Card image cap
ECで利用できるおすすめのアメリカマーケットプレイスをご紹介

ECを行う時に必要となるのが、アマゾンのような「マーケットプレイス」です。アメリカには多くのマーケットプレイスがあり、その種類は多種多様で、どのサイトを使うべきか悩む人も多いことでしょう。そこで今回は、2019年におすすめのマーケットプレイスをご紹介していきます。   アマゾン以外のECサイト市場シェアは約半分!他サイトを狙う重要性 ECサイトでビジネスを行うとすれば、やはり「アマゾン」が真っ先に思い浮かぶでしょう。しかし、アメリカのEC市場シェアの中でアマゾンが持っているのは56.1%で、残りの半分は他サイトとなっています。 つまり、競争率の高いアマゾンで競い合うよりも、競争率の低い他サイトで確実に自社のマーケットを広げる、という戦略も可能となります。もちろん、製品などの状況にもよりますが、短絡的に「ECサイトで販売を行うならアマゾン!」という考えはしない方が良いと言えるでしょう。   アマゾン以外のおすすめECサイトをご紹介! 今回は、アマゾン以外のECサイトで、おすすめのサイトをピックアップしました。ぜひ、サイト選びの参考にしていただければと思います。   ・eBay marketplace(イーベイ) eBayはオンラインショッピングの先駆け的な存在で、新品も中古品も売買できるインターネットオークションサイトです。日本で言えば、“ヤフオク!”のような存在で、世界中1億6千万人を超える買い物客と取引ができるのが大きな特徴です。また、多くの支払い方法と配送オプションがあるのも、eBayを利用するメリットと言えるでしょう。eBayの市場シェアは19.7%で、アマゾンに次ぐ第2位となっています。アマゾン以外で、まず狙うべきECサイトはこのeBayです。 関連記事>>>マーケットプレイス比較 Amazon vs ebay...

View Post
Card image cap
マーケットプレイス比較 Amazon vs eBay

EC事業の発展に伴い、Eコマース参入を考えている経営者の方が増加しています。しかし、実際にどのチャンネルを通してEコマースを始めれば良いのか分からない方が多いようです。 商品やEC事業のスタイルに合ったマーケットプレイスを選択する事は、EC事業の成否に直結します。 今回は、AmazonとeBay2つのマーケットプレイスを異なる視点から比較します。 どちらもEコマースに対してサービスを提供している点では同じですが、マーケットプレイスとして異なる特徴があります。貴方のEC事業に最適なのはどちらか、決定付ける参考にして頂ければと思います。   AmazonでのECは競争率高め どんなビジネスでも、市場にいる競争相手を把握することは絶対に必要です。 近年のAmazonは、大手卸売業にも参入を促してる事から、個人のみならず、大企業も競争相手になりかねません。EC発展に伴い、EC事業に乗り出し始めている大手が増加中で、その多くはAmazonを利用しています。その為、eBayに比べるとAmazonは競争率が高い傾向にあります。AmazonでEコマースを成功させるには、商品の値段のみならず、配送やカスタマーケアなどのサービス面など、あらゆる要素で顧客を満足させる必要があります。その為、Amazonを利用して利益を生みだす為のハードルは高まっています。   ブランディングやレア商品を扱うなら eBay が良い eBayはAmazonに比べると縛りがゆるく、商品や販売方法に個性を出しやすいメリットがあります。その為、eBayはブランディングに適したチャンネルといえるでしょう。 また、eBayにはオークション制度も存在します。中古商品やレアな商品の値段が爆発的に跳ね上がる事もあり、予想以上の利益に繋がるケースもあるようです。 ユニークである事や希少性がeBayでは大きな価値を生み出す手助けになるでしょう。...

View Post
en_USEnglish