Card image cap
【アメリカ】越境EC市場規模~2020年版~

アメリカへ販路を拡大しようと考えているEC担当者の方だったら一度は 「越境EC」を検討するのではないでしょうか?アメリカEコマースブログにも、「越境EC」というワードを検索して訪問される方がいます。これから越境ECを始めようと考えている方、または次に進出する国を探している方に向けて、アメリカの越境ECの市場とトレンドをご紹介したいと思います。

View Post
Card image cap
【アメリカEC】これからの米国 電子製品オンライン販売市場の行方は!?

はじめに結論から述べますと、今後数年間も「電子製品」のオンライン市場は成長を続けていきます。2019~20年頃には通信規格5Gが活用され始めるため、今までよりもさらに便利で安全なネット環境が整い、多くの消費者がオンラインショッピングを利用すると見込まれているからです。また、消費者は店頭で商品が若干安く手に入るとしても、配達の利便性や支払いの安全性などのメリットからオンラインショッピングを好むとされています。その証拠として、米国の電子製品のオンライン販売輸送売上では、2012年~2017年にほぼ横ばいの推移であったものが、2018年と2019年には約20%の成長を見込んでいます。      ▼2009年から2019年までの米国の家庭用 電化製品市場の卸売収入 市場自体は大きくなるが、成長スピードは低下 Intelligence NodeやDublin(Business wire)によれば、「電子製品オンライン市場自体は大きくなるが、市場の成熟に伴い成長率は低下する」という予測になっています。では、具体的な数字をみていきましょう。 まず、オンラインショッピング市場全体の予測として、今年2019年には世界中で約19.2億人がオンラインショッピングを楽しみ、総売上が300兆円を超えると予想されています。このE-commerce市場の勢いを受け、アメリカの電子製品オンライン市場も同様に成長していくと見られています。実際には2018年では約7兆円の売上があり、5年後の2023年には9.5兆円まで上昇する見込みです。一方、成長率でいえば2020年以降は前年比1桁台に落ち着き、オンラインショッピング市場自体の成熟を示唆しています。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p {...

View Post
Card image cap
伸長する「男性化粧品市場」のカギとなる Eコマース

  かつて「toiletries(トイレタリー)」と総称されていたボディケアやシェービング、ヘア関連商品は、近年「Male Grooming(男性化粧品)」市場となって急成長を遂げています。ここでは男性化粧品市場の世界的な動向とアメリカにおける男性化粧品市場を概観するとともに、男性化粧品のオンライン販売の展望について見ていきます。   着実な伸びを見せる 男性化粧品市場 2015年における男性化粧品の売上は、世界全体で472億ドルと推計され、2020年までには年平均成長率5.2%で607億ドルに到達する見通しとなっています。   男性用化粧品の最大の市場は西ヨーロッパ地域で、2015年には124億ドル規模の市場です。次いでラテンアメリカ、第3位の北米と続きますが、特筆すべきは第4位のアジア太平洋地域が、年平均成長率8.1%と急激な伸びを見せていることです。世界人口の6割強を占めるこの地域がこの成長を続けていけば、2015年の78億ドルから2020年には115億ドルに拡大すると見込まれます。また、北米は世界人口の5%と、4つの地域でもっとも人口が少ないために、総額では他地域に比べて少なくなっていますが、年次成長率4.5%というアジアに次ぐ成長率を見せ、今後の拡大が期待されます。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p...

View Post
Card image cap
アメリカの【アルコール市場】と【Eコマース】の可能性 Part 2

前回は、アメリカのEコマースにおけるアルコール市場の未成熟な現状と、いくつかの要因から、今後の成長が確実視されていることを見てきました。第2回の今回は、現在浸透しつつあるオンラインでの販売モデルを取り上げ、それぞれの長所と短所を押さえつつ、オンライン販売を妨げるアメリカ固有の規制の問題、アルコールブランドの取り組みについて紹介します。   オンライン販売モデルの長所と短所 消費者がオンラインでアルコールを購入するには、基本的に以下の4つの方法があります。 1. アマゾンのような全国的なモデル アメリカでは州ごとに様々な規制があるために、州によっては利用できない購入方法もあります。しかしamazon.comやWine.comなどのナショナルモデルならば、アメリカのどこにいてもオンラインでワインを購入することができます。こうしたプラットフォームでは、一般的な小売店よりもはるかに多い、数千から1万種類以上のワインを選ぶことができます。反面、この販売モデルで購入できるのはワインに限られ、また商品によっては手元に届くまで数日間を要する場合もあります。   2. マーケットプレイスモデル マーケットプレイスモデルでは、いくつもの店舗の中から消費者が商品を調べ、サービスや価格などを比較しながら、どこで購入するかを選択することができます。消費者にとっては便利な反面、このマーケットプレイスモデルは州によっては利用できないところもあります。   3. アマゾンフレッシュに代表されるオンライン食料品店モデル 消費者は、アマゾンフレッシュなどのオンライン食料品店を通じてアルコールを購入することもできます。オンライン食料品店モデルはナショナルモデルよりも利便性に優れており、即日配達も可能なため、夕食時にワインやビールを楽しむこともできます。反面、利用できる地域に限りがあり、また種類も...

