ECで利用できるおすすめのアメリカマーケットプレイスをご紹介

ECで利用できるおすすめのアメリカマーケットプレイスをご紹介

ECを行う時に必要となるが、アマゾンのような「マーケットプレイス」です。 アメリカには多くのマーケットプレイスがあり、その種類は多種多様で、どのサイトを使うべきか悩む人も多いことでしょうそれでは今回は、2019年におすすめのマーケットプレイスをご紹介していきます。

アマゾン以外のECサイト市場シェアは約半分!他サイトを狙う重要性

ECサイトでビジネスを行うとしたら、やはり「アマゾン」が真っ先に思い浮かぶでしょう。 ただし、アメリカのEC市場シェアの中でアマゾンが持っているのは56.1%で、残りの半分は他サイトとなっています。

つまり、競争率の高いアマゾンで競い合うよりも、競争率の低い他サイトで確実に自社のマーケットを広げる、という戦略も可能である。 「ECサイトで販売を行うならアマゾン!」という考えはしないほうが良いと言うでしょう。

アマゾン以外のおすすめECサイトをご紹介!

今回は、アマゾン以外のECサイトで、おすすめのサイトをピックアップしました。ぜひ、サイト選びの参考にしていただければと思います。

・eBayマーケットプレイス(イーベイ)

eBayはオンラインショッピングの先駆け的な存在で、新品も中古品も取引できるインターネットサイトオークションです。日本で言えば、「ヤフオク!」のような存在で、世界中1億6千万人を超える買い物客また、多くの支払い方法配送とオプションがあるので、eBayを利用するメリットがあると言えるでしょう。eBayの市場シェアは19.7%で、アマゾンに次ぐ第2位とアマゾン以外で、まず目指すべきECサイトはこのeBayです。

関連記事>>>マーケットプレイス比較 Amazon vs ebay

・ウォルマート マーケットプレイス(ウォルマート)

世界一の売り上げを誇る小売業者(2017年時点)として有名なウォルマートのECサイトも、我々にとっては有効な選択肢の一つです。 「ウォルマートマーケットプレイス」という名前ではありますが、アマゾンやeBayのように第3者も販売を行うことが可能です。こちらのウォルマートも米国内での評判は非常に高く、信頼性がある企業として認知されていますので、多くの顧客と取引が見込まれるECサイトとなっておりますまた、商品販売のやりかたも簡単なので、すぐにビジネスを始められることになります。 ちなみに米国内の市場シェアはアマゾン、eBayに次ぐ第3位です。

・Wish(ウィッシュ)

世界最大のモバイルショッピングアプリです。洋服やアクセサリー、電化製品など様々な商品が出品され、メルカリのようにスマートフォンやタブレットにダウンロードしてお買い物を楽しむことができます。収益を上げるアプリに成長し、Amazonやアリババにも負けないグローバル企業となっています。 願いは、圧倒的な購入力のあるミレニアル世代からのサポートを得て大成功しています。はもう驚くべきものがありますが、まだまだセラーとして参入するメリットは大きいと言えます。

関連記事>>> Wishとは? 世界最大モバイルショッピングアプリの戦略と将来性

・ジェットマーケットプレイス(ジェット)

アメリカ国内で4番目に大きいマーケットプレイスであるジェット最大プレイス。ジェットでの商品販売はとても簡単で、食料品から電化製品、ファッション商品まであらゆるものを販売できます。アマゾンやeBayなどの有名なサイトに対して他販売者との並行が少なく、販売する商品によってはJet内の市場を独占できる可能性があります。

関連記事>>> Jetとは?より多くの割引と配達スピードでEコマースに存在感

・Etsy マーケットプレイス(エッツィ)

主にハンドメイド品を販売するのにおすすめなのが、この「エッツィ最高プレイス」です。ハンドメイド市場は意外と大きく、アマゾンにもエッツィに対抗してハンドメイド品カテゴリーを作ったといわれています。メリットとしては、顧客満足の要望に合致したカスタムオーダーが受けられるポイントと、不必要な手数料が掛からないポイントです。米国内のEC市場でのシェアは3.5%ですが、ハンドメイド品販売サイトとしては健闘しています。

関連記事>>>ハンドメイド販売をビジネスに Eコマースサイト Etsy

・Craigslistマーケットプレイス(クレイグリスト)

個人人と考えながら販売する時におすすめなのが、こちらのCraigslist Marketplace(クレイグリスト)です。クレイグリストは商品の個人売買(業者も含む)だけでなく、地域のイベントや広告、恋人探しなどもできる最大の特徴は、商品を載せるための出品料と、商品販売時の販売料が掛からない点です。 ただし、その分発送や、手側との交渉などもすべて販売者自身でやる必要がありますので、薄利多売の商売には向かないかもしれません。

自社(自社)が最適な製品によって、利用するECサイトを検討しよう

ECサイトの数は多く、「どのサイトを利用したらいいのかわからない」という理由から、アマゾンなどの大手サイトを選ぶことが多いです。ば、今あなたの商品を欲している顧客と可能性が高くなります。 大手ECサイトだけでなく、専門的なECサイトを上手に扱うことで、コンバージョン率を大きく高めることができるのではないでございます。

著者:マサコ。 S

米国の大学でマーケティングを専攻。現在はトランスコスモスアメリカにて、EC・事業開発/チャットボット担当。米国EC業界の動向調査・最新ツールの導入に、熱心に取り組んでいます。

ブログに戻る