<li>商標登録されていること(主登録)</li>
<li>UPCコードやGTINコードの取得</li>
<li>Amazon Transparency プログラムの仕様を満たすステッカーの添付および梱包</li>
</ul>
<p>※UPCコード=アメリカ等で使用されている商品の識別コード。JANコード相当。<br>
※GTINコード=国際標準となる商品の識別コード。</p>
<p>また、販売店自体は以下の3点が必要となります。</p>
<ul>
<li>Amazonブランドレジストリへの登録</li>
<li>Amazon Transparency プログラムへの登録</li>
<li>品質管理およびその他の要求条件を満たすこと</li>
</ul>
<p>ブランドによっては、すでに商標登録されている商品をUPCコードで販売している場合もあるでしょう。その場合には、簡単に透明性プログラムに参加できます。</p>
<p>はじめる準備が高いと感じられるかもしれませんが、条件を満たしている保証品の販売を防ぐことができるので、消費者にも安心感を持って受け取っていただければ幸いです。</p>
<h3>まとめ</h3>
<p> 今回は、Amazon の透明性プログラムを紹介しました。ブランドの価値や信頼性を高めるためにも、導入を検討してみてはいかがでしょうか。</p>


<p><span data-sheets-value="{"1":2,"2":&quot;著者: Ami.Tnn日本の大学を卒業後に渡米し、あらゆるデジタルマーケティングの経験を受講。はトランスコスモスアメリカでEコマース事業に取り組み、いつもアメリカの最新Eコマース事情やデジタルマーケティング、市場動向にアンテナを張り、新しいアプローチを積極的に試みています。" data-sheets-userformat ="{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}">著者:daisu.S</span></p>
<p>Eコマースソリューション営業<br>
トランスコスモスにおける定額事業運用のバックグラウンドを持ち、現在は日系企業を対象にECによる米国普及を営業の立場から支援。

</div>
ブログに戻る