Card image cap
アメリカEC事業とスマートフォンの影響 - 米国EC総売上の34.5%

はじめに 近年、スマートフォンやタブレット端末の普及が急速に進み、EC事業成功のカギになってきている。米国の調査機関であるeMarketer社によると、2017年、米国のEC総売上のうち、34.5%が携帯端末による売上だったと発表した。また、2020年には携帯端末による売上シェアは、50%を超えるだろうと予測している。つまり、今後、ECの主戦場は電子携帯端末になるということは間違いないであろう。 このような現状において米国のEC事業を成功させるためには、スマートフォンやタブレット端末といった電子携帯端末を通じた利用者をどのようにして獲得していくかということが重要になってくる。   米国EC事業の現状 今後、携帯電子端末が米国EC事業にどれだけの影響を与えていくのか、詳しく説明していく。eMarketer社は、スマートフォンやタブレット端末などの電子携帯端末を通じた売上は、2018年には32.7%増加し、2017年の1570.2億ドルから2082.9億ドルまでに達するという驚くべき予測を発表している。また、電子携帯端末の売上のうち、7割以上がスマートフォンとタブレット端末によって作り出されるだろうと予測している。この予測から、携帯電子端末の中でも、近年、発展してきているスマートフォンとタブレット端末の利用者を獲得することがアメリカEC事業の成功において重要だということがわかる。 eMarketer社の他に、Forrester Research社の予測では、2018年には米国市場の34%、約1兆ドル以上にスマートフォンが影響を与え、2022年までには、少なくとも42%がスマートフォンによって影響されるだろうと発表している。これらの調査機関の予測からも、携帯電子端末の利用者、特にスマートフォンやタブレット端末利用者の獲得が重要になってくることは明白である。 それでは、どのようにして電子携帯端末利用者を獲得してくのか、その手段について具体的な例を挙げていこう。   顧客獲得のための手段 最高水準のウェブサイトを提供する それでは、どのように電子携帯端末利用者を獲得していけばいいのか、Forrester社主任アナリスト、ブレンダン・ミラー氏は「顧客が求めている商品やその他の多くの情報を提供することができる最高水準の電子携帯端末専用のウェブサイトを確保するべきである。」と主張している。 米国の18歳から88歳に向けたForrester社のオンライン調査によると、48%の人々がオンライン上で、商品が購入できるかどうかを確認してから店舗に足を運び、もしオンライン上で商品の購入ができるかどうかわからない場合には、実際に店舗に訪れないことが多いという事実が明らかになった。つまり、半数以上の顧客が、オンライン上で商品の確認をしてから、実際に店舗に足を運んでいたのである。このことからも、オンラインサイトの重要性が理解できるだろう。 検索エンジンの最適化 サイト内の検索エンジンは顧客一人一人に最適化し、顧客の過去の検索結果から、おすすめのキーワードを提供する。...

View Post
en_USEnglish