Jetとは?より多くの割引と配達スピードでEコマースに存在感

Jetとは?より多くの割引と配達スピードでEコマースに存在感

インターネットショッピングサイトと言えばAmazon、というくらい誰も知っているAmazonですが、そのライバルとなりえるのが、世界最大の小さな売り業者であるWalmartが一歩進んだJetです。競争力を高めるためにJetのウェブサイトを改善しています。では実際に、Jetとはどのようなマーケットプレイスなのか見てみましょう。

ジェットとは?

Jetは、毎月40万人以上の新規ユーザーを増やしながら成長しているオンラインショッピングサイトです。Jetのプラットフォームでは、2,400を超える小売業者やパートナーと呼ばれる一般の売りやすい商品を販売しています。

2015年7月に立ち上がった当初は会員制のショッピングクラブで、販売者に手数料を請求するのではなく、顧客が年会費を支払うシステムでした。Jetに手数料を代わりに、販売者は商品ですの価格を下げることができ、Amazonなどの競合よりも約15%低い価格を顧客に提供することが可能になるというビジネスモデルでした。

しかし、2015年の10月には、Jetは年会費を安くする代わりに商品ごとの変動手数料を請求する方向転換をします。どんなプラットフォームも、多くの人に利用してもらうことが成功にはこの変更は、新規の顧客を獲得し、リピーターを増やすことが目的でした。

そして、2016年8月にJetはウォルマートに伸縮され、ウォルマートの子会社となりました。

ジェットの仕組み

Jetの最大のセールスポイントは、顧客にはより良い価格で商品を提供し、販売者にはより高い収益性を提供するWin-Win(ウィンウィン)の市場を作るということです。

JetはAmazonと同じように、既存の商品カタログに複数の業者が登録して商品を販売します。もし販売したい商品のカタログがない場合は、Jetチームがその製品を確認・承認したのちに新しいカタログが作成されて販売できるようになります。

JetにはAmazonのFBAのようなシステムもあり、顧客の住所と商品の場所を照らし合わせて、一番近くの倉庫から発送します。 Jetはさらに、食料品配達市場にも参入し、ニューヨークの一部の顧客には3時間以内に食料品を配達できるサービスを開始しました。 今後Jetは配送センターを増やして、既存ニューヨーク市内で在宅配達を提供しているTargetとAmazonを追跡する目安です。

他にJetの特徴的なサービスには以下のようなものがあります。

  • 「返品不可オプション」を選んで割引
  • 男の子割引
  • 販売メールをご覧を選択すると割引

このような多彩な割引オプションを提供することによって顧客の購入を刺激し、販売側の利益が増大します。 Amazonでは、顧客と連絡を取りたい場合にAmazon内部のシステムを介する必要がありますが、Jetでは、顧客に直接連絡することが可能です。これによって独自のマーケティングも可能になり、将来の収益増加につながることができます。

まとめ

Jetは、小売業界最大手のウォルマートが続くインターネットショッピングサイトです。Eコマースの分野ではAmazonに遅れを取っていますが、ウェブサイトの改良や独自の割引オプション、さらには食料品・日用品の配達市場にまた参入して意思決定に顧客を増やしています。

著者:hitomi.N

IT企業で4年間のプログラマーとしての経験を積み、その後6年間のプロジェクトマネージャー業務を行ってきました。渡米後はEコマースマネージャーとして、日本企業のアメリカ進出を支援しています。収集を行い、最新のデータと洞察をもとに、戦略の最適化や新しいアイデアを考案し、クライアント企業に競争力のあるソリューションを提供しています。

ブログに戻る