【アメリカEC】ターゲットを狙い撃ち!マーケティング カレンダー

【アメリカEC】目標を賭けて!マーケティングカレンダー

小売業を成功させるための『戦略セール』。そんなセールは世間のイベント事に合わせて行うのが一般的でしょう。しかし、イベントはもちろん日本とアメリカでは大きく変わってきます。今回は『アメリカマーケティング』カレンダー』と称して、セールを行いやすいイベントをピックアップしてみました(2019年版)。 ぜひ、このカレンダー-を参考に、年間の販売戦略を立ててみてください。

アメリカでは2・5・10・11・12月にイベントが多い

セールを行うにあたって重要なイベント事は、アメリカでは年末の11・12月をはじめ、2・5・10月が特に多くなっています。そんなアメリカの主要なイベント(特にセールを行いやすい日)2019年版をご紹介していきましょう。

・1月

1日元旦→日本と同じく年始セールを行います。 当然のブラックフライデーやクリスマスの在庫セールもいいのではないのでよろしくお願いします。

・2月

3日スーパーボウル(米アメリカンフットボールリーグNFLの決勝戦。基本2月の最初の日曜日に行われる)→今後が大いに注目するNFLの決勝戦。アメフトグッズはもちろんのこと、ハーフタイムショーに出演する豪華アーティスト関連グッズや、スポーツ観戦に必要な飲食物や、テレビ観戦時の家用グッズなどもストリーミング目。

14日バレンタインデー→日本と同じ日に行われるバレンタインズデー。日本との違いは、男性が女性に対してプレゼントを贈るということ。

18日大統領の日→その年の2月の第3月曜日が該当し、2019年は18日相当。学校や公的機関がお休みとなります。旅行などにかける人が多いので、旅行関連グッズがあまり売れないかもしれません。

・3月

17日セント・パトリックス・デー→セントパトリックス・デーはアイルランドの記念日ですが、アメリカでも多くの場所でお祝いされます。三つ葉のクローバーや『緑』関連のグッズが多く売れます。

・5月

5日Cinco de Mayo (シンコ・デ・マヨ) →メキシコがフランス軍を破った記念日として祝われる日。メキシカンフードなど、メキシコ人向けのセールを行ってもよいでしょう。

12日母の日→日本でもおなじみの『母の日』。 アメリカではカーネーションではなく、バラを贈ることが多いようです。 ジュエリーや化粧品など女性アパレル関連ブランドはこの時期向けてギフトセットや勝負プロモーションことも多く見られます。

28日戦没将兵追悼記念日→洋服も含め、夏物やスポーツ用品、アウトドア用品、夏に向けてアクティブ用品が動き出す時期。

・6月

16日父の日→時計やガジェットなど男性が喜ぶものが売りとなります。

・7月

4日独立記念日→各地で花火が盛大に挙げられる、アメリカの独立記念日。個人で花火を打ち上げる方も多く、ずっとで感謝祭やクリスマスと並ぶほどの祝賀ムードに。多い。

・8月-9月上旬

Back-to-School Sale →新学期の準備のために、学生向けの文具、ユニフォームや日用品セールがある時期です。この時期にラップトップや電化製品のセールも実施されます。

・9月

2日レイバーデー→夏の終わりと認識される日でもあり、大セールを行います。

・10月

31日ハロウィン→テレビ日本でも異常な盛り上がりを見せている『ハロウィーン』。コスプレ商品、飾り付け、お菓子など色々な商品が売れるでしょう。

・11月

28日感謝祭→感謝祭として、日本のお正月のような雰囲気がある。 アメリカ人は実家に帰り、家族でディナー予定のことが多い。家族団らんで景品が売れる気配。

29日ブラックフライデー→サンクスギビングの次の日(金曜日)に、夜中から多くのお店でセールを行う。 。

・12月

2日サイバーマンデー→Eコマース事業において『セール本番の日』、テレビ日本でもAmazonが行う有名となっている『サイバーマンデー』。アメリカではAmazonに負けず、オンラインショップを持つ多くの小売業でオンライン限定のセールが実施される。ブラックフライデーの躊躇を嫌う消費者も増えているので、サイバーマンデーは特に重要です。

25日クリスマス→言わずと寂しいクリスマス。多くのアメリカ人が、家族や友人用のプレゼントを買い漁る。

海外の記念日にも目を向けよう

さきほどのマーケティングカレンダーでもいくつか紹介していますが、多国籍の方が暮らすアメリカでは「アメリカ以外の祝日」も盛大に祝うことがあります。アメリカでのイベントに備えには、アメリカ国籍以外の方にもマーケティングを行う必要があります。 ぜひ、海外の記念日や習慣にも目を向けて、マーケティングを行って見てください。

出所:マーケティング カレンダーを計画するための 2019 年の米国と世界の祝日
マーケティング カレンダー 2019


著者:マサコ。 S

米国の大学でマーケティングを専攻。現在はトランスコスモスアメリカにて、EC・事業開発/チャットボット担当。米国EC業界の動向調査・最新ツールの導入に、熱心に取り組んでいます。


ブログに戻る