Card image cap
2020年のEC動向とその未来とは?

いよいよ2019年も残り数ヶ月、そして来年は2020年を迎えます。2010年代はスマートフォンやタブレットが急速に広まり、それに伴い人々が当たり前にインターネットで買い物をするようになった「Eコマースの始まり」の時代と言えるのではないでしょうか。そして、来たる2020年には新しい通信規格「5G」の本格運用が開始されると見られ、インターネット利用が今よりにも格段に快適になり、これまで以上にインターネットを使ったやり取りが進んでいくでしょう。では、実際に2020年と今後のEコマースの予測を見ていきましょう。   2020年代はECがショッピングの主役に すでにAmazonなどのECサイトは世の中に浸透していますが、今後ますますインターネットショッピングが当たり前の時代になっていくでしょう。スマートフォンやタブレットなどは、より小型化・軽量化され、また電子機器に馴染みの深い世代が消費者の中心となっていくため、オンラインショッピングが主要な買い物方法になっていくことは想像に難くありません。Big Commerceによると、アメリカ人の51%がインターネットショッピングを好み、96%が少なくとも1度はインターネットショッピングの経験があることがわかっています。すでにオンラインでの購入を好む人の方が多数派になってきているのが現状です。   Eコマースの売上げ予想も右肩上がり 上記の理由から、 Eコマース全体の売上げは急速に伸びています。こちらのグラフからわかるように、2014年には13.36億ドル(約1336億円:1ドル⇔100円換算)の売上げでしたが、2018年には28.42億ドルと2倍以上まで伸び、2021年には48.78億ドルとさらに、倍近くまで伸びると予想されています。このようにEC業界は、現在右肩上がりの好調期といえるでしょう。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p {...

View Post
en_USEnglish