Card image cap
CCPAの施行間近!準備のために必ず知っておきたいこと

米国カリフォルニア州で、消費者の個人情報保護に関する法律CCPA(California Consumer Privacy Act)の施行が迫っています。カリフォルニア州に実店舗がある企業だけでなく、同地に顧客を持つEコマースにも適応されるこの法律。違反には多額の罰金が課せられます。 この記事では、CCPAとはどんな法律なのか、知らずに違反しないためにEコマースのマーケターとしてどのような準備が必要なのかを解説します。 免責条項:このブログ記事はCCPAのような米国データプライバシー法に従うための法的助言ではありません。CCPAをよりよく理解するための背景情報を提供するものです。弁護士があなたの具体的な状況に応じて与える法的助言とは異なるため、記事内で扱っている情報やその正確さの解釈についての助言を望む場合は、弁護士にご相談ください。この記事を法的助言、あるいは特定の法的解釈をすすめるものとして頼らないでください。 CCPAとはどんな法律? CCPAとは、カリフォルニア州に住む消費者の個人情報を保護し、データプライバシー権を守るための法律です。2018年に成立し、2020年1月に発効。2020年6月にカリフォルニア行政法局に提出され、施行が間近に迫っています。 米国ではこれまでも個人情報保護のためのさまざまな法律が施行されてきましたが、CCPAはその中でもっとも適応範囲の広い法律となります。 CCPAが適用される企業の条件は? CCPAが適用されるのは、カリフォルニア州で事業を行なう企業のうち、下記の条件に一つでも当てはまる企業です。 1. 年間の収益が2,500万ドル以上ある 2. 年間に5万以上の消費者個人または世帯またはデバイスから個人情報を取得している...

View Post
en_USEnglish