Card image cap
米国EC進出を担当する – Shopify と Magento – どっちが正解?

越境であれ現地ECビジネスであれ、米国/カナダEC進出事業を担当とするとなったとき、様々なリサーチや事業開発計画書作成を経て、米国で現地開発ベンダーや戦略パートナーを探すタイミングが訪れると思いますが、その際、避けては通れないのが、ECサイトを構築するベースとなるECプラットフォーム選びとなります。 (ECプラットフォームの選び方はアメリカ市場向けECプラットフォームの選び方を参照ください) 「構築するECプラットフォームは何がいいか」 - その答えを探すためにリサーチをされた方は、すでにMagentoとShopifyの存在にはたどりついていると思います。そして、すでに他のプラットフォームに比べての優位性もうすうすと気づいていると思います。では、どっちがどのようにいいのか。次のステップをここではご紹介しましょう。 SaaS型プラットフォームShopifyとオープンソース型/PaaS型プラットフォームMagento ShopifyとはカナダのShopify社が開発しているSaaS型のプラットフォームです。現在500,000社を超える企業がShopifyを利用しるといわれています。テーマやテンプレートがすでに開発されているため最短数日でストアを立ち上げることができます。また、拡張性の高いエンタープライズ版も用意されています。カスタマイズ機能が充実しており、ECサイトに必要な機能をアプリやAPIを使って簡易的に構築することが可能です。 Magentoは米国Magento社が開発しているECプラットフォームのオープンソースソフトウエアで、現在およそグローバルで15万のECサイトで利用されているといわれています。2008年3月31日に公開されました。ミドル級からエンタープライズ向けECプラットフォームで、オープンソースのため、誰でも無料でダウンロードを行い必要な機能を拡張しながら開発することが可能となります。現在のEC業界のシェアはShopifyが10%に対し、Magentoは29%であり、双方とも成長を続けているといわれています(参照:Aheadworks, 2016)。 Shopify/Magento-それぞれの相違点とは どちらもとても優れたECプラットフォームなことに間違いはないですが、異なる点が多々あります。さらに複雑にいえばShopifyでは現在4種類のサービスが存在し、Magento では基本2種類のサービスが存在します。 まず、Magentoですが、基本的に、Magento Community Edition(CE) と Magento...

View Post
en_USEnglish