View Post
Card image cap
アメリカの【アルコール市場】と【Eコマース】の可能性 Part 1

世界規模で拡大を続けるEコマースですが、アルコール市場は、現状では未成熟の状態にあります。しかし、アルコールのオンライン販売に対する需要は、今後、急速に増大していくものと考えられています。 ここではアメリカのEコマースにおけるアルコール市場の現状と障壁、今後の展望について、2回に渡っておとどけします。第1回目はアルコール市場の現状と、今後オンライン販売の需要を増大させる要因について紹介します。   オンラインでのアルコール販売の現状 2016年9月Nielsen Global connected Commerceの調査によると、63か国3万人超の回答者のうち、これまでにアルコールをオンラインで購入した経験のある消費者は全体の約8%にとどまっていました。 しかし、先ごろ発表されたデータでは、未だカテゴリー別での順位は低いものの、アルコール飲料の購入経験者は8%から14%へと増加しており、急速な伸びを見せていることがわかります。   世界規模 カテゴリー別オンライン購入パーセンテージ   また、国別状況を見ると、アルコール飲料をオンラインで購入する割合は、中国や日本、イギリスは20%を超えていますが、アメリカは8%にとどまっており、かなり低い数値です。 ビールに限っても、ミラークアーズ社の調査によると、アメリカではビール消費者のうち、日常的にオンラインでビールを購入する消費者は、わずか4%であるのに対し、イギリスでは34%もの消費者がオンラインで購入していることがわかっており、オンラインでの購入が定着していることがうかがえます。 その理由として、イギリスをはじめとしたヨーロッパでは、大手小売業者が非常に早い段階で、アルコールだけでなく食料品全般で、クリック&コレクト(※オンラインで購入した商品を、消費者自身が受取用のポイントで受け取る)を導入したことが挙げられます。これによって消費者は、アマゾンなどオンラインで注文した後、スーパーへ行き、店内に足を踏み入れることなくドライブスルーや店舗外で商品を受け取ることができるようになったのです。イギリスでは、このスタイルがアルコールを購入する一般的な方法になりつつあるのに対し、アメリカではクリック&コレクトがやっと浸透し始めたという段階です。...

View Post
Card image cap
アメリカEC 高級ファッション 市場の鍵は 「デジタル化」

アメリカの高級品市場では、店頭で商品を購入する従来の方法から、オンラインショッピングへの大きな変化がみられます。2011年から2016年の5年間で、高級品の市場価値は24%増加しており、それに伴い、オンラインでの高級品の売り上げは112%と大幅に増加しました。 アメリカのコンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニー(Bain&Co.)の調査によると、高級品全体に占めるオンラインの売り上げは8%(2016年時点)ですが、2025年には25%になり、ますます大きくなると予測しています。 同じくベイン・アンド・カンパニー(Bain&Co.)が行った、アメリカでの2,000人調査では、オンライン購入は若い世代で多くみられ、世代が上がるにつれ低くなっています。18~24歳では、14%が初めての高級品の購入がオンラインだったと答えています。25~35歳では9%、45~54歳では3%となっています。 また、18~34歳では、オンラインでの高級品の購入が42%にも上り、35歳以上の顧客層よりはるかに高い割合でした。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p { font-size: 20px; text-align: center;...

View Post
Card image cap
アメリカEC「Eコマース」へとシフトする スポーツ・アウトドア 用品業界

アメリカでのEコマースは、依然として堅調な伸びを見せていますが、中でもスポーツ・アウトドア用品業界は、Eコマースを牽引するトップビジネスのひとつとなっています。アメリカでは2億人がモバイル、SNSを通じてスポーツ用品を購入しており、スポーツ・アウトドア用品(※以降はスポーツ用品と略)の消費者総販売額6300億ドルの15%を占めるようになっています。 一方、全米最大級のスポーツ用品専門店チェーンであったスポーツオーソリティは、2016年に倒産を余儀なくされました。実店舗での販売を一貫して重視していた同社が迎えた結末は、大きな衝撃を持って受け止められました。今やEコマースへのシフトが、スポーツ用品業界において最優先課題となっています。   デジタル化へとシフトするメディア・スポーツ・趣味用品 なぜEコマースへのシフトが、販売業績を上げることにつながっていくのでしょうか。そこにはこの業界の特徴と密接な関連があります。もう少し詳しく見ていきましょう。   1. ターゲットとなるのは、若く、トレンドに敏感で、テクノロジーに詳しい層 スポーツ用品業界がメインターゲットとするのは、10代後半から30代のデジタルに慣れ親しんだ世代です。彼らはテクノロジーに精通しており、商品の機能やコストに対して敏感です。 「アスリージャー」(athletic + leisureでスポーツウェアとカジュアルウェアを兼ねたファッション)のようなトレンドの出現は、スポーツ用品に対するイメージや嗜好性が、従来のものとは大きくさま変わりしたことを示しています。機能性とファッション性を兼ね備えたウェアなど、スポーツ用品業界もイノベーションとテクノロジーを早期に取り入れることが成功のカギになっています。   2. 絶え間ない進化とトレンドの変化、頻繁なモデルチェンジ スポーツ用品の特徴のひとつに、進化が非常に早く、それに伴ってモデルチェンジが頻繁に行われ、トレンドも移り変わるということがあります。 このことは、小売店にとってはつねに在庫の問題を抱えることを意味します。旧モデルの在庫は、原価割れで販売するしかなくなるし、新商品の在庫がなくなれば顧客は離れていきます。ところがEコマースストアであれば、短期間のうちに実店舗よりはるかに多数の顧客にリーチすることができ、在庫問題の解消につながるのです。...

View Post
Card image cap
急成長を見せる アメリカ の オンライン 食品市場 ―今後10年間で5倍に成長する見通し

アメリカにおけるオンライン食品販売は、急成長を遂げています。ここでは市場の今後とともに、食品市場の特色や、小売業者がオンライン食品販売に参入する上での留意点などを見ていきます。 オンラインでの食品販売は今後急増する見込み 参考:Online grocery shopping sales in the United States from 2012 to 2021 (in...

View Post
Card image cap
EC業界 全体の28%シェア!アメリカ EC 最大手 AMAZON の売上の秘密とは

アメリカでEC事業を始めるにあたって、無視できない存在がAMAZON(アマゾン)だ。「地球上で最もお客様を大切にする企業」 を理念としており、今やネットショップといえば「AMAZON」というくらいに我々の生活にも浸透している。   創業23年目を迎えた今年も勢いは衰えることなく、オンライン小売業界内での取引総額は2013年の20%から、2017年には28%のシェアまで伸ばしている。すなわちオンラインでの買い物は、約3割がアマゾンで行われているということだ。さらに純売上は528憶ドルと、業界2位で140億ドルを誇るWalmart(ウォルマート)の約4倍にもなる。 そんなアマゾンの売上の秘密を探るべく、アマゾンの売上データを見ていこう。   第1のデータ:多くの製品カテゴリで アマゾン が市場90%以上のシェアを誇る アマゾンの売上を支えるのが、驚異的な市場シェアを誇る製品カテゴリの存在だ。ECデータを集めるJumpshot社が、500以上のオンラインショップと1億台以上のデバイスによる購入履歴を追跡したレポートによれば、2018年第一四半期(1月~3月)のオンラインショップ売上の5つの製品カテゴリでアマゾンが90%以上のシェアを記録。そして続く2つの製品カテゴリも約4分の3以上を占める結果となった。 ・住宅改善用品(93%) ・男性用スポーツシューズ(74%) ・スキンケア(91%) ・バッテリー(97%) ・ゴルフ関連用品(92%)...

View Post
Card image cap
【アメリカEC】おもちゃ・玩具市場規模~2018年版~

おもちゃ・玩具業界を牽引しているアメリカでは、毎年たくさんのおもちゃが開発・販売されており、北米最大の国際玩具見本市であるニューヨーク・トイフェアには、世界各国の新しいおもちゃが出店されます。そんなアメリカのおもちゃ・玩具市場規模、そしてEコマース市場の動向についてご紹介します。   ■アメリカのおもちゃ・玩具市場規模 2015年のデータですが、アメリカのおもちゃ・玩具市場は255憶ドルで2位に約2.6倍の差をつけての1位です。続いて2位は中国(95憶ドル)、3位が日本(55憶ドル)です。近年は中国市場が拡大していますが、2017年時点でもアメリカは世界第1位のおもちゃ・玩具市場であることに変わりありません。   2015年 世界のおもちゃ・玩具市場規模   アメリカのおもちゃ・玩具市場が非常に大きいことはわかりましたが、最近はどのようなおもちゃが人気なのでしょうか?2017年上半期と2018年上半期のおもちゃの売り上げを種類別に比較したデータをご紹介します。   まず、アメリカのおもちゃ・玩具市場全体で2017年上半期よりも売り上げ合計が7%増加しており、市場規模が着実に拡大しています。 カテゴリ別にみていくと、昨年から変わらず、「アウトドア・スポーツ」カテゴリのおもちゃが全体の約25%の売り上げを占めており、市場を牽引しています。「人形」カテゴリのおもちゃは前年比17%増で、ついに10憶ドルを超えました。個人的な印象ですが、アメリカでは日本よりも「人形」で遊ぶ子供たちが多いと思います。バービー人形はもちろん、最近ではアメリカンガールという人形がとても人気で、人形に付随した本やDVDの販売も好調のようです。     [popup_trigger id=”6766″...

View Post
en_USEnglish