これからのEC企業に必須!ビジネスを「エコ化」するには?

これからのEC企業に必須!ビジネスを「エコ化」するには?

ここ数年でますます大きな関心呼びかけるようになった環境問題。 消費者は、企業が環境に配慮してビジネスを行うことを期待しています。 Eコマースの世界でエコ・フレンドリーの重要性は高まる方です。この記事では、事業をよりサステナブルに変える重要性とその方法を紹介します。  

Eコマース企業の エコ・フレンドリー化とは?

Eコマース市場の世界的な急成長が続く中、梱包などの配送Eコマース特有の要素が地球環境に大きな悪影響を懸念しています。増加は、2030年までに炭素排出量を30%増加させることです。 

そのため、 EC企業の「エコ・フレンドリー化」の重要性がございます。自社のビジネス活動が環境に与える影響を考慮し、悪影響を最小限にするために商品や運営をよりサステナブルでエコ・フレンドリーなものにしていくことが大切なのです。 

EC企業がエコ・フレンドリー化を始めるべき理由

エコ・フレンドリー化には経費がかかりますし、他に仕事がたくさんある中で優先順位が低いと思われるかもしれません。しかし、消費者は、企業がサステナビリティを重視しているかどうかを商品購入しますその際判断要素の一つにしています。 

ある調査によれば、北米とカナダの消費者のうち70%が、ブランドのサステナビリティが重要だと考えています。68%の消費者が、企業の意識環境が高いことを知るとロイヤルカスタマーになりますたになります、答えました。 「正しい」だけでなく、競争に差をつける賢いビジネス上の判断だ。 

エコ・フレンドリーためにできる5つのこと

エコ・フレンドリー化を見据えて、いきなりサプライチェーン全体を変える必要はありません。業績を悪化させず環境への悪影響を最小限にするためにできるアクションを5つ紹介ます  

1 .梱包材を変える

環境に対する悪影響の大きい使い捨てプラスチックを極力排除し、リサイクル可能な材料や再生された材料を使いましょう。発泡スチロール製の詰め物の代わりに生分解性の詰め物を使ってもよい方法です。 

エコ・フレンドリーな梱包材は比較的高価ですが、ある調査によれば消費者の70%は環境に優しい梱包材のためにお金がかかってもよいと考えています。調査では回答者の52%は「企業がどんな梱包材を選んでいるのか」が購入の判断に影響すると答えました。・エコリーな梱包材を変えることには大きな意味があります。 

 

.配送のカーボン・オフセット(炭素排出量を相殺)

Eコマースに配送に伴うは環境に大きな悪影響を与えます。万が一可能であれば、配送距離を確保できるように複数の倉庫に在庫を配置しましょう。返品による炭素排出量を減らすために、オペレーションを自動化しますして配送ミスを防ぐことも効果的です。 

削減できない炭素排出量に関しては、カーボン・オフセットを行います。 EcoCartなどのツールを使うと、配送によるカーボン・フットプリントをオーダーごとに計算し、その分を認定された環境保護団体に寄付することでこの費用は通常、支払い金額の1 〜2%になることが多く、企業が支払うことも、顧客に支払う選択肢を示すこともできます。 Shopify(ECサイト構築プラットフォーム)もカーボン・オフセットのオプションを提供しています。 

 

.商品の素材をサステナブルなものに

商品製造に置く材料をサステナブルなものに変更しましょう。 オーガニック素材は健康によく、環境にも優しいため、エコ意識の高い消費者を引きつけることができます。にしましょう。 

 

.エネルギー監査で改善点を発見

アメリカのほとんどの州では公的なエネルギー監査が提供されています。監査を受けることで、エネルギー効率改善の機会が自社のどこにあるかを調べ、炭素・フットプリントを計算することができます。 

 

.サステナビリティに関する方針をホームページに載せる

サステナビリティについての誓約をホームページに掲載して、環境問題への意識が顧客に伝わりますように。環境に優しいサプライチェーンを実現すること、カーボン・フットプリントを軽減する取り組みを実施しているなど、具体的同時に、すでに実行している環境についてもきちんと記載しておきましょう。 

まとめ

今後、Eコマース企業にとってエコ・フレンドリー化は「選択肢の一つ」ではなく、必須事項であり今後ますます重要になります。 まずは小さな一歩からエコ・フレンドリー化を始めましょう。  

これまで長年にわたってアメリカへ発展した企業様のEC運用をサポートしてきた実績とノウハウがあります。企業様のビジネスに寄り添ったご提案をさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。 。

著者:hitomi.N

IT企業で4年間のプログラマーとしての経験を積み、その後6年間のプロジェクトマネージャー業務を行ってきました。渡米後はEコマースマネージャーとして、日本企業のアメリカ進出を支援しています。収集を行い、最新のデータと洞察をもとに、戦略の最適化や新しいアイデアを考案し、クライアント企業に競争力のあるソリューションを提供しています。

ブログに戻る