2021年米国のホリデー商戦で成功する5つのポイント

2021年米国のホリデー商戦で成功する5つのポイント

サンクスギビングやブラックフライデー、サイバーマンデー、クリスマスなど、イベントが多いホリデーシーズンが近づいてきました。小売業者にとって限り重要なアメリカのホリデー商戦。EC企業がホリデーマーケティングを成功させるための対策、トレンドを含めてて紹介します。

2021年米国ホリデーシーズンのECトレンドは?

2020年のホリデーシーズンには新型コロナウイルスの影響でオンラインショッピングをする消費者が増加し、12月初旬のECの売上は先比22%増加しました。多くの実店舗が営業を再開した後の2021年7月でも、パンデミック前に比べてECの売上高は24%増。2021年のホリデーシーズンも、引き続きオンラインショッピングを利用する消費者は多くなるだろう。

また、今年のホリデー商戦は早く始まることが予想されます。 昨年のオンラインショッピングでは商品の売り切れや経験配達遅延が多発しました。 このから、多くの消費者が今年はサンクスギビング前にホリデーショッピングを控えるサプライチェーンが引き続き不安定なこともあり、EC企業も早い時期からセールやキャンペーンの準備を進めていこうと思います。

2021年米国ホリデー商戦で成功する5つのカギ

不確定要素の多い2021年のホリデーショッピングシーズンに売上を伸ばすにはどのような対策が必要ですか。重要なポイントを5つ紹介していきます。

ホリデー対策を早く始める

パンデミックのためにオンラインで長くなった多くの消費者は、常にマーケティングメッセージにさらされ、次回のショッピングのことを考えています。このような状況下で、ECブランドが早くからセールやキャンペーンを始め、消費者にメッセージを送り続けることが大変重要です。

今年もサプライチェーンの混乱が予想されますが、早い時期に注文を受ければ、問題問題が起きても必要な時期までに商品を届けられ、顧客の好印象につながります。早い時期に必要があります。トラブルを最小限におさえるために、多様な商品、サービス、出荷チャンネルを準備しておいてくださいも必須です。

複数チャネルで一貫性のあるマーケティングを

2021年に行われた調査によると、消費者はさまざまなチャネルを通じて新商品やブランドを、商品を購入しています。検索エンジンやソーシャルメディアだけでなく、実店舗やブランドのウェブサイト、小売サイトやアプリ、オンライン広告も無視できない比重を守っています。SMS(ショートメッセージ)を使ってホリデーマーケティングも重要度がかかっています。

さまざまなチャネルを活用して顧客に一貫性のあるメッセージを送り、商品を初めて見つけてから商品購入までスムーズで便利な購入体験を提供する必要があります。

SNSと動画広告がございます重要です

さまざまな広告手法の中でも特にSNSと動画広告の重要性が高まっています。

SNS全体で商品を購入する消費者は今年のホリデーシーズンにさらに増加し​​ます。ブランドのソーシャル戦略をきちんと整えることで、売上の大幅アップにつながる可能性があることを念頭に置いて考えてみましょう。

2020年のパンデミックでの自粛を背景に、消費者の動画視聴時間は大幅に増えました。することがわかります。

カート放棄対策に

多くの消費者がショッピングカートをウィッシュリストの代わりに使っています。他の商品を探して価格を比較したり間、気になる商品をとりあえずカートに入れておくのです。利用したショッピングで特によく起こるため、カートの放棄を防ぐ対策が必要です。 スムーズなモバイル購入体験を提供したり、タイミングよく割引クーポンを発行したりするような工夫が有効です。 、幸い購入は高いので、電子メールなどで積極的に購入につながる可能性があります。

便利な購入オプションを提供しよう

顧客は便利さを求めています。このホリデーシーズンに特になるのは、「オンラインで購入して実店舗で受け取る」というオプションです。配送の遅れが見納め中、駆け込みで購入する人や配送待ちを避けたい人が店舗受取を利用するでしょう。実店舗でも販売しているブランドの場合、どちらの強みを考慮し、優先的な購入体験を提供することが成功の鍵になります。

2021年のホリデー商戦は大きなチャンス

ホリデー商戦が早く始まって例年より長く続く2021年は、EC企業にとって売上アップの大きなチャンスです。期間が短い競争率が非常に高い通常のホリデーショッピングシーズンに比べ、じっくりと準備し、落ち着いてマーケティングを進むことができるからです。できる限りの備えをして、このチャンスをつかみましょう。

著者:hitomi.N

IT企業で4年間のプログラマーとしての経験を積み、その後6年間のプロジェクトマネージャー業務を行ってきました。渡米後はEコマースマネージャーとして、日本企業のアメリカ進出を支援しています。収集を行い、最新のデータと洞察をもとに、戦略の最適化や新しいアイデアを考案し、クライアント企業に競争力のあるソリューションを提供しています。

ブログに戻る