Card image cap
返品大国アメリカ Eコマース 商品返品事情について

  アメリカの返品条件(リターンポリシー)の違い オンラインで購入した商品が届いた後、異なるサイズ、又は色を注文してしまったことや、写真のイメージと違った商品だったなどの経験はありませんか?日本では、商品を返品する場合、お客様都合の返品は受け付けていない、または受け付けていても送料はお客様負担が一般的です。しかしアメリカでは、無料返品・交換(Free Return & Exchange)のキャッチフレーズをよく目にします。無料で返品・交換のみならず、返品送料会社負担を提供し、お客様の負担なく、返品できるサービスもあります。また、返品・交換期間内なら、開封後の商品でも返品できる場合もあります。 では、どこで消費者は、返品・交換の情報を確認しているのでしょうか。通常、アメリカでは、Return Policy (リターンポリシー)の箇所に、返品・交換の条件、期間の詳細があります。 今回は、アメリカでオンライン消費者が返品する際に重要視する要素、併せてオンラインでの返品・交換ポリシー(リターンポリシー)記載のヒントをご紹介します。   消費者に好まれる返品方法 商品購入後、商品が気に入らず、返品することになった場合、実際に消費者はどのような点を懸念しているのでしょうか。UPSによると、オンライン消費者の3割は、返品の際の送料が大きな問題だと言っています。 では実際に、消費者が経験して満足だった返品方法をご紹介いたします。 【返品の際の送料が無料】...

View Post
en_USEnglish