Card image cap
【アメリカEC】これからの米国 電子製品オンライン販売市場の行方は!?

はじめに結論から述べますと、今後数年間も「電子製品」のオンライン市場は成長を続けていきます。2019~20年頃には通信規格5Gが活用され始めるため、今までよりもさらに便利で安全なネット環境が整い、多くの消費者がオンラインショッピングを利用すると見込まれているからです。また、消費者は店頭で商品が若干安く手に入るとしても、配達の利便性や支払いの安全性などのメリットからオンラインショッピングを好むとされています。その証拠として、米国の電子製品のオンライン販売輸送売上では、2012年~2017年にほぼ横ばいの推移であったものが、2018年と2019年には約20%の成長を見込んでいます。      ▼2009年から2019年までの米国の家庭用 電化製品市場の卸売収入 市場自体は大きくなるが、成長スピードは低下 Intelligence NodeやDublin(Business wire)によれば、「電子製品オンライン市場自体は大きくなるが、市場の成熟に伴い成長率は低下する」という予測になっています。では、具体的な数字をみていきましょう。 まず、オンラインショッピング市場全体の予測として、今年2019年には世界中で約19.2億人がオンラインショッピングを楽しみ、総売上が300兆円を超えると予想されています。このE-commerce市場の勢いを受け、アメリカの電子製品オンライン市場も同様に成長していくと見られています。実際には2018年では約7兆円の売上があり、5年後の2023年には9.5兆円まで上昇する見込みです。一方、成長率でいえば2020年以降は前年比1桁台に落ち着き、オンラインショッピング市場自体の成熟を示唆しています。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p {...

View Post
Card image cap
アメリカEC アメリカへの商品輸出の際に必要な手続きは?(電子機器編)

アメリカでECビジネスを考えている方、特にアメリカに商品を輸出して現地販売を行う方は、輸出する際に申請が必要なのをご存知でしょうか?商品によって必要な手続きが異なりますので、注意が必要です。 今回は、「電子機器編」と題しまして、パソコン、テレビ、ゲーム機などの電子機器を輸出する際に必要な申請についてご紹介します。   電子機器を米国に輸出する際にはFCCの認証が必要   米国連邦通信委員会Federal Communications Commission (FCC) FCCはアメリカ国内の放送通信事業の規制監督を行う、アメリカ政府の独立機関です。電波を発する商品は全て、FCCによって認定されたテスト試験所で、FCCが定めた規格に基づいて商品のテストを行い、その規格の範囲内であるかを証明する必要があります。認証されると、テストレポート(認可書)とFCC番号を発行してもらえるので、米国へ輸出する時に提出します。 アメリカで電子機器を販売するにあたって、なぜFCCの認証が必要なのか、“ラジオ”を例に簡単に説明したいと思います。日本の規格に沿って製造されたラジオは、アメリカでは規格外の電波を発してしまいます。その電波はアメリカの規格に沿って製造されたペースメーカーに影響を及ぼす危険性があります。このように、規格から外れた製品は何か問題を起こす可能性があるため、必ずその国の規格に沿って製造されているかを審査する必要があるのです。 規格は国によって異なり、EUの場合は、規格認定製品にCEマークが付けられます。   電子機器製品の種類によってはアメリカ輸出時に追加の認証が必要な場合も。  ...

View Post
en_USEnglish