Card image cap
ECビジネスのスタートアップへ資金を支援するClearbanc

消費者にECサイトを通じて直接商品を販売するDTC(Direct to Consumer)スタートアップにとって、Facebook広告やGoogle広告などのデジタル広告は極めて重要です。その広告費を中心に融資を行うベンチャーキャピタルとして注目を集めているのがClearbancです。本記事ではClearbancを有名にした「20分タームシート」やClearbancが対象とする企業、また資金提供にとどまらないClearbancのメリットについてご紹介します。   Clearbancとは Clearbancは、カナダ版Shark Tank(シャーク・タンク) の出資者でもある投資家のミッシェル・ロマノーとアンドリュー・ドソウザによって2015年に設立された、カナダのトロントにあるベンチャーキャピタルです。投資先はEコマースに限られ、デジタル広告費への資本提供に焦点を当てています。 ローン商品とは異なり、Clearbancの前払金には返済期限はなく、時間が経つに連れて金利が上昇することもありません。Clearbancは株式ではなく、投資が返済されるまで毎月の収益の一部(1%~20%)を受け取るシステムを取っています。Clearbancの投資先の企業は、2019年末までに2,000社、投資金額は約10億ドルに上ると推定されています。   「20分タームシート」とは Clearbancを一躍有名にしたのは「20分タームシート(※融資の主要条件などを記した条件規定書)」です。銀行やベンチャーキャピタルから融資を受けようと思えば、通常では数か月間がかかりますが、Clearbancはわずか20分間でタームシートを発行します。Clearbancは、投資を申し込んだ企業のFacebook広告の支出や資産、支払処理などのデータを分析し、アルゴリズムによって投資先としてふさわしいかどうかを判断します。 タームシートを受け取ることができれば、自動的に資金が提供されるわけではありません。商品やサービス、ビジネスモデルなど、事業内容を調査するデューデリジェンスを 受け、銀行口座と広告データをClearbancのプラットフォームに接続します。約5日~7日でこの手続きが完了すると、すぐに資金を受け取ることができます。  ...

View Post
en_USEnglish