アメリカ家電市場のEコマース最新トレンド

アメリカ家電市場のEコマーストレンド最新

新型コロナウイルスの感染拡大が消費者行動や市場に大きく影響している現状、Eコマース市場の状況はどのように変化しているのでよろしくお願いします。 Eコマース売上高の最大比率22%を占めた「家電製品」について着目して解説します。

2020年Eコマース市場は大きく成長

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、小売市場全体としては厳しい環境となった2020年ですが、そんな環境の中でもEコマース市場は大きく成長、躍進しました。オンラインストアを利用して、慌てた実店舗での買い物を避けたことなど、Eコマース市場の収益増加の背景としてあります。 結果、2020年のアメリカのEコマース売上高は約7100億ドルと推定され、2019年と比較して18%もその数字を伸ばしたという驚異的な結果を引き出しています。

Eコマースの中で最も売れているカテゴリは家電製品

大きく成長を続けるEコマース市場ですが、アメリカのEコマース市場で最も売れている製品カテゴリは「家電製品」です。その売上高は2020年に約1,560億ドルとなっており、これはアメリカEコマースです売上高全体の22%にもあたります。また、2020年アメリカで売れた家電製品の約半分、49.5%がオンラインからの購入だったというデータもあります。

ホームエンターテイメント商品が好調

アメリカEコマース市場の中で最大の売上高を誇る家電製品ですが、その中でも特に好調なのがホームシアター、オーディオといったホームエンターテイメント商品です。ホームエンターテイメントの商品収益は世界規模で40億ドルを超えており、この売上高の数字は次の5年間で55億ドルを突破しているという事情もあるそして、この発生の大部分がアメリカから発生しているという点も重要なポイントです。

在宅勤務の広範囲でコンピューター関連製品も好調

家電製品の中では、エンターテイメント商品の他にもコンピューター関連製品の売上が好調です。 具体的な製品としては、ノートパソコンやタブレット、その周辺機器が該当し、それらの製品へのウェブ上での覚悟もコンピューター関連製品が好調な理由はホームエンターテイメント商品と同様に、コロナ禍の影響を強く受けており、在宅勤務やオンライン授業を行っている人が増えたことなどの理由となっております。

収益の大きいオンラインストアは?

各種の家電製品の好調な収益などの影響もあり、成長を続けるアメリカEコマース市場ですが、その市場の中で最も収益を上げているのはどのオンラインショップなのでしょうか。が、ecommerceDBによると、最も収益の高かったオンラインストアはamazon.comで、402億ドルとなっています。2位がapple.comで114億ドル、3位がbestbuy.comの68億ドルとなっています私たちは、4位以下にwalmart.comなど続きます。このトップ3のオンラインショップが、アメリカのEコマース、家電製品カテゴリ全体の61%を堅持しているというデータも着目すべき点の一つでしょう。

まとめ

大きな成長を続けるEコマース市場。そのトレンドを把握することで、コロナ禍であってもビジネスを成長させるチャンスはあります。当ブログでは、アメリカの最新Eコマース情報を随時更新しているので、他の記事もぜひ参考にしてみてください。

著者: ゆかり.T

トランスコスモスではカスタマーサポートマネージャーとして、顧客のニーズにあったサービスのご提案、カスタマーサービスの質の向上に取り組んでいます。

ブログに戻る