【アメリカEC】これからの米国 電子製品オンライン販売市場の行方は!?

【アメリカEC】これからの米国電子製品オンライン販売市場の行方は!

初めに結論から申し上げますと、今後数年間も「電子製品」のオンライン市場は成長を続けていきます。 2019~20年以降は通信規格5Gが活用され始めるため、今までよりもさらに便利で安全なインターネット環境が整い、多くの消費者がオンラインショッピングを利用すると見られているからです。その証拠として、米国の電子製品のオンライン販売輸送売上では、2012年~2017年にほぼ横ばいの一時であったものが、2018年と2019年には約20%の成長を見込んでいます。

▼2009年から2019年までの米国の家庭用電化製品市場の卸売収入

市場自体は大きくなるが、成長スピードは低下

インテリジェンスノードやダブリン(ビジネスワイヤー)によれば、「電子製品オンライン市場自体は大きくなるが、市場の成熟に伴い成長率は低下する」という予測になっています。しょう。

まず、オンラインショッピング市場全体の予測として、2019年には世界中で約192億人がオンラインショッピングを楽しみ、総売上が300兆円を超えると予想されています。実際には2018年では約7兆円の売上があり、5年後の2023年には9.5兆円まで上昇する一方、成長率でいえば2020年以降は先比1桁台に落ち着き、オンラインショッピング市場自体の成熟を示唆しています。

アメリカは世界第位のマーケットを見据えて

電子製品のオンライン市場において、アメリカは中国に次いで世界第2位のマーケットを持っています。そんなアメリカのマーケットを支えとして存在し、Best BuyやWalmartに挙げられるでしょう。

家電利店であるBest Buyのウェブサイトは、世界の電子機器小売業者の中で静かに訪問者を記録しています。また、小売業者のウォルマートはノートパソコンにおいて330の異なるブランドの商品を在庫として持っているなど、電子製品に強い販売網を持っています。考える影響力もこれまた大きいものです。

たまにスマートフォンやタブレットが人気

今後の携帯端末ブームによって、オンライン電子製品市場でもスマートフォンやタブレットが人気商品のようなものです。また、iPhone と Android の使えるスマートフォンの利用システム(iOS と Android)はその他のスマートフォンを含むほとんどすべてのスマートフォンで利用されているものの利点のひとつです。また、Kindle などに代表されるタブレットや電子書籍リーダーも堅調な成長を見せています。

アメリカそしてホームでは勝負類の商品も人気です。エンターテインメント王国のアメリカならではのデータではありません。

まとめ

今後も順調に成長していくと見られる電子製品のオンライン市場。 特に世界第2位のマーケットであるアメリカには、まだまだチャンスがたくさんあると思って良いだろう。そのためには、市場の深いところまで調べたデータを活用して、しっかりと動向を見定めることが重要です。

著者:マサコ。 S

米国の大学でマーケティングを専攻。現在はトランスコスモスアメリカにて、EC・事業開発/チャットボット担当。米国EC業界の動向調査・最新ツールの導入に、熱心に取り組んでいます。

ブログに戻る