2021年Amazon Prime Dayで勝敗を分けたのは?

2021年Amazonプライムデーで勝敗を分けたのは?

米国Eコマースの一大イベント、Amazon Prime Day。2021年は、新型コロナウイルスの影響が続く中例年より早く開催されました。売上高やどんな企業が売り伸ばしに成功したかなど、今年Primeその日の結果をレビューします。 

2021年Amazonプライムデーの概要

Amazonのプライム会員向けセール「プライムデー」は2021年で7回目。 6月21日と22日の48時間にわたって開催されました。 

プライムデーの売上は年々増加しています。2021年のワールド売上は117 9億ドルで、前年比では19%増。記録的な売上となりました。 なお、 2019年から2020年にかけての43%増とかなりと、控えめな伸び率ともいえます。が20ドル以下で、平均購入額は44.75ドルと2019年に比べて10ドル低くなりました。 

売上の伸び率が落ち着いた競争として、プライムデーの日程が候補に挙げられます。 プライムデーセールは2019年まで7月中旬に開催されており、2020年にはパンデミックの影響で10月に行われま今年は通常より一ヶ月近く前倒しして6月21日、22日となりましたが、日程をお知らせメールするは通例通りセールの約3週間まで消費者に送られませんでした。また、イースターや母の日、父の日などお金のかかる季節イベントと夏休みにはさまれた時期で、消費者があまり予算を割けない可能性もあります。 

いえいえ、そもそもAmazonがプライムデーを開催する一番の目的は売上アップではなく、特別価格で新規Prime会員を勧誘することです。 今回のプライムデーの二日間だけでもAmazonは合計2億6700万通のプロモーションメールを送信しました。 プライム会員は今年のセール後に25000万人に問いかけたものと思われますが、Amazonにとって2021年のプライムデーは成功だったと思います。 

小規模ビジネスのプライムデーでの売上は?

Amazonの発表によれば、今回のプライム 日はサードパーティーセラーにとっても過去最大の2日間となりました。プライムデー前の2週間、Amazonは「10ドルの購入で10ドル獲得」キャンペーンを実施しました。小型セラーから10ドル購入す​​ると、プライムデーで使える10ドル分のAmazonクレジットを貰ったというものです。このキャンペーンで小型セラーは19億ドルを稼ぎました。また、スポンサーブランド広告やスポンサー商品広告を出稿したセラーは、プライムデーセールでそれでも健闘しました。 

また、今回のプライムデーでは、 Amazonの自社ブランドにいそうな注目が集まるようなことが行われていまし。また、ほとんどのページにAmazonブランドのタブが設けられたこともAmazonに有利に働いていたと言われています。 2019年には小規模セラーからの購入がプライムデー売上商品数の半分近くを占めていましたが、 2021年にはその割合が28 まで下がりました。 

今年のプライムデーの特売は? 

2021年のプライムデーでは広告の多いカテゴリーが比較的売れ行き良好でした。 健康・ビューティー関連、家電や家事の必需品、ベビーケア用品などです。インスタントポットやオーガニックのプロテインパウダー、自動掃除機のルンバなどトップセラーいます。 

割引の特典も売上に大きく影響しました。プライムデー期間中に割引しなかったブランドの売上は通常の1.3倍だった対、割引をしたブランドでは通常の5.2倍と、明確に成果が出ましプライムデー割引の商品だけが表示されるカルーセル広告が注目される場所に設置されるなど、割引商品が注目されたのも一因です

プライムデーでの成功の鍵は「広告」と「割引」

2021年のAmazon Prime Day の結果から、サードパーティーセラーはスポンサー広告にしっかりと予算を割り、プライム会員限定割引を設定することが非常に重要だ決定します。今後の情報をしっかりキャッチし、早くからプライム 日に向けて準備を整えましょう。 

著者:hitomi.N

IT企業で4年間のプログラマーとしての経験を積み、その後6年間のプロジェクトマネージャー業務を行ってきました。渡米後はEコマースマネージャーとして、日本企業のアメリカ進出を支援しています。収集を行い、最新のデータと洞察をもとに、戦略の最適化や新しいアイデアを考案し、クライアント企業に競争力のあるソリューションを提供しています。

ブログに戻る