Card image cap
Alibabaから学ぶアメリカ食品小売業の未来とEC

ネット通販最大手のAmazon(アマゾン)が、車の自動運転技術を駆使し、商品を棚から取り出し店を出るとその買い物客と商品を機械が検知し請求をおこす“ジャスト・ウォークアウト”システムの調整を経て、Amazon Go(アマゾン・ゴー)というレジのないコンビニのコンセプトを一般公開した。しかし、Amazonより先に、既にこのようなコンセプトを実行している企業があるのをご存知だろうか。   それが、中国に拠点を置く小売業・技術会社Alibaba Group Holding Ltd.(アリババ)だ。中でも、生鮮食品専門スーパーマーケットHema(ヘマ)は注目に値する。 ‎Alibabaのニュースサイトによれば、Hemaは、買い物客により効率的で柔軟なショッピングを提供するための“オンラインとオフラインの融合”が最も反映されていると言われているのだ。 ‎そこで、どのような融合がなされているのかを順番に見ていきたいと思う。‎   モバイルを買い物の主要ツールへ プログレッシブ・グローサー誌によると、Hemaでは、技術とデータを駆使してすべての過程をモバイル経由でこなしている。専用のアプリをダウンロードすれば、バーコードをスキャンすることで商品情報を見たり、支払いをしたりできる。また、ダイニングエリアでは、買い物客が自分の買ったものを調理したり食べたりできるようになっている。   一方、オンラインショッピングを好む人には、店舗はフルフィルメント・センターとして機能し、各店舗は半径1.5マイル以内で、1日に何千もの注文をそれぞれ30分以内で手配する。顧客がアプリから注文すると、スキャナーや個別のバーコードのついたバッグを使って従業員が商品を集め、顧客の家に配送するという仕組みだ。 Hemaの店舗収入のおよそ50%は、これらのアプリ注文によるものである。...

View Post
en_USEnglish