【2019年版】アメリカ ペット産業とアメリカEコマース

【2019年版】アメリカペット産業とアメリカEコマース

今度も拡大するアメリカペット産業 –市場規模

2018年版ペット市場規模についての2019年の最新版をご紹介します。

早速、今後のアメリカ市場規模を考えてみます。

APPA(American Pet Products Association)の調査によりますと、アメリカの約8500万通りがペットを飼っていて、過去30年間でペットの飼い主は完全指名の56%から68%になっています。

また、同協会の最新調査レポートによれば、アメリカ国内のペット産業消費額は、2018年は725.6億ドルで、 2019年は753.8億ドルと予想されています。

ペットを飼う主の増加は、アメリカのペット市場規模を益々拡大させていることがわかります。

▼アメリカ国内ペット産業消費額 1994-2019年 (単位:10億ドル)

アメリカのペット産業消費額とその内訳

次アメリカ国内ペット産業消費額の内文を見てみましょう。

▼アメリカ国内のペット産業消費額の内訳 2018年-2019年予測

2018年と同様に、2019年もペットフードがアメリカで最も収益を伸ばすと予想されます。 2019年のペットフードの予想消費額は$316.8億ドルで、これは合計消費額40%を占めています。

2番目の売上のペット医療(獣医)も成長しており、2018年181.1億ドルから、 2019年には189.8億ドルの予想となっています。あります。

2019年のアメリカのペット支出の合計は昨年のほぼ5%増加となることを覚悟で、特にオンライン販売急増が後押ししたことと、ペット製品やサービスの売上が増加していることで、今後も成長は続くでしょう。

アメリカの今後のペット産業の市場動向

Package Factによると、オンラインで販売されるペット製品の売上は2017年から2022年にかけて2倍になると報告されています。ペット産業もEコマースへの販売と変化し、オンライン販売が圧倒的な急成長チャンネルなのは揺るぎないのですが、ここでは、その他にも注目すべきペット産業の今後の傾向をご紹介します。

・新商品より優れたテクノロジーの開発

ペット産業拡大により、様々なユニークな商品が販売されるようになり、消費者は幅広い商品選択ができるようになっています。

例:健康状態や栄養管理のためのペット用アプリ、ペット専用モニターカメラなどの商品があります。

他にも、自分のペットを「シェア」したり、他のペットとの繋がりを持てるように、SNSを活用したりしています。

・ペットのヒューマニゼーションと高級ペットフード

飼い主は、ペットを家族の優先として、自分の子供のように接したいと思っています。これは、日本でもアメリカでも同じではないです。

最近の健康志向と習慣は、アメリカのペット産業に影響を与えています。ナチュラルフードやオーガニックフード、高価なグルーミングのオプションは高級を伸ばしています。 実際にペットフードやナチュラル、オーガニックのペットフードは最もペット産業で急成長のカテゴリーであり、消費者も高くても購入したいと思っているカテゴリーであることは確かです。

今回は、2019年のペット産業支出の数字と合わせて、今後の市場動向もご紹介しましたが、飼い主はペットのために、良い成分、品質を求める傾向があることが分かった消費者は、有名ブランドの商品を気にしているより、今後は「自分のペットにとって一番良いのか」を考え、選択するようになるのではないのでお願いします

そして、アメリカのペット市場は昨年に引き続き、成長を続けていくのは間違いないでしょう。

また、随時新しい情報を皆様にお届けいたします。

出所: 2019年に予想されるペット業界の支出動向
米国のペット産業の総支出
「ペット市場の展望」
米国における 6 つの影響力のあるペットのトレンド
2011 年から 2019 年までの米国のカテゴリ別のペット市場売上高

ゆかりさん。 T

トランスコスモスではカスタマーサポートマネージャーとして、顧客のニーズにあったサービスのご提案、カスタマーサービスの質の向上に取り組んでいます。

ブログに戻る