新型コロナウイルスでECはこう変わる!? ECは新型コロナウイルスで躍進する

新型コロナウイルスでECはこう変わる!? ECは新型コロナウイルスで躍進する

新型コロナウイルスは世界中で経済活動を滞らせていますが、ECはその例外といえます。アメリカではオンライン販売の成長が継続、ショッピングの利便性を高め企業努力も加速しています。ECを戦略の中心に据えて事業を最適化していくことが、今後はそう重要になります。そのためにも、まずはマーケットで起きているのか、状況の把握から始めましょう。

コロナ禍で、EC市場に起きているのか

新型コロナウイルスによる自宅隔離で影響を受けたアメリカは3億600万人のぼり、オンラインショッピングの需要は大幅に伸びています。年4月中旬の時点で68%。 ホリデーシーズンで必要の多い1月初旬の見込み成長率49%よりもさらに大きくなっています。

注文数と売上が3桁単位で増加したため、オンライン小売業のサプライチェーンや受注管理、在庫補充システムなどは厳しい状況に耐えます。 )上げるために企業の多大なエネルギーが注がれているのは嬉しいことです。

ECの重要性は自宅隔離後も継続

オンラインでの経済活動は、今新しい国々の新型コロナウイルス対策強化が重要な柱となっています。事の影響は続きます。 せめてワクチンが手に入るまでは、多くの顧客がオンラインで買い物を続けることを選びましょう。 2020年4月に行われた調査によれば、顧客の24%今後6ヶ月以上は実店舗やモールで買い物をしたくないと答えました。

安全で時間の節約にもなるオンラインショッピングは、今までになく顧客の心をつかんでおり、この傾向は長く続きます。EC企業にとっては、新たな顧客体験をサイトやモバイル上で提供していく絶好の機会にお話します。

成功の鍵は、よりスムーズな買い物体験にあり

この波に乗るために重要なのは、消費者に安全と快適を同時に提供する仕組みづくりです。 VIP顧客は新規顧客よりも少ない認証ステップで買い物ができるようにするなど、安全性を確保しつつショッピング中を摩擦を軽減する応用的なアプローチが必要なのです。

オンラインショッピングをより安全かつスムーズにするための最新アプローチとして、AIと機械学習を活用した仕組みもあります。さらに、リピーター顧客が以前とは違う場所やデバイスからログインできても、適切に認識できます。即座にアクセス拒否せずに適切なログイン反応を返すことで、顧客体験を向上させ、より忠実な顧客になってもらえることができるのです。

各国政府のEC推進の動きにも注目

EC市場の拡大や成長のためには各企業の努力が必要ではありませんが、新型コロナウイルスの流行が続く中、各国政府の役割も重要です。政府は環境整備を行い、EC促進のために何をするのかができますか?。ポイントは3点あります。

企業や各家庭の、デジタル・エコノミーへのアクセスを簡単に実現

各国政府は、オンライン・サービスに関する各種の規制を調整したり、緩和したりする必要があります。また、各家庭のインターネット環境を整える手助けも重要です。インターネット・プロバイダがパンデミック中に特別なサービスパッケージを提供するなどの動きを、政府はサポートできます。

2. ECの安全性を確保する

ECやデリバリーを選ぶ企業がウイルスを拡散させず、操業上の安全基準が必要です。また、政府は銀行などと協力し、より多くの人が安全なコンタクトレス支払いを選択できるようサポートすることができます。

3. ECの操業継続をサポートする

各国政府は、ECやデリバリーサービスの従業員を最前線の作業員として指定し、国民が必要なヘルスケアに優先的にアクセスできるよう、取り計らうことができます。の郵便サービスなど、輸送インフラを守ることも重要です。

まとめ

EC需要が急増している現在、企業も政府もこの大きな変化に対応しようとしています。顧客もかつてないほどオンライン・ショッピングを好んでおり、これからがECの未来を変えるポイントと考えます。新型コロナウイルスが小売業の状況をどう変えていくか、注目して大きなビジネスチャンスを掴んでください。

著者:hitomi.N

IT企業で4年間のプログラマーとしての経験を積み、その後6年間のプロジェクトマネージャー業務を行ってきました。渡米後はEコマースマネージャーとして、日本企業のアメリカ進出を支援しています。収集を行い、最新のデータと洞察をもとに、戦略の最適化や新しいアイデアを考案し、クライアント企業に競争力のあるソリューションを提供しています。

ブログに戻る