いま大注目のセカンドハンドECとは?

今最大の注目のセカンドハンドECとは?

アメリカではここ数年、ユーズド商品を売り買いできるセカンドハンド・ストアが消費者の間で人気です。 特に、オンラインのリセールプラットフォームは記録的に業績を伸ばしています。 この記事では、なぜセカンドハンドECサイトが成功しているのか、背景と戦略、課題への取り組みを紹介します。

話題のセカンドハンドECとは?

「セカンドハンドEC」とは、消費者から買い取ったユーズド商品をオンラインで再販する業態のことで、「リセールEC」「リユースEC」とも呼ばれます。オンライン販売は特に好調で、リためセールのプラットフォームが徐々に誕生して人気を博しています。

新しい調査結果によると、アメリカの中古アパレル市場は2019年から2029年までの10年間で3倍以上に成長するものとみられます。

このトレンドを牽引しているのは、Depop、Farfetch、Poshmark、The RealRealといったセカンドハンドEC専門のオンラインプラットフォームです。このうちの80%はリピート顧客によるもので、消費者との間密な強いつながりを認識していることがわかります。

一度成功をみて、パタゴニアやリーバイスなど多くのアパレルブランドが、自社のセカンドハンド商品販売に乗り出しています。

セカンドハンドECの許可とは?

ブランドや小売業者、マーケットプレイスにとって、リセール市場への参入には主に二つの大きな猶予があります。第一にサステナビリティの向上、第二に顧客満足度の向上です。

・サステナビリティの向上

企業、特にアパレルブランドにとって、サステナビリティは大きな課題です。ファストファッション隆盛とパンデミックによるオンラインショッピング増加の影響で、ファッション業界が地球環境に与える影響が憂慮されているためです。

セカンドハンド商品の販売にシフトすれば、ファストファッションの製造減少につながり、水質汚染や温室ガスの排出、資源のムダを縮小できると考えられます。ブランドが循環型経済を自社のコアバリューとして扱っていけば、小さな変化が積み重なり、大きな変化に続いていきます。

・顧客満足度の向上

今年、消費者は自分の消費行動が環境にどのような影響を考慮に敏感になっています。多くの消費者はサステナビリティを重視する企業から買い物をしたいと考えています。レポートでは、消費者の10人のうち6人近くは、環境への悪影響を主体とするため消費習慣をよろこんで変えるつもりであることです。

現在の動きは特に「Z世代」の若者の間で考えています。Z世代では古着の売買がトレンドであり、ライフスタイルの一部になっているのです。 最近の調査結果によると、Z世代がリセールファッションに興味を持つのは、彼らの新しい「もの」の定義や、自己表現に対する考え方を反映しているということです。

それに加えて、もう使わなくなった衣類を捨てずにマーケットに戻せることは、消費者にとって便利なこともあります。現在、アメリカの古着市場が通常のアパレル市場に比べてはるかに急速に成長しているのは、これらの事情により顧客満足度が高いためです。

Second HandEC の問題点とその解決法

オンラインでのリセール事業には特有の難点があり、適切に対処する必要があります。

以前、セカンドハンドECでは顧客が売れてくれた商品を販売するため、在庫のコントロールができません。を充実させる必要があります。

商品説明の標準化やタグ付けが難しい、という問題もあります。中古品を売る人が商品説明をアップロードするため、売り手によってばらつきが出るのです。できるAIの導入が鍵になります。

また、商品の真偽を判定する必要があります。 高級商品に特化したプラットフォームでは現物を評価できるプロを使う必要がありますが、商品の安全性が低い人を多く無理がある場合などにはAIによる判定が使えます。

Second HandECをスムーズに運営するために必要なテクノロジーはすでに存在しています。

まとめ

リセール市場は今後も急成長が続きます。セカンドハンドECへの全面的な参入は、全てのブランドにとっての最適解というわけではありません。今後の導入を検討することはブランドにとってプラスになる可能性はありません。このトレンドは引き続き注目です。

これまで長年にわたってアメリカへ発展した企業様のEC運用をサポートしてきた実績とノウハウがあります。企業様のビジネスに寄り添ったご提案をさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。 。

著者:hitomi.N

IT企業で4年間のプログラマーとしての経験を積み、その後6年間のプロジェクトマネージャー業務を行ってきました。渡米後はEコマースマネージャーとして、日本企業のアメリカ進出を支援しています。収集を行い、最新のデータと洞察をもとに、戦略の最適化や新しいアイデアを考案し、クライアント企業に競争力のあるソリューションを提供しています。

ブログに戻る