Card image cap
注目の広告分析ツール、Amazonアトリビューションとは ~広告評価を適切に行うために~

利益を伸ばすために、広告活動の見直し作業は必須です。実際に売上に貢献した、すなわち広告効率の良かった広告に重点的に投資し、一方で広告効率の良くなかった広告からは撤退する。これは今も昔も変わらず、広告活動を行う上での基礎とされています。しかし、ECサイトでの販売が普及するにつれて、広告効果に関する評価方法について、改めるべきであると考えられるようになってきました。今回はECサイトでの販売が普及した現代の広告評価に役立つツールであるAmazon アトリビューションを紹介します。

View Post
Card image cap
Amazonにおける広告運用指標ACoSの数値を下げるための4つの方法

Amazonのスポンサープロダクト広告の成績を把握するための数値指標にはACoSがあります。この記事ではACoSがどういったものなのかといった内容から、その数値を下げるための4つの方法までを紹介します。

View Post
Card image cap
TACoSを用いたAmazonスポンサープロダクト広告の成果分析について解説

Amazonスポンサープロダクト広告の利用においては、その広告の効果の測定が重要となってきます。広告効果測定の指標にはTACoSとACoSがありますが、この記事ではTACoSを用いたAmazonスポンサー広告の成果分析について紹介していきます。

View Post
Card image cap
TACoSを使ったAmazonの売上評価測定方法の解説

Amazonの広告売上評価の指標にはACoSやRoASといったものがありますが、TACoSという指標もあることをご存じでしょうか。今回はAmazonでの売上を評価するTACoSという指標について、その定義や使用方法を紹介していきます。   ACoS、RoASとは TACoSについて紹介する前に、ACoS、RoASという指標について簡単に解説します。まず、ACoSとは「Advertising Cost of Sale(広告費売上比率)」の略語で、Amazonにおける広告売上の効果を測定する際に利用できる数値指標です。その計算式は次式となります。 ACoS=広告支出額÷広告売上額×100 例えば、Amazonで広告費10ドルの広告を掲載し、その広告経由で100ドルの利益が上がった場合にはACoSの数値は10%です。そのため、このACoSの数値は低ければ低いほど、広告販売による利益率が良いということになります。 次にRoASですが、RoASとは「Return On Advertising Spend(投資した広告コストの回収率)」の略語で、広告の費用対効果を表します。その計算式は次式となり、丁度ACoSの逆数となります。 RoAS=広告売上額÷広告支出額×100 これらACoSとRoASを用いることで、広告の費用対効果などを計測することができますが、Amazonでは次に説明するTACoSの数値を把握することも非常に重要です。...

View Post
en_USEnglish