Card image cap
【アメリカ化粧品 EC】賢く活用!美容分野での消費者オンライン活用 3パターン

近年では、Eコマースはあらゆる分野で消費者の購買行動を変革しつつあります。美容分野に関しても例外ではありません。美容分野といえば、「香りをかぐ」「色を見る」など、実店舗での体験が重要な分野に思えます。消費者はどのようにオンラインを活用し、接点を持っているかを見ていきましょう。   美容分野のEコマース市場概要 そもそも美容分野において、Eコマースはどのような状況なのでしょうか。 美容分野とは、化粧水等のスキンケア製品、基礎化粧品、アイシャドー等のカラーコスメからヘアケア・ボディケア等のパーソナルケア、香水等のフレグランス製品、シェービングクリーム等のメンズケアまでを含んだ分野のことを指します。 2015年時点で、美容分野でのオンライン売上は、全体の8%を占め、62億ドル(≒6,900億円規模)を売り上げています。Fung Global Retail & Techは、2022年までにオンラインに限らず美容業界全体が年間4.3%づつ伸び、4,298億ドル(≒47兆8700億円規模)に到達すると予想。その中でオンライン売上も比率を上げていくことが期待されています。 オンライン購買率の高い分野トップ3は、化粧道具で17%、スキンケアで15%、カラーコスメで10%です。化粧道具に関しては、プレゼント用途のニーズに支えられていると考えられます。割合の低い分野は、ヘアケア、デオドラント、脱毛剤で、いづれもオンライン浸透率は2%です。これらの分野はウォレットシェア自体は高い製品群ですが、出荷できる最小ロット数がネックになり、オンライン購買が伸びていないと推察できます。     美容分野での消費者の3つの行動パターン 美容分野において、消費者はどのようにオンラインを活用しているのでしょうか。ATカーニーが800人のアメリカ人女性へ調査した結果、大きく3つの行動パターンが見られました。オンラインと実店舗を賢く使い分け、効率よく情報を集める消費者の姿が浮かび上がります。...

View Post
Card image cap
【アメリカ化粧品 Eコマース】進化する美容業界のオンライン活用とこれからの課題

近年では、オンラインを便利に賢く活用している消費者ですが、企業としてもそのような消費者の動向に追随していく必要があります。どのように消費者とオンライン上で接点を持っていけばよいのでしょうか。ここでは、アメリカ美容業界におけるオンラインチャネルの活用事例を見ていきましょう。   オンラインチャネル活用事例 動画 動画活用のメリットは、実際に製品をどのように使うかを消費者に伝えることができるという点です。 動画を上手に活用しているのが、化粧品ブランドGlossier。同ブランドは、ニューヨークにショールームをオープンさせましたが、販売はオンラインのみというほどオンライン戦略に重きを置いています。GlossierのYoutubeチャンネルは、12万人の登録者を獲得。実際にチャネルを覗いてみると、製品でメイクアップする過程が4〜6分の短い動画で紹介されています。様々な肌の色のモデルを登用しており、従来のテレビCMよりも「地に足のついた」「リアルな」使い心地を見ることができると言えるでしょう。 かつては、製品を試したり、教育を受けたりするのは百貨店が役割を担っていました。しかし、動画にその役割を代替させることで、より消費者がブランドにアクセスしやすくなったと言えます。   SNS SNSはいまや多くの若者がアカウントを持ち、情報取集に活用しています。企業のマーケティングや広告宣伝活動にも欠かせない存在になっています。 Gerard Cosmeticsは、オーナーのJennifer Gerard氏が自ら有用性を理解し「ファンとより近い関係性を築くことができる」と語っています。同ブランドは、投資に対して確実なリターンがあるとしてインスタグラムを活用。180万人のフォロワーを獲得しています。 b-glowingは、「美容業界のように新商品を定期的に発表する業界にとって、SNSは非常に有用」としています。創始者であるLisa James-King氏は「製品の使い方を見せている動画や個人の体験レビューは非常に重要な意味を持ちます。うまく活用すれば、b-glowingはお客様にとっての美容カウンセラーやセラピストの役割を担うこともできるのです。」と語ります。...

View Post
en_USEnglish