Card image cap
2020年Eコマースのトップトレンド

現在、全世界で10億人以上がオンラインショッピングを楽しんでいるといわれています。アメリカ国内でも2019年の第3四半期には、小売売上全体の11%をEコマースが占めるなど、業界は活況が続いており、今後のさらなる成長が見込まれます。一方、より消費者のニーズに応えるために、Eコマース側も、急速に変わりつつあります。2020年、どのようなトレンドが起こるのでしょうか。本記事では新しい流れを6点に絞ってご紹介します。   1. 販売品目を絞る 多くのブランドが、コアとなる商品の完成に集中し、1品目か2品目を販売するという戦略を取っています。その代表的な例をDtoC(メーカー直販EC)スタートアップのBonobosに見ることができます。Bonobosはたった1種類のパンツのみを販売し、3年もしないうちに950万ドルの収益を上げました。 またBed-in-a-box(※オンラインで注文後、持ち運びしやすい形で包装されて届くマットレス)のスタートアップCasperは、2014年に1つのマットレスだけを販売し、2年のうちに1億ドルの収益を上げました。今なおCasperは3種類のマットレスのみに販売品目を絞り、利益を上げ続けています。   2. Instagramを通じてのインフルエンサー・マーケティング 業界のリーダーをインフルエンサーとして契約し、商品やブランドメッセージを視聴者とシェアするインフルエンサー・マーケティングは拡大を続けています。インフルエンサー市場は約65億ドルの価値があるとされ、SNSの影響力のある業界は、2020年までに50億ドルから100億ドルの価値を持つといわれています。なかでもインフルエンサー・マーケティングの人気が高いのがInstagramです。Instagramで特徴的なのは、数百万人の支持者を持つ有名人よりもむしろ、1,000人~10万人程度のフォロワーを持つマイクロインフルエンサーの方が大きな影響力を持っていることです。   3. SNSでのUGC(ユーザー生成コンテンツ)の活用 SNSではインフルエンサーだけでなく、ユーザーも大きな役割を果たしています。UGC(User Generated...

View Post
en_USEnglish