父の日&卒業生向けギフトで売上げアップする秘訣

父の日&卒業生向けギフトで売上げアップする秘訣

夏休みのギフト需要をお見逃しなく!

米国では夏休みシーズンはECにとって絶好のチャンスだ。晩春から夏にかけての卒業シーズン、6月の父の日。夏ギフトはクリスマスギフトに比べて贈る人の数が少ないため、選ぶのに時間がかかりやすく、直前になって購入する傾向があります。この特徴を活かしてネット通販の売上を伸ばし、新規顧客を増やしていきましょう。

的確なプロモーションと配信でより多くのファンを獲得

父の日や卒業生へのプレゼントは買い忘れがちです。タイミング良く購入トリガーを作れるよう宣伝していきましょう。直前に割引や送料無料キャンペーンを実施し、ピッタリの商品をピックアップしてメールで知らせるのが効果的です。品揃えが豊富な商品をおすすめします。在庫切れによる納期の遅れは、お客様に悪い印象を与える可能性があります。

注文の急増に対応するには、倉庫内の配置をカスタマイズすることも重要です。人気のある商品は梱包エリアの近くに置きます。予想外の出荷増加に対応できる財務的および技術的能力を準備してください。

ギフトシーズンは通常よりも配送に時間がかかるため、いつ配送されるのかを顧客に正確に伝えるようにしてください。

父の日キャンペーンに関する注意事項

父の日の重要性は年々高まっています。米国と英国では男性の 77% 以上が父の日を祝っており、ギフトを購入する人の約 3 分の 1 がオンラインでの購入を検討しています。ギフトに費やされる金額も増加しており、2017年の米国でのギフト購入額は150億ドルでした。 2006年の2倍となっている。プレゼントを購入するのは女性が多く、購入金額は男性の1.5倍以上となっている。 28%の女性が父の日に父親にプレゼントを購入します。

父の日ギフトとして一番人気なのは、本人のお気に入りの店やブランドのギフトカード(22億ドル)、服飾品(22億ドル)です。 次に、電化製品(18億ドル)やシェービングキットや庭仕事の道具など趣味的なもの(89億ドル)、メッセージカード(89億ドル)です。

父の日キャンペーンを成功させるために、ぜひ抑えたいポイントを5つ紹介します。

  1. ポップアップでリマインド

父の日は母の日に比べて忘れられがち。前もって自社サイトでポップアップ広告が出るように設定し、おすすめギフトのページを訪問してゲットしましょう。

  1. 再購入をお知らせメールを

商品のニュースレターはもちろん、以前のギフトをお父さんが喜んでくれたかどうかメールで質問したり、類似商品おすすめを付けたりするのも効果的です。

  1. 顧客利益分析が最も重要

一言に「父」も、運動好きな父親、芸術的な父親、手仕事好き、スポーツ好き、冒険好きなど、個性は様々。ましょう。

  1. おしゃれなメールテンプレを使おう

父の日キャンペーンをお知らせするメールには、かっこよくて遊び心のある、レスポンシブなテンプレートを使いましょう。無料テンプレートはネット上で手に入ります。

  1. 思わず開いたメールタイトルを

タイトルはキャンペーンメールを開いてもらえる最大のポイントです。 お客様の名前を聞いて、好みに合わせた内容をタイトルに盛り込みましょう。たりするのも効果的です。

卒業生向けギフトで売上アップするコツ

卒業生のギフト市場は、毎年50億ドルほど。購入者の大半は卒業生の両親に当たる43〜55歳の層で、購入金額も高いです。若い層向けの兄弟や友人がギフトを買う場合もあり、金額は安くて個性的な商品が人気です。

卒業ギフトの一番人気は、不動の現金。 あと、ギフトカード(32%)、服飾品(14%)、電化製品(10%)もよく買われています。 ギフトカードの販売は、「40ドル」服飾品の場合は、お祝いの場に着ていく服や、新生活に備えるための服が主流。電化製品は、最新のスマホその他、レストランや旅行など、様々な業界にチャンスがあります。自社のための顧客の特性を分析し、結局な商品をおすすめするのがキャンペーン成功のカギです。

卒業生ギフトは、45%がモバイルで購入されているという特徴があります。そのため、モバイルフレンドリーなサイトやアプリの準備を万端に向けて行うことが重要です。カスタマージャーニー分析で自社サイトやアプリの弱点をまた、多くの顧客がオンラインで調査して実店舗で購入する、という行動をとっているため、スムーズに対応できるかどうかが重要です。

まとめ

夏のギフトシーズンは配送も混み合い、スムーズに商品を届けるのは大変です。しかし、新規顧客を掴み、売上アップにつながるチャンスです。魅力的なプロモーションを計画してしっかりと実行しましょう!

著者:hitomi.N

IT企業で4年間のプログラマーとしての経験を積み、その後6年間のプロジェクトマネージャー業務を行ってきました。渡米後はEコマースマネージャーとして、日本企業のアメリカ進出を支援しています。収集を行い、最新のデータと洞察をもとに、戦略の最適化や新しいアイデアを考案し、クライアント企業に競争力のあるソリューションを提供しています。

ブログに戻